ピクシブ百科事典

目次[非表示]

みどりのマキバオー(みどりのまきばおー)とは、つの丸による競馬漫画。
週刊少年ジャンプに1994年50号から1998年9号にかけて連載。物語の終盤に連載が打ち切られたため、完結編が『赤マルジャンプ』1998年SPRINGに掲載された。

作品解説

作者お得意の下品な下ネタやギャグ、極端なデフォルメなどがふんだんに盛り込まれているものの、それとは裏腹に物語の大筋自体は非常にシリアスで重厚。
動物と人間が普通に会話できるなどのファンタジーな要素も多分に含むが、「実際にたれ蔵のような馬格の競走馬が存在したらどのようなことが起こるのか?」を現実的にシミュレーションした内容や、子どもにもわかりやすく描かれたレース中の駆け引き、個性豊かなライバル馬たち各々のドラマ等など、極めて真っ当な正統派競馬漫画として根強い人気を誇る。
第42回(平成8年度)小学館漫画賞児童部門受賞。
2007年には『週刊プレイボーイ』にて続編『たいようのマキバオー』が連載を開始した。

あらすじ

優秀な血統から生まれたはずのマキバオーことうんこたれ蔵は、親に似ても似つかぬ小さく白い体の持ち主。最初は競走馬になるのは絶望的と考えられていたが、徐々に競走馬としての突出した才能、何より持ち前のど根性で、カスケードをはじめとする多くのライバルたちと戦い、一流競走馬としての道を歩んでいくことになる。

登場人物

※はアニメオリジナルキャラクター。

みどり牧場陣営

ミドリマキバオー(CV:犬山犬子
チュウ兵衛(CV:千葉繁
飯富昌虎(CV:飯塚昭三
山本菅助(CV:桜井敏治
飯富源次郎(CV:緒方賢一
飯富勝(CV:高山みなみ
三枝友則(CV:石田彰
石原
ドルジ(CV:茶風林
ドリグ
ゴンチグ
宮蔦(CV:藤本譲

本多リッチファーム陣営

カスケード(CV:玄田哲章
本多平七郎(CV:加賀谷純一
本多麗(CV:白鳥由里
服部政人(CV:大滝進矢

ヒゲ牧場陣営

堀江信彦(CV:渡部猛
堀江ヒゲ治(CV:くまいもとこ
ヒゲサンダー(CV:大川透

競走馬

アマゴワクチン(CV:松本保典
ニトロニクス(CV:石井康嗣
アンカルジア(CV:亀井芳子
ベアナックル(CV:長嶝高士
トゥーカッター(CV:福田信昭
モーリアロー(CV:山田雅人
サトミアマゾン(CV:伊藤栄次
マキバコ(CV:大谷育江
ブリッツ
ミドリコ(CV:有馬瑞香
ヒロポン
ピーターII(CV:小杉十郎太
ツァビデル(CV:大塚明夫
エルサレム(CV:大川透
ストーンド
コメート
スイッチスタイル
プレミア
スーパースナッズ(CV:高乃麗
ドラゴ
ペインキラー
グレイテストボギー
フライドチキントリニダード)(CV:大川透
ドナテロス(CV:津村まこと

競馬記者

胸尻諸美(CV:深雪さなえ
嶋島智之(CV:大川透
福々地(CV:真殿光昭
枡田増あきら

その他の人物

滝川正和
山中馬之助
江里口信夫
木曽政義(CV:千田光男
高坂里華
ゲーハー

関連作品

アニメ

フジテレビ系列で1996年3月2日から1997年7月まで全61話が放送された。
監督は阿部記之。アニメーション制作はスタジオぴえろ
その後は、放送開始から15年後の2011年にはCS局フジテレビONE、TWOで再放送、2012年にはCSのキッズステーションで再々放送で、同年10月1日夜8時とリピート放送の翌1時30分に再々々放送。また、ネットではふらっと動画でも配信された。

主題歌

オープニングテーマ。福井謙二三宅正治青嶋達也のフジテレビアナウンサー(当時)三人組で、実際に競馬中継の実況もしていた。その為アニメでも実況をしている。

エンディングテーマ。

パチンコ/CR「みどりのマキバオー」

平和が発売される機種。以前にパチスロ版「みどりのマキバオー」が登場されたが、2011年にはパチンコとして登場されている。
声優はアニメ版と同様で、大当たり中の曲は「走れマキバオー」(スーパーマキバオーボーナス/15R)と「とってもウマナミ」(マキバオーボーナス/10R)を採用されている。

スペック

<H1AZ>

大当たり確率1/315.1(確変中は1/31.5に)
確率変動確率(1)72.5%
賞球数3・10・15
平均出玉約330/670/1000/1100/(15R)1650個
時短大当たり終了後、20・30・50・70・100回の時短
<L1AW>
大当たり確率1/118.1→確変中は1/25
確率変動確率(1)55%
賞球数3・9・10・12個
大当たりにかかわる出玉約250/500/740/750/1100個
時短について大当たり終了後、15回又は100回転の時短がある
(1)確変割合には全確変大当たりを含む。

余談

  1. 上記の通り、実際の競馬中継の実況担当アナウンサーがアニメでも実況を担当している。また2003年~2010年にかけて競馬中継の『DREAM競馬』→『競馬beat』(西日本中心のフジテレビ系の放送)でモーリアロー役の山田雅人が東海テレビ放送製作分の司会も務めている
  2. 最近は2014年3月から公営競技総合サービスサイトである「オッズパーク」のイメージキャラクターとして主人公のミドリマキバオーを用いている。。CMでは犬山イヌコが声を担当し、地方競馬場・競輪場・オートレース場では着ぐるみのマキバオーが出演するイベントも行われている。
  3. TVアニメ版の第1話サブタイトル「生まれてオドロいた!」は、前番組である幽遊白書第1話サブタイトル「死んだらオドロいた!」から引用されている(最初の4文字の意味も対となっている)。ちなみに幽白の監督も同じである。
  4. 時が経ち平成終期(令和)頃にウマ娘プリティーダービーによってアニメ及びゲームではみどりのマキバオーをモチーフとした小ネタやキャラクターが登場している事によって同じ競馬を題材にした作品同士の影響力は大きいようで再燃している。


関連イラスト

三位一体!な~のね~!!
みどりの好き馬たち



別名・表記ゆれ

マキバオー
正式タイトルは「みどりのマキバオー」だが、略して、マキバオータグが付けられることが多い。
また、主人公ミドリマキバオーも略してマキバオータグが付けられることが多い。

関連イベント

STARHORSE3とのコラボレーション企画

2014年12月25日から2015年1月12日の間、メダルゲーム「STARHORSE3」とのコラボレーション企画として、『マキバオー記念』というスペシャルレースが企画された。
漫画作品とコラボレーションしたのは「北斗の拳」についで2作目である。
ベースとなったのは作中で行われた日本ダービーとなっており、ミドリマキバオー・カスケード・サトミアマゾン・ベアナックルらが登場した。

ウマ娘 プリティーダービー

Cygames社によるメディアミックス作品『ウマ娘 プリティーダービー』(以下『ウマ娘』)のCMソングとして「走れウマ娘」が制作され、2018年10月にCDシングルとして発売された。
後に「ウマ娘 シンデレラグレイ」×「みどりのマキバオー」コラボイラストが、「週刊ヤングジャンプ 39号」で表紙の一角を飾っている。詳しくはウマ娘マキバオーダービー

関連タグ

つの丸 ミドリマキバオー 走れマキバオー FMAP MENS5
亜種「たいようのマキバオー
キッズステーション...2/6より、毎週月曜から木曜に放送中

この記事のカテゴリ

漫画 ジャンプ 週刊少年ジャンプ 集英社
アニメ フジテレビ ぴえろ(スタジオぴえろ) Gyao! フジテレビONE フジテレビTWO ふらっと動画
プレイステーション コーエーテクモ テクモ スタジオ将軍 平和 パチンコ CR 競馬 JRA パチンコ化にされたアニメ一覧

関連記事

親記事

つの丸 つのまる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「みどりのマキバオー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「みどりのマキバオー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3378304

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました