ピクシブ百科事典

夢小説

ゆめしょうせつ

二次創作で使われる言葉。オリジナルキャラクターと架空のキャラクターの交流を描く、創作小説の一種。
目次[非表示]

概要

創作小説の一種。ドリーム小説ドリー夢小説名前変換小説などともいう。
略称はドリームドリー夢ドリなど。心理描写が重要なことから、女性向けのものを指すことが多く、男性向けはあることにはあるが数が少ない。このジャンルを楽しむ人を夢見乙女夢女子ドリーマー夢男子などと呼ぶ。

特徴

多くの場合は、版権キャラクターオリジナルキャラクター(夢主人公の略称・夢主と呼ばれる)の交流が書かれる二次創作の一種である(一次創作・完全オリジナル・夢小説の技法を使ったオリジナルは後述)。cookieJavaScriptによって夢主の名前を読者が自由に変換することができるシステムが出来たことにより急激に普及した。
インターネットの台頭により知名度が上がったジャンルであるが、名前変換小説が流行る前も夢小説的なジャンルは流行っており、小説媒体以外も比喩表現等で「夢小説」と呼ばれることがある(物語重視、印象的な台詞回しが特徴)が、語弊がある。

内容としては恋愛が多いが、友情など、恋愛以外を題材にした作品もある。夢向けは大きく分けて「第三者視点型」「自己投影型」の2つのタイプがある(※読み方ではなく、書き方のガイドラインです。夢漫画夢絵にも当てはまります)。特に自己投影型が有名。

夢主は同性、同年代、等身大もしくは透明人間に限られていることが多い。
夢主以外の人物設定は家族・友人・同級生などの設定はあるが、夢主がオーソドックスに作成されていて、閲覧者が自己投影しやすい。作品によっては主人公の設定を変更すると家族の設定(名字など)も変わる。
≪自己投影を推奨している例≫

  1. 名前、顔、台詞、行動など、部分的に空欄部分、変更できる部分、個性を抑えた部分が設定されている。場合によっては姿がまったくない(小説ならではの設定であり、漫画やアニメにも近い表現が逆輸入されている)。
  2. 夢主が、「どこにでもいる普通の子で、やればできる子」「正義感が強い」「フィクションの王子様に恋している」「序盤は個性のない容姿をしている」などのオーソドックスな設定で、ストーリーがシンプルで、大筋以外の細かい部分を妄想・考察・補完しやすい(漫画、アニメ類では定番の設定で、いつからか、子供向けや恋愛もの以外でもこの設定が定番になった)。
  3. 夢主の主人公補正が強く、話もご都合主義的なものに限られており、ターゲットがはっきりと設定されている。
  4. 男性キャラが客体化されていて、メインヒーローがいても、男性キャラが二人以上いることが多い。
  5. キャラクターがメタ発言で我々に語りかける演出がある。若しくは、作品がフィクションであることを分からせるメタな演出がある。
  6. 世界観が三次元風~2.5次元風、一人称1.5人称と振れ幅があり、変身魔法冒険ファンタジーなど、非現実の要素が強いものもある(非現実の要素が強いものは、第三者視点と勘違いされることがある)。
  7. 「物語は夢主を中心に成り立っていた」「脇役は夢主の手のひらで転がされていた」というオチで収束することが多く、脇役は読者の好みのタイプ(美形、ハイスペック、敵対しないタイプ、主人公よりも写実的じゃないモンスターなど)に限られている。
  8. 主人公が複数いる場合は主人公と相対する価値観もう一人の主人公が登場し、主人公と対峙する設定が多い。異なる価値観の主人公は乱入しない。例えば、主人公を犯しに来る汚いおっさん、主役カップルの仲立ちをする第三者などは一切登場しない。個性が抑えられた主人公自身が読者の分身であり、第三者を用意しなくても主役カプは傍観出来、主人公よりも恋人のイケメン、悪役令嬢、モンスター、良くも悪くもバラエティー豊かなモブキャラなどのほうが個性があり(その上で「夢主の付属品の脇役」のスタンスを保っている)、主人公の理解者の家族や友人が出ている為、その主人公を客体化する意味や別の恋愛ものの様式を持ってくる意味はないと思われる。
  9. 真正面から見る視点、特に半径数メートル以内で主人公が恋人や敵を狩りのように捉える視点が使われる。
  10. ナレーションを主人公本人が担当することが多く、主人公の突っ込みがナレーションの代わりで、ナレーションがないこともある

「好みのキャラと恋愛した気分or仲良くなった気分になれる」「自分が成長した気分、架空の世界で暮らしている気分になれる」「夢主を現実の人間、すなわち作者や読者に近くし、活躍させることで、萌えに捕らわれないキャラクターの魅力を引き出せる」「設定が最小限な為、解釈論争になりづらい」というメリットがある。

BL百合等と同様に好みが分かれるジャンル、棲み分けタグが必要な特殊性癖ジャンルとして知られているが女性に歓迎されるような非18禁恋愛で構成された話はこの限りではない。

一次創作(オリジナル)の夢小説

一次創作に名前変換機能が付いた作品、人間の女主人公が架空のキャラクターのような男性キャラに出会う作品もあるため、必ずしも二次創作とは限らない(一次創作はなろう系に似ている)。女主人公の個性が確立していて、男性キャラの出番が少なく、総受け逆リョナ当て馬などの要素が入る作品は、完全オリジナルの一次創作やレギュラー全員に細かい設定がない原作(オンラインゲームなど)の1.5次創作のほうが有利とされている。一次創作や1.5次創作のほうが『設定が細かく定まった男性キャラを取り合う』『原作の設定に振り回される』といった構図にならない為、諍いが少なく息が長い。

乙女ゲーム作品の夢小説(ノベライズ)は公式の主人公とは別に夢主が登場する作品と公式主人公が夢主として登場する作品がある。ちなみに、主人公が複数登場してすべての主人公が没個性である恋愛ゲームはギャルゲー、乙女ゲー問わず昔からある。

『夢』扱いされていない一次創作で『夢』の技法を参考にしている作品も存在しており(誰に自己投影して何を楽しむ話かがハッキリしている話や、単語を変換できる話など)、この場合は作者が冗談で自称する場合が多い(比喩表現に近い)。

意味の変化・多様化

名前変換機能の導入方法、夢主(オリキャラ)の扱い方にかなりのパターンがあり、夢小説の定義が人によって違い、諍いが起こることも少なくない。

≪応用例≫

  • 名前ではなく愛の告白が伏せられているパターン(「   」と表記されていることが多い)、名前が出ていても自己投影しやすいパターン(例:デフォ名にカギカッコが付いている、デフォ名があだ名、デフォ名の名前の一部が作者の名前になっている、名前や絵柄に癖がないなど)などもある。
  • オリキャラを入れる前の夢小説、オリキャラを入れた後の夢小説、オリキャラを入れた後で名前変換機能を入れた夢小説(三次創作)が存在し、すべてが夢小説と呼ばれる。
  • 自己投影する為の夢主を「自分を模したキャラ異世界転移ものの主人公に多い。現代人、現実の自分と同じ名前が多い。)」と考えている人もいれば、「自分の意志を入れた架空のキャラ異世界転生ものの主人公に多い。オッドアイアルビノ有翼人などの変わった容姿、ペンネーム、ハンドルネームのような名前が多い。)」と考えている人もいる。
  • 元々は、主人公=オリキャラ(自分、夢主)、版権キャラ=自分とくっつくキャラといった単純な作品が多かったが、「オリキャラを利用して原作世界を広げる」「オリキャラを利用して萌えるシチュエーションを作り出す」「原作世界を広げることで、好きな版権キャラクターを掘り下げる」といった作り方が主流になってきた。その為、オリキャラは主人公ではなく脇役や敵や無機物であるパターンも多い。
  • ゲームで言えば、乙女ゲームよりもガールズゲーム女主人公でプレイするRPGADVパズルゲームのような夢が好きな人も多い(魔法少女パロ、ぴょんぴょんパロ、朝ドラパロ、昼ドラパロ、最初から女が主人公の作品の乙女ゲーパロなど)。
  • 架空の要素全般(幻想的、神秘的な世界観)を扱った「架空の要素全般に夢主=読者が関わる」作品を夢小説と呼ぶ人もいる(例:架空の食べ物を食べる、架空の乗り物に乗る、架空のペットを飼う、架空の街を歩く、架空の宿に寝泊まりする、架空の海や温泉に浸かる、架空の遊具で遊ぶ、架空の言語でガールズトークをする、架空の世界で流行っている作品を読む、架空の敵と戦う、架空の道具で物を作るなど)。
  • 好みの版権キャラクターを見つけた時に、二次創作の夢小説には行かず、好みの版権キャラクターをモデルにした相手役を登場させたオリジナル作品作りに励む夢女子もいる(相手役は名前、細部などは変えてある。モデルが複数いることも多い)。一次夢を描いたり読んだりしつつ、現在嵌っている版権キャラの二次夢も楽しむ夢女子も多い。
  • 最初は自己投影、補完などを促して空欄を設けているが、話が進むにつれて空欄がすべて埋まり、謎が消えていく夢小説もある。その場合も読者にパラレルワールド(三次創作)を妄想されることが多い(例:好きな章のみを独立した作品として扱う、別の分岐を妄想する、材料が出揃った後で時系列を変えて再構成する、同じ話を現代風にアレンジするなど)。
などなど…。

男性向けの夢小説

前述の通り、男性向けの夢小説は非常に少ない。
男性向けの夢小説が少ないのは以下の理由かと思われる。

  1. 男性は視覚で性的興奮や萌えを満たすため、二次創作で小説まで行き着くことが少ない。原作が小説なことは多い為、物語性の有無の問題だと思われる。
  2. わざわざ夢主人公を設定しなくても、モブキャラに自分自身を投影できる。
  3. 夢主人公を設定してもチートキャラ等になってしまい、読者ごとの好みの違いが少ない。
  4. 少年漫画では個性的な男性主人公がラブコメよりもバトルギャグ冒険ミステリー等に行く傾向があり、ギャルゲーエロゲーなどを見ても分かる通り、男性向けラブコメ主人公=無個性という縛りが強い。小説でも同様の傾向がある為、男性の個性が確立したラブコメ=女性向けとされがちである。ただし、「イケメンとキモオタのどっちでもない個性のある男性キャラ」などは見受けられる。
  5. 夢小説でデスノートを連想する人が多い。
  6. 抜きと恋愛の境界線がハッキリしていない(今後の議論が待たれる)。
  7. 主人公の名前を好きに振れるゲーム(特にドラゴンクエスト等、主人公「あなた」「俺」「ぼく」のゲーム)で相応の概念を商業作品(一次)として受容でき(サウンドノベルのような読書に関連した相応のゲームもある)、作者世界を鑑賞する読書に読者同士で同じ読者作成のファン作品世界へゲスト出演する発想は結果的に抑止力となり持ちにくい。

なお、男性向けはラブコメ以外の夢向けは豊富な模様。
学園ものカントリー萌えといった、夢女子にも人気の定番モチーフも扱われている。

pixivでの夢小説

pixivでは当初、小説投稿機能には名前変換機能が存在しなかったため、名前変換機能を利用するには、「Dreamlet」等のブックマークレットを利用する必要があった。現在投稿されている作品は夢主の名前が本文中に登場しないもの、夢主の名前が固定されているもののどちらからである場合がほとんどである。
また、夢小説・名前変換小説・二次オリ俺設定モブキャラ等の二次創作ジャンルには、互いに共通部分を持ち、投稿作品がどのジャンルに区分されるのかを決めるのは投稿者である。よって曖昧な作品に対して投稿者以外がタグ付けるのは好ましくない行為であるため、投稿者自身がどういった認識で描いているのか表記することが好ましい。
夢小説のイラストバージョンである夢絵、漫画バージョンである夢漫画夢主単体のイラストなどにこのタグが付けられていることも多い。

2020年4月1日、「シリーズ」に設定した小説、その他用途を夢小説に限定しない、より広範な「単語」の変換、各投稿者に機能の使用可否と変換範囲の指定権限がある仕様として試験導入、2020年4月27日まで意見受付、好評により2020年4月16日、正式機能として実装された(意見受付は当初予定通り2020年4月27日まで継続)。

試験導入当初、pixivisionでは自身もpixivユーザーであるふぁっ熊により使用例として夢小説が挙げられた。

作品別で探したい場合

タグ検索機能を使用してキャラクター名を入力して夢小説を入力すると絞り込める。

棲み分け

好き嫌いが分かれるジャンルなので、棲み分けを求める声がある。棲み分けの方法としては、下記のようなものがある。これらは強制ではないが任意で行われている。


ジャンル別タグ一覧

ジャンル別タグ一覧は夢向けを参照。

関連タグ

夢向け…ジャンル別専用タグ一覧あり
 夢絵 夢漫画 夢主絵
夢主 夢主人公 夢ヒロイン オリジナルキャラクター オリキャラ

女性向け 少女漫画 乙女ゲーム/乙女系/乙女チック ガールズゲーム
少女小説 ハーレクイン ケータイ小説 黒歴史ノート
二次オリ 俺設定 モブキャラ 夢みたっていいじゃないか

成り代わり 傍観夢 BLD GLD
版権キャラ×オリキャラ/オリキャラ×版権キャラ
既存キャラ×オリキャラ/オリキャラ×既存キャラ

外部リンク

ドリーム小説って何ですか?
住み分けよう!夢見乙女への嘆願書

夢考察参考BLリンク
傍観者・ビッチ・監禁被害者…BLのお約束ぶちこわす『女子BL』
BLの女性キャラ どこまで許せる?

ピクシブ公式
小説シリーズ設定資料に「単語変換」機能を試験導入しました
小説シリーズ設定資料に「単語変換」機能を正式リリースしました

pixivision
ふぁっ熊さんの使い方マンガ - pixiv小説に「単語変換機能」が実装!
つづ井さんが小説を執筆!単語変換機能で楽しむ「推し」との妄想小説ができるまで

関連記事

親記事

夢向け ゆめむけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夢小説」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7955237

コメント