ピクシブ百科事典

夢小説

ゆめしょうせつ

人間(読者)と架空のキャラクターの交流を描く、創作小説の一種。
目次[非表示]

概要

創作小説の一種。ドリーム小説ドリー夢小説名前変換小説などともいう。
略称はドリームドリー夢ドリなど。心理描写が重要なことから、女性向けのものを指すことが多く、男性向けのそれはあることにはあるが数が少ない。このジャンルを楽しむ人を夢見乙女夢女子ドリーマーなどと呼ぶ。
多くの場合は、版権キャラクターオリジナルキャラクター(夢主人公の略称・夢主と呼ばれる)の交流が書かれる二次創作の一種である(一次創作・完全オリジナルは後述)。cookieJavaScriptによって夢主の名前を読者が自由に変換することができるシステムが出来たことにより急激に普及した。内容としては恋愛が多いが、友情など恋愛以外を題材にした作品もある。夢作品は大きく2つのタイプがある

(1)創作キャラクター投入型

創作キャラと原作キャラとの交流を第三者視点で傍観するタイプ。
夢主が1人の登場人物として性格・容姿など人物設定が細かく作成されていて、ハッキリ個性が確立している。自己投影の有無は必ずしも重要視さてるわけではない。なので夢主の設定の幅も広い。
例:男主人公(BL夢、女性キャラとの夢)/人外(妖怪・動物・ロボット)/傍観(モブキャラや空気やオブジェで、原作キャラと一切かかわらないで傍観してるなど) 癖がある夢主では女子力(物理)/ゲス/サイコパス/ビッチなど様々であり、シュチェーションの幅も広い。面白ければ主役交代劇NTRメリーバッドエンド死ネタ話の抽象化少年漫画のような内容化不条理ギャグ化劇中劇オチなどもいとわない(どうしてこうなった)。紙の上でやる人形遊びと言える。

(2)自己投影型

夢主=自分として楽しめるタイプ。夢主は同性、同年代に限られていることが多い。
夢主以外の人物設定は兄弟・友人・同級生などの設定はあるが、夢主がオーソドックスに作成されていて、閲覧者が自己投影しやすい。
≪自己投影を推奨しているパターン≫

  1. 名前、顔、台詞、行動など、部分的に空欄部分、変更できる部分が設定されている。
  2. 夢主が「どこにでもいる普通の子で、やればできる子」「正義感が強い」などのオーソドックスな設定で、ストーリーがシンプルで、細かい部分が考察しやすい
  3. 夢主の主人公補正が強く、ターゲットがはっきりと設定されている。
夢主は、必ずしも読者そのもの(リアル過ぎる、関わるキャラと見た目が全然違う、恋愛関連のモノローグがくどいなど)とは限らず、世界観は、三次元2.5次元一人称1.5人称と振れ幅があり、変身魔法冒険ファンタジーなど、非現実の要素が強いものもある。
話は「夢主を中心に成り立っていた」「脇役は夢主の手のひらで転がされていた」というオチで収束することが多く、脇役は読者の好みのタイプ(美形、ハイスペック、敵対しないタイプなど)に限られている。主人公と相対する価値観もう一人の主人公が登場し、主人公と対峙することもある。

創作キャラクター投入型は、「キャラの色んな一面が見れる」「色んなタイプのキャラが出せる」「“自分と相手役”という狭い世界に捕らわれず、幅広い世界が見れる」というメリットがある。
自己投影型は「好みのキャラと恋愛した気分or仲良くなった気分になれる」「自分が成長した気分、架空の世界で暮らしている気分になれる」「夢主を現実の人間、すなわち作者や読者に近くし、活躍させることで、萌えに捕らわれないキャラクターの魅力を引き出せる」というメリットがある。

