ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

理不尽暴力ヒロイン

りふじんぼうりょくひろいん

ライトノベルや漫画などに存在することがあるヒロインの属性の1つ(?)。
目次 [非表示]

概要

読んで字のごとく、他者に対してとても理不尽な理由で(あるいは「そもそも理由はない」が)暴力を振るうヒロインを指す。

ツンデレヤンデレの中の一類型としても見なされているが、複数の属性から成り立っており、簡単な説明は難しい。

ちなみに、好意を抱いていながら暴力を振るってくるヒロインに萌えを見出だす『ボコデレ』なるジャンルも開拓されたが、「暴力性に萌えを見いだす」点で『ドMホイホイ』等と重なる部分が大きい為、それほど普及していない。また、ボコデレには「男性恐怖症などのっぴきならない事情で、本人としては暴力を振るいたいわけではないが反射的に手が出てしまう」キャラを指す目的で広まった経緯から、単純な暴力性とは異なる。


「理不尽暴力ヒロイン」の表現は「何を以て『理不尽』とするか?」「どの程度までを『暴力』とするか?」は受け手によって印象が一定ではなく、キャラヘイトとして不快感を与えてしまう可能性もあるため、気軽に用いられるような属性ではない。


故に、本記事ではこの属性に該当し得るキャラクター名や、そのようなキャラクターが登場する作品名、詳細な描写については基本的に記載せず、あくまでこの属性そのものの解説に留める扱いとする。


歴史的な考察

「敵役ではないが、主人公等に暴力を振るう」属性を持つキャラクターは決して珍しくはなく、昔から存在していた。

無論ヒロインに位置付けられるキャラにおいても多数存在し、そうではない「女性のお邪魔虫キャラ」等も含めると更に多い。


この「主人公その他に対し暴力を振るうヒロイン」に関しては、通常は対象の何らかの悪行(セクハラ等)への制裁、あるいは他者や自分を守る為の咄嗟の防衛行動パターンが多かったとされる。

前者の例を挙げるとすると「スケベな主人公がヒロインにセクハラor浮気する→鉄拳制裁」が王道。こちらは「理不尽に酷い目に遭ってウケをとるポジション」的なものであり、『ドリフ大爆笑』等の往年のコントによくあった演出を思い浮かべれば分かりやすいはず。

後者の場合も「とっさの防衛の為」となり(度を越していれば当然過剰防衛になるが)、筋は通っているので理不尽とはならない。

 

一方で2000年代後半頃からのアニメライトノベルにおいては、特に理由が描かれない、あるいは身勝手で理解に苦しむ理由から暴力を振るう女性キャラも目立つようになった。まるで肉体言語である。

 

例えば「主人公が他の女性と仲良くしていたのが気に入らなかったから(=嫉妬)」「ただの照れ隠しのつもり」等、ツンデレツンギレヤンデレ等に分類されるような「相手への好意が空回りした結果『暴力』の形で表現された」行動原理を持つキャラクターがいる一方で、酷い場合「ヒロイン本人の失態を主人公になすり付ける為の暴力」もある等、好意が伴わないように見えるキャラクターもいる。


一応フォローしておくと、当該キャラも大抵は主人公に対し好意を持っている実態ははっきりしており、行動の根本が好意であるのには変わりない。

しかし、本人の性格が非常に短気であったり、ワガママであったりする為「やきもち」や「照れ隠し」等では済まないレベルまで、暴力やその経緯がエスカレートしてしまっている。


特にハーレム系と呼ばれる「ヒロインが多数登場する形式の作品」においては、多少性格が変わったヒロインでないと、キャラクターが立ちにくい作劇の都合も挙げられ、極端なキャラ付けにされている作品も少なくない。他にもアニメ化等でメディアミックスの段階で、ある程度キャラクターの詳細な描写が削られたせいで、本来明確で理解を得やすい理由による言動が「理不尽」に見えるものに改変されてしまう、逆に理不尽にしか見えないものだった言動が補足され、きちんと理由付けされる真逆の例もある。


結果的な変遷

一時期はこうしたキャラが登場する作品も多かったが、現在では様々な理由により衰退しつつある。以下にその理由として推測されるものを記述する。


1つ目としては、上述したような「短気でワガママで理不尽な性格」が、可愛いだけでは許されず嫌われるようになってきた点。

「ツンデレ」属性がブームになり、本質や魅力をろくに理解しないまま、とりま「殴っときゃいいんだろ」とばかりに安易に飛び付く輩が後を絶たない粗製濫造が横行した結果、より印象を強めようと内容が極端になっていき、冗談では済まない横暴さが際立つ描写が急増。

