ピクシブ百科事典

ベアナックル

べあなっくる

「ベアナックル」とは、元々は素手で戦うことを指すボクシング用語。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. セガより発売されたベルトスクロールアクションゲーム。
  2. 漫画「みどりのマキバオー」に登場するキャラクター。


ベアナックル(セガ)

ベアナックル


メガドライブで発売された、『ファイナルファイトカプコン)』タイプのベルトスクロールアクションゲーム。
BGMを古代祐三が手掛けたことでも話題を集め、続編もⅢまで作成されている。

海外でのタイトルは "Streets of Rage(ストリート・オブ・レイジ)"。これはのちにメガCD用ソフト『セガクラシック アーケードコレクション』の収録作品の1つとして、Iのみ逆輸入された。
Xbox 360のXbox Live ArcadeにてⅡがダウンロード配信され、また2011年にはプレイステーション3でも配信された。

詳細は、ベア・ナックルにて。

ベアナックル(みどりのマキバオー

※一部、ウィキペディア、アニヲタwikiより抜粋。

猫魂!!


栗東・鍋島厩舎所属の競走馬。性格は卑怯でお調子者。
調教の時間になるとあらゆる仮病でサボろうとし、雨が降るだけでやる気を無くす。さらに自分がヨゴレなのに汚れるのを嫌う。
マキバオーと直接対決したのは皐月賞後の青葉賞。一貫した逃げでマキバオーに一旦追いつかれるも、差し返して勝利する。ダービーにも出場し、序盤にスタートのゲートで鼻をぶつけ、遅れるものの、ラストの直線で謎の追い上げを見せ、一度は先頭に立ち、3着という健闘を見せる。続いて菊花賞にも出場。調子に乗ってコーナーが曲がりきれず、ラチ蹴りで強引に曲がるという荒技を披露。しかし、二回目は失敗して金玉を強打して気絶。彼の菊花賞はそのまま終了した。有馬記念には「腫れ上がった金玉をぶら下げてレースに出せれるか」というオーナーの意向で出場しなかったが、強引に参加しようとして係員につまみ出された。

その後、遠征先のドバイまでインド洋を泳いで渡る化け物ぶりをみせ、その途中猫の大群に襲われるも見事に倒し、更に猫の大群を自分の子分にしていた。マキバオーが毒リンゴで体調を崩した為(自らは10個食したが全く影響がなかった)、WC予選の第4レースに出場、ゲートに髪が引っ掛かり大幅に出遅れるが、大量の水撒きによって途中からかなり緩くなったダートをサブマリンのように泳ぎ勝利を収め、出場馬不足に悩んでいた日本チームを救った。WC予選第5Rにもマキバオーと共に出走し、大逃げを披露した(マキバオーとエルサレムには抜かれているが、他の馬を相手にせずアナウンサーに「後続馬は前に全くついていけない」と言わしめた)。遠征後は活躍の場をそのまま海外に移し、何故かWWAA(世界野生動物協会)の名誉会長となった。

マキバオー同様、人間と同じ仕草をするなどギャグ色が強いキャラであるが、その実力はワールドクラスで、ツァビデルも早くからその才能を見抜いていた。ツァビデル曰く日本最強馬(但し頭に致命的欠陥があるとも言っている)。なお、生まれ故郷である九州には彼の偉業を讃える銅像が建っていることが続編『たいようのマキバオー』にて判明している。が、その風貌はすでに馬とは呼べない(強いて言えば架空の生物「麒麟」のような)姿であった。

関連タグ

レトロゲーム メガドライブ アクションゲーム みどりのマキバオー

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベアナックル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1856161

コメント