どちらか片方の見方しかできない人は少なく、(作者・読者共に)時と場合に応じて見方を選んでいる人が多く、創作キャラクター投入型は「カメラマンになり、見たい映像だけを映す」「女性を現実の女性(作者?)と同様に個性的にする」という微量な自己投影を含み、自己投影型は「イケメンを敵とみなして攻撃し、女性を一人占めする男性の自己投影用主人公を出さない(話を偏らせない)」「恋愛関係のイザコザを現実と同様、あるあるネタの一環で済ましてしまう」という微量な第三者視点を含んでいる。(1)と(2)をドッキングしたパターンも存在している。

一次創作(オリジナル)の夢小説

一次創作に名前変換機能が付いた作品もあるので、必ずしも二次創作とは限らない。また、乙女ゲーム作品の夢小説(ノベライズ)は公式の主人公とは別に夢主が登場する作品と、公式主人公が夢主として登場する作品がある。一次創作はなろう系に似ている。

意味の変化・多様化

基本的に名前変換機能があることが前提のジャンルではあったが、近年夢主の認識の変化(ジャンル内外問わず)に伴い、名前変換機能を設けていない作品も夢小説として取り扱う人もいる。そのため夢小説の定義が人によって違い、諍いが起こることも少なくない。

  • 変換できる部分が名前以外の夢小説もある(夢主の容姿が不明、キャラが語りかけてる人物が不明、重要な台詞が「  」になっているなど。愛の告白などの重要なシーンで「○○」という、デフォ名にカギカッコを付けた表記になっているものもある)。
  • 自己投影する為の夢主を「自分を模したキャラ異世界転移ものの主人公に多い。現代人、現実の自分と同じ名前が多い。)」と考えている人もいれば、「自分の意志を入れた架空のキャラ異世界転生ものの主人公に多い。オッドアイアルビノ有翼人などの変わった容姿、ペンネーム、ハンドルネームのような名前が多い。)」と考えている人もいる。
  • 原作キャラを夢主(自分)化し、オリキャラ(自分の考えた恋人)と交流させる夢もある。
  • 原作キャラの恋人役に、オリキャラ(自分)を宛がう夢もある。
  • 現代人のオリキャラ(自分)が版権キャラに転生し、版権キャラと交流する原作キャラしか登場しない(ように見える)夢もある。
  • 原作キャラにオリキャラが振られる嫌われ夢、オリキャラに惚れた原作キャラをオリキャラが振る夢、オリキャラが原作キャラ同士のカプを応援する夢、原作キャラに出会って精神的に成長したオリキャラ同士がくっつく夢もある。
  • 原作キャラが悪のオリキャラ(オリジナルモンスター)を制裁する夢もある(自己投影するのは原作キャラかカメラマン)。
  • 原作を悪役サイドから見せる夢にありがちなのが「悪役が悪堕ちする原因になった悲しい過去が空欄」という設定である。
  • 夢の象徴を「架空の要素全般(幻想的、神秘的な世界観)」と捉えている人もいる(「好きな版権キャラクターに出会う」のはその一環だと思っている)。「架空の要素全般に自分が関わる(例:架空の食べ物を食べる、架空の乗り物に乗る、架空の生き物を飼う、架空の街を歩く、架空の温泉に浸かるなど)」=夢と捉えている為、夢小説の中で描かれるのは恋愛シーンだけとは限らない。

※女性向け作品には、時々現実を二次元で再現したような作品(一部のメタフィクション)、結婚相手の職業収入を問われる空間、年齢性別体型時間軸が固定されている空間、数ヶ月~一年単位で変わる流行恋愛以外がないがしろにされている空間、すぐ泥沼に発展してしまう人間関係など、現実問題が絡むものがある為、区別されている。また、キャラが恋人と過ごしている時以外の期間、人と関わらずに部屋に一人でいる期間を「長めに」描いていないものがあり、夢と相性が悪いと言われている。

  • 好みの版権キャラクターを見つけた時に、二次創作の夢小説には行かず、好みの版権キャラクターをモデルにした相手役を登場させたオリジナル作品作りに励む夢女子も多い(相手役は名前、細部などは変えてある。モデルが複数いることも多い)。相手役のモデルは自分の彼氏などの人間ではなく二次元キャラ(或いは、芸能人、歴史の人物などの2.5次元キャラ)なので、二次元な雰囲気が強調されている。主人公は一般女性という設定が多いが、相手役に見合った二次元的なキャラクターであることも多い。

