ピクシブ百科事典

11世代

にせんじゅういちせだい

日本の競走馬で2008年生まれの世代、11年クラシック世代。
目次[非表示]

概要

2008年に生まれ、2011年に3歳を迎えた世代。

97世代99世代04世代と並び、中央平地GⅠ22勝を挙げ歴代7位タイの世代。
そして何より、日本史上最強クラスの名馬が2頭同時に存在したという凄まじい世代でもある。

史上7頭目の牡馬クラシック3冠馬・史上2頭目の父内国産牡馬クラシック3冠馬のオルフェーヴル、史上初のスプリントGI3連覇を達成し、凱旋門賞以上の鬼門とも言われていた香港スプリントを日本馬として史上初めて制し翌年も連覇したスプリント王ロードカナロアという2枚看板が代表的。このためか年度代表馬が2頭いる珍しい世代となった。

ディープインパクトの初年度産駒世代でもあり、マルセリーナが桜花賞でディープ産駒初のGⅠ勝利を達成。続いてリアルインパクトが3歳で安田記念を勝っている。

一般的にクラシック3冠馬が出現する世代はレベルが低いとも言われやすいが、オルフェーヴルが出走していた3冠レースに出走した馬のうちサダムパテックトーセンラーベルシャザールなどが後にGI馬になっている。

またオルフェーヴルとロードカナロアは18世代の代表馬であるアーモンドアイラッキーライラックの父馬でもあり、種牡馬としてのポテンシャルを示す好例となっている。

海外では、ガリレオ産駒で14戦無敗・GI10勝と凄まじい成績を出した歴史的名馬フランケルが代表格。日本人共同所有馬で、ドイツ調教馬として2頭目の凱旋門賞制覇を果たしたデインドリームや、JRAのGⅠでは現状最後の海外調教馬優勝となっている香港のエアロヴェロシティ、フランケルのデビュー時からのライバルであり、最近では名牝エネイブルの父として知られるナサニエルもこの世代。


勝利した古馬G1

芝短距離
  • スノードラゴン
  • ロードカナロア
芝マイル
  • サダムパテック
  • ダノンシャーク
  • トーセンラー
  • リアルインパクト
芝中距離
  • オルフェーヴル
芝長距離
牝馬限定
  • ホエールキャプチャ
ダート
  • ベルシャザール
  • グレープブランデー
海外
  • アドマイヤラクティ
  • ロードカナロア


代表的な競走馬

馬名性別主な勝利レース
オルフェーヴルクラシック三冠/宝塚記念/有馬記念
ロードカナロアスプリンターズS/高松宮記念/香港スプリントS(香港)
ウインバリアシオン
サダムパテックマイルCS
トーセンラーマイルCS
ダノンシャークマイルCS
ベルシャザールJCダート
マルセリーナ桜花賞
エリンコートオークス
アベンチュラ秋華賞
ホエールキャプチャヴィクトリアマイル
レーヴィディソール阪神JF
スノードラゴンスプリンターズS
リアルインパクト安田記念
グランプリボス朝日杯FS/NHKマイルカップ
グレープブランデージャパンダートダービー/フェブラリーステークス
アドマイヤラクティコーフィールドカップ(豪)
ビッグロマンス全日本2歳優駿


海外馬