ピクシブ百科事典

乙女系

おとめけい

女主人公と男性キャラクターの恋愛を扱った女性向け作品を表す単語。「一つの作品の一要素」を指すこともある。
目次[非表示]

概要

女主人公でプレイするコンピューターゲーム、乙女ゲーム夢小説のような作品(媒体は様々)を指し、系、系、ゆるふわ系、愛され系etcと呼んだりもする。

女主人公は女性読者が自分自身を重ね合わせる為のキャラクター、もしくは共感する為のキャラクターであることが多く、男性キャラクターが登場しても男性読者の視点は入らない。強いて言うなら女主人公自身であり、男性向けのR指定要素は入らない。
主人公の女性は、性格、世界観(心象風景)がハッキリしていても姿はハッキリしておらず、姿がハッキリする時は男性キャラクターと結ばれる時に限られている。女児向けのように女性の姿が出ていて男性の姿があまり出ていないパターンもあり、その場合は赤子の精神世界のような純粋な色に囲まれていて、世界のどこかで王子様が主人公を傍観していそうな雰囲気になっている(王子様は主人公の好みのタイプに限定されていて、存在のみが明示されていることもある)。
男性キャラクターは基本的に階級ではなく属性で区分されていて、人外ヒーローも多い。モブキャラを除き、ヒーロー失格の男性キャラは映らない。
女主人公と相手役の関係は恋愛以外に友情、家族愛、嫌われ、厳しめなど、多岐に及ぶが、話のどこかに必ずなんらかの形で恋愛要素が絡む。
日常系ブロマンス愛憎劇との境界線はかなり曖昧とされている。

「女主人公+男性キャラ複数」という形式であっても、男性アイドル育成ゲームは乙女系とは呼ばれづらく、BLゲームも姿が見えない腐女子主人公の存在が提示されない限り、乙女系とは呼ばれづらい。

主な特色・傾向(あくまで一部)


などが特色として挙げられ、女性向け界隈におけるマニア系に当たる(ライトノベルギャルゲー萌え系の女性向けに当たる)。
腐向けBL)、創作男女TL)と並ぶ一大ジャンルになっている。

男性キャラの出番にはバラ付きがあるが、必ず個性を与えられて客体化されていて、女主人公以外の個性を抑えられた人物は基本的に登場しない。個性がないのが個性のヒーローが登場しても、女主人公よりも美形ないしセクシーに描かれていることが多い。
女装男子TSヒーローなどが出ても、重要なシーンでは男の子として描かれる。
男性キャラが擬獣化モンスター化されていることもあり、ケモショタオスケモブサかわ風に描かれていることが多く、人間のイケメンの姿になれる設定が多い。

夢向けは限りなく同義語であり、レギュラーの半数以上を占めるイケメン男性陣、ヒーロー×女主人公(男女)が絵でハッキリと描かれない限りは「乙女系」と呼ばれづらい為、しばしば議論になる。
夢向けで一番有名なのは名前変換小説の「夢小説」であり、一次創作よりも人気少年漫画の男性キャラなどを使った二次創作が有名であり、商業の少女小説に当てはまらない展開が使われていることもある(キャラがゲス、ビッチ、両性愛者であるなど)。
「商業作品なら乙女系、二次創作を含む同人作品なら夢向け」といった解釈が分かりやすいかもしれない。

目に星を入れた昭和の少女漫画の絵柄を使った商品(乙女チックブームに由来している)、ゆめかわカラーを使ったグッズも乙女系に入るかもしれない。
「乙女」の単語が付いていても、「オトメディウス」などの男性向けはあまり乙女系と言われない…かもしれない。

関連タグ

女性向け 少女漫画 女性漫画 乙女ゲーム
少女小説 ハーレクイン ケータイ小説 シチュエーションCD
 夢小説 夢漫画 夢絵
夢向け…ほぼ同義語。透明主人公、男主人公、性別不明主人公、恋愛以外の関係性も含む。
  巫女…女主に多い属性(女王 聖母 仙女もありであろう)
少女趣味 乙女 漢女 乙男 大人女子 乙女チック
女主人公受け 逆ハーレム 愛され モテモテ 私モテ
ゆめかわいい / ゆめかわ ゆるふわ ゆるかわ 病みかわいい
恋愛もの 異世界もの セカイ系

関連記事

親記事

乙女 おとめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「乙女系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100498

コメント