中二病に罹患した女子が描く女主人公モテモテ小説(一次創作。後に黒歴史と化すことが多い。)が夢小説と形容されることも多く、夢小説というと二次創作よりも先にこっちを思い出す人も多い(名前変換機能、版権キャラの使用はないが、主人公の設定がメアリー・スーにそっくりなことから)。
小説以外の媒体(夢漫画夢絵など)でも、夢小説のような内容の女性向け作品は「夢小説」と形容されることがある。登場人物の性格・容姿を形容する文章、男性キャラクターの愛の囁き、オサレポエム会話などが印象的だからだろうか。

男性向けの夢小説

前述の通り、男性向けの夢小説は非常に少ない。
男性向けの夢小説が少ないのは以下の理由かと思われる。

  1. 男性は視覚で性的興奮や萌えを満たすため、小説まで行き着くことが少ない。
  2. わざわざ夢主人公を設定しなくても、モブキャラに自分自身を投影できる。
  3. 夢主人公を設定してもチートキャラ等になってしまい、読者ごとの好みの違いが少ない。
  4. 少年漫画では個性的な男性主人公がラブコメよりもバトルギャグ冒険ミステリー等に行く傾向があり、ギャルゲーエロゲーなどを見ても分かる通り、男性向けラブコメ主人公=無個性という縛りが強い。小説でも同様の傾向がある為、男性の個性が確立したラブコメ=女性向けとされがちである。

pixivでの夢小説

pixiv小説投稿機能には名前変換機能が存在しないため、名前変換機能を利用するには、「Dreamlet」等のブックマークレットを利用する必要がある。現在投稿されている作品は夢主の名前が本文中に登場しないもの、夢主の名前が固定されているもののどちらからである場合がほとんどである。
また、夢小説・名前変換小説・二次オリ俺設定モブキャラ等の二次創作ジャンルには、互いに共通部分を持ち、投稿作品がどのジャンルに区分されるのかを決めるのは投稿者である。よって曖昧な作品に対して投稿者以外がタグ付けるのは好ましくない行為であるため、投稿者自身がどういった認識で描いているのか表記することが好ましい。
夢小説のイラストバージョンである夢絵、漫画バージョンである夢漫画夢主単体のイラストなどにこのタグが付けられていることも多い。

評価タグ夢小説10users入り夢小説20users入り→→夢小説35users入り夢小説50users入り夢小説100users入り夢小説300users入り夢小説500users入り夢小説1000users入り

作品別で探したい場合

タグ検索機能を使用して作品名ORキャラクター名を入力して夢小説○○users入りを入力すると絞り込める。

棲み分け

好き嫌いが分かれるジャンルなので、棲み分けを求める声がある。棲み分けの方法としては、下記のようなものがある。これらは強制ではないが任意で行われている。


関連タグ

夢向け…ジャンル別専用タグ一覧あり
 夢絵 夢漫画 夢主絵
夢主 夢主人公 夢ヒロイン オリジナルキャラクター オリキャラ

女性向け 少女漫画 乙女ゲーム ハーレクイン ケータイ小説
愛され 逆ハーレム 乙女 モテモテ 中二病 ゆめかわいい
二次オリ 俺設定 モブキャラ 夢みたっていいじゃないか

成り代わり 傍観夢 BLD GLD
版権キャラ×オリキャラ/オリキャラ×版権キャラ
既存キャラ×オリキャラ/オリキャラ×既存キャラ

外部リンク

ドリーム小説って何ですか?
住み分けよう!夢見乙女への嘆願書
pixivで夢小説(名前変換小説)を楽しむブックマークレット「Dreamlet」を書きました - oui-log

pixivに投稿された作品 pixivで「夢小説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1432891

コメント