それに晒された読者層も「魅力的なキャラ」と「見た目だけのウザキャラ」を見分けられる様になっていった。


2つ目としては、決める時は決めるが普段はスケベだったりトラブルメーカーだったりな三枚目要素のある主人公が減り、読者や視聴者が感情移入し易い人格者優等生常識人的な性格描写や、大人しい草食系なタイプが増えてきた点。

この為、三枚目な主人公ならば『ツッコミ役』『制裁担当』の形で筋の通っていた「ヒロインの横暴」が、純粋に理不尽なだけで目に余る横暴となった。


主人公「おっとそこのかわい子ちゃん! 俺と熱い夜を過ごさないかい?」
ヒロイン「白昼堂々ナンパすなぁ!」メガトンパンチ
女の子「あ、ありがとうございますヒロインさん……」
ヒロイン「こっちこそ主人公がごめんねー」

主人公「あ、ヒロインおはよう」
ヒロイン「キャー! 急に話しかけんじゃないわよ!!」メラゾーマ
主人公「そ、そんな……ひどい……」
友達「おっ、今日も朝から仲良しだなご両人!」
ヒロイン「な、何がご両人よ! こんな奴こんな奴こんな奴……!!」メラゾーマ✖️100
友達「ハハハ、痴話喧嘩もほどほどにしろよ? それにしてもヒロインちゃんにこんなに愛されるなんて、主人公は果報者だなー」

このように○人未遂に近い行いをされても、作中の人達は痴話喧嘩のように笑い飛ばし、酷い時は囃し立てて更に主人公を襲わせる。

そして何より、この理不尽を通り越した暴力が「人気なんだ」と書き手が思い込んでいる


他にもコンプライアンス上の問題や、ポリティカル・コレクトネスの観点から、メディアにおいて過度な暴力描写自体があまり行われなくなった点が挙げられる。

結果、ブーム自体が収束を始め、新たな性格傾向のヒロインがもてはやされるようになった商業的背景な理由も大きい。

 

現在はこうした事情もあってか、新たに創作されるキャラはツンデレであってもワガママでは無かったり、攻撃的な態度も暴力行為などに走らない軽いもの(頭をはたく、お互いに頰をつねり合う等)にするなど、所謂「地に足の着いた」キャラとして描かれるケースも増えてきている。


……しかし、近年になると新たに『フィジカル由来の暴力は振るわない代わりに、ガスライティングorモラルハラスメントに特化したDV洗脳bot』タイプとも評すべく、理不尽暴力ヒロインがにわかに出現し始めた。

表面的な言動はウザインメスガキ寄りで、本質的には主人公への想いと独占欲の発露なのだが、他の女性に主人公を奪われないようにする手段として「彼はどうしようもないダメな人であり、そんなダメな人を相手にしてあげる私に感謝して欲しい」との印象操作に走り、公開処刑のようにひたすら主人公の尊厳を踏みにじるように詰る。

これにより、主人公は現実のDV被害者のように自己肯定感を磨耗させられ、更に生来持つ内外双方のポテンシャルを封印される等も重なり、ヒロインの思惑通りの『ダメな人』に追いやられてしまう。

尚、前述の通りこの新型(?)ヒロインの言動自体はウザインやメスガキを想起させる為、もしかしたら作者としてはそれ等の属性を書いたつもりだったのかもしれないが、ツンデレが粗製乱造された時期と同様に「少しでも読者に分かりやすくしよう」 との配慮の匙加減を誤って誕生した可能性がある。


更に上記のタイプが先鋭・極限化していくと、身内以外の人間からの評価を全く気にしない(あるいは完全に2人きりになったタイミングに限定している)為、気に入らない人間全般に対し悪口雑言の限りを尽くすタイプまで登場、最早作者の理想と突き抜けた人種以外を切り捨てた『ヒロイン』と呼ぶのを躊躇う存在まで誕生してしまった。


創作上での扱い

この種のヒロインは、暴力行為が頻出してしまう難のある性格以外に、視聴者や読者から見ても自然に認識できる長所、あるいは暴力行為に至るまでの納得し得る設定をしっかり作り込まない限り、単なる人格破綻者にしか見えなくなる。

「暴力を振るう」時点ですでに好き嫌いが分かれる以上、創作でこの種のヒロインを登場させる場合は注意が必要となる。

その為にマルチヒロイン作品で、理不尽暴力ヒロインが登場した場合、暴力の理由の解明と軟化イベントを兼ねて、真っ先に主人公と交流し親交を深めさせざるを得ず、看板ヒロインの空気化展開の固定化を招く等のリスクをも秘めてしまう。

更に上記のイヴェントを実行しても、完全に暴力を取り上げたら個性が消失してしまう都合上、結局は物語が完結するまでの間はスキンシップ代わりに暴力を振るわなければならず、初登場の悪いイメージの払拭が困難なのが現実である


その他、主人公がヒロインの暴力をしっかり咎めない、もしくは理不尽に思っても最終的には受け容れてしまう(あるいは「もう抗うだけ無駄」と諦めてしまう)展開も、読者から叩かれる要因になり得る。

そうした意味においても、非常に扱いが難しい属性と評価せざるを得ない。


尚、理不尽暴力ヒロインに対するアンチテーゼ……よりはヘイト創作なのか、一時期小説家になろうカクヨム等の小説投稿サイトでは、『理不尽暴力ヒロインによる度重なる横暴に愛想が尽きてしまった(堪忍袋の緒が切れてしまった)主人公が完全に縁を切り、別のヒロインと出会って親密な関係になる』作品が流行っていた。


ただし、これにも創作者側が理不尽暴力ヒロインの背景にあったはずの「理」を描かずに切り捨て、都合のいいキャラに乗り換えてしまっているだけの問題点もある。

また、上記のような展開もさじ加減を誤ってしまうと、主人公側がタダのクズに成り下がる(=積年の恨みを晴らさんとばかりに、理不尽暴力ヒロインを執拗に詰る)ケースもあり、やはりか書く側にも読む側にも不便な存在である。


数少ない利点があるとすれば、理不尽暴力ヒロイン以外のヒロインの株を上げる役や、戦争やバトル物で敵幹部の凶悪さ・強大さを見せつける役で躊躇なく使えるぐらいであるが、これらに該当する作品も所詮は判官贔屓による相対評価でしかキャラの評価を上げられず、作品全体の質の向上には繋がらないため長続きせずに廃れている。

むしろ理不尽暴力ヒロインだけにとどまらず、該当ヒロインを負のご都合主義のごとく扱う姿勢を不愉快になるユーザーもいる為、やはり安易に扱える属性ではなくなってきている。


二次創作での扱い

もし二次創作でそのまま登場させたくば、極力露出を減らして腫れ物に触るように扱うか、さもなくば原作を無視した、聞き分け(と都合の両方)が良いキャラにでもするしかない。なんとも難儀であるが……


……さて、ここまで示したのは、なるべく綺麗な活用法である

だが悲しいかな、ここまでヘイトを買うキャラである。散々殴られっぱなしで黙っていられようはずはない(何より暴力ヒロインならば暴力ヒロインらしく、扱ってあげなければならない)するとどうか?


まず同人誌なんかでは当然無事で済むはずはないお約束の展開だがチンピラorDQNに悪態を吐いて、集団でボコられて路地裏に連れ込まれ、以下略である)。

「相手がストイックに時間と労力と金と愛情をかけて築き上げたものをグチャグチャに崩壊させるんだ」「これはもうセックス以上の快楽だッ」

……そんな感じで溜飲を下げつつ、鬱憤晴らしに殴りたいのが人間の心理かも知れない


参照


関連項目

暴力 ヒロイン 理不尽 DV

負のご都合主義お咎めなし:理不尽暴力ヒロインの主人公に対しての暴力や蛮行がうやむや(無罪同然)で済まされるため、これらに該当する可能性が高い。


謝ったら死ぬ病:理不尽暴力ヒロインは主人公に勘違いや嫉妬をはじめとする、身勝手な理由で暴力を振るっておきながら(自分の落ち度を棚に上げて主人公が悪いと決めつけるなどで)謝らないまま物語が進行する為、こちらも該当する可能性が高い。

関連記事

親記事

ヒロイン ひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44494

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました