2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:伊藤栄次
父ミルジョージ。母アマゾンフルーツ。船橋競馬場所属の地方馬。
強い馬をマークし、その馬をギリギリで差すという戦法からヒットマンの異名を持つ。地方競馬で10戦10勝した後に「俺たち公営は中央の2軍ではない」「活躍して船橋に客を呼ぶんだ」と高い志を持って中央競馬のクラシック戦線へ向かった。

性格

地方馬であるため中央に対し強いコンプレックスを抱いており、それを覆そうとする不屈の意志を持つ。それ故ストイック。奥底には計り知れないプライドの炎が潜んでおり、中央競馬に所属を転厩しないのかという同じ所属馬の何気ない疑問に対しドスの効いた台詞と眼光で怯えさせてしまうなど短気な側面も見られる。
だが同時にカリスマ性を感じさせる信頼の高さとそれに答えようとする人情も備えており、併せ馬にもなれないと身を引いていた同郷馬たちが中央出走の見送りに来た際に「だからお前らは地方馬なんだ」と厳しい激を飛ばしつつも喜びの涙を浮かべる。後年のたいようのマキバオーにおいても、彼が中央に挑戦した誇り高き競走馬だったとあちこちで評価されていた。

戦歴

弥生賞(G2)

初戦の弥生賞はモーリアローの妨害を受け2着。

皐月賞(G1)

皐月賞はマークしたマキバオーがワクチンの策にかかった煽りを受け、さらにその策に対し底力でこじ開け正面突破するマキバオーに対し自身のマークの甘さと彼の素質に戦慄し、敗れた。

東京優駿・日本ダービー(G1)

日本ダービーはマークしたカスケードがマキバオーと警戒しあっている隙を狙うも痺れを切らしマキバオーにターゲットを移す。
その後地を這う走法で強襲をかけたカスケードにベアナックル共々千切られ4着。
マークした相手を二度も間違え、そしてその2度ターゲットにした相手が最終的にとはいえ同じというなんとも皮肉な結果である。

菊花賞

菊花賞で後が無くなったアマゾンは、トレードマークのメンコとブリンカーを外しこれまでと異なる逃げの戦法を取る。アマゴワクチンには敗れるものの、一度は差されたマキバオーを再び差し返し、2着となった。


ドバイWCではワクチンとトゥーカッターがレース後の疲労で戦列復帰が難しくなったため、補欠馬として呼ばれようとしたがベアナックルの到着と自身がレース明けだったこともあり実現しなかった。

本編後のアマゾン

菊花賞後は地方に戻りダート路線を走っており、帝王賞南部杯東京大賞典などの勝ち鞍をもぎ取る。
しかしながらアマゾンがその冠をいただいているのは1996年であり、当時はまだG1になっておらずそして当時の世評からも実際の重賞レースよりも過小評価をされていた。
現実世界にて日本のダートレースが統一G1に昇格したのは翌年の1997年で、サトミアマゾンの勝ち鞍であるダートレースの例に取り上げると帝王賞をコンサートボーイ、東京大賞典にトーヨーシアトルが初代王者の座を勝ち取ったが、いずれも同世代にあたる芝の競走馬と比べてしまうとどうしても功績が霞んでしまう。
同じくG1となった南部杯を制し、史上初の中央G1地方所属馬となったメイセイオペラがいるのがせめてもの救いか。

そのようなダート路線に対する燻りを直に受けたのか、息子にあたるアマゾンスピリットが続編のたいようのマキバオーで主人公文太の最大のライバルとして登場している。
ちなみに二代渡って騎手は正木時二が騎乗している。

名言

「お前ら…中央で走るのはそんなにすごい事か…?」
「だとしたら船橋(ここ)は…地方は何なんだ?」
「地方競馬は中央の2軍だと言うのか…!!」
オグリキャップがうらやましいか?」
「地方の馬が中央入りし活躍すればそれは出世なのか?」
「ここに居る人達も、俺が中央の馬に勝つことを望んでいるはずだ…」
「だが中央入りを望んでいるか? 中央へやるために俺達を鍛えているのか?」
「そうじゃねえ 中央参戦の目的は…」「あくまで地方馬の力を示すものだろ」

「みっともなく大敗するよりはこのまま2着…だと…?」
「何を考えてんだオレは…」
「2着だろうがしんがりだろうが負けは負け…いつもオレが言ってることじゃねえか」
「勝負ってのは勝つか負けるかしかねえんだ」
「大敗するのがみっともない…?」
「勝負から逃げるのは…それ以下じゃねえか!!」

余談

意外な功績

父馬であるミルジョージは実在する競走馬であり、サトミアマゾンは作中唯一の実在馬の架空の産駒である。作者つの丸は観客を全裸無個性のゲーハーオヤジにしたり、実際の競馬関係者に似せたキャラクターを登場させ鼻の穴をデカく描いたり、繁殖馬に「タマーキン」「マルゼニスキー」「ノーパントースト」などの酷い名前を付けるなどギャグ寄りのおふざけを入れるのが好例だが、サトミアマゾンと地方競馬の下りにはそういった傾向が無く終始シリアスな展開となった。
こういった地方競馬へのリスペクトが功を奏したのか、実際の船橋競馬場内にある「船橋競馬ミュージアム」にてサトミアマゾンが船橋競馬を世間に知らしめた顕彰馬の扱いを受け、船橋所属馬として歴々の現実の競走馬と共に展示されている。
ある意味マキバオー内では一番輝かしい成績を残した馬とも言える。

関連タグ

マキバオー ヒットマン ミルジョージ アマゾンフルーツ カスケード アマゴワクチン

実在の競走馬

オグリキャップ - 言わずと知れた笠松競馬場から中央競馬をなで斬りにした「オグリ伝説」の張本人。アマゾンも強く意識しているのが窺えるが、現実の競馬もそう簡単には行かないことは歴史が物語っている。
イナリワン - 元大井競馬場所属の実在馬。同じくミルジョージ産駒ダートと芝両方に適正を持ったりとアマゾンとの大きな共通点をいくつか持っている。
(何の因果か、この両者のライバルタマモクロスミドリマキバオーのモデルとも言われている、ちなみにタマモならぬタマブクロスは甥っ子であるヒノデマキバオー(モデルはハルウララ)の父親である)
メイセイオペラ - 岩手競馬に実在した競走馬。みどりのマキバオー連載終了の1年後、1999年フェブラリーステークスを制し、史上初にして2021年現在唯一地方所属馬の中央GⅠ制覇を成し遂げた。奇しくも同じグランドオペラ産駒にアマゾンオペラという船橋所属の競走馬がいる。

フィクションの登場人物

力石徹 - フィクションの存在ながらも劇中での存在感故に、実在の存在と同じくその活躍を評された繋がり。

関連記事

親記事

みどりのマキバオー みどりのまきばおー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サトミアマゾン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301666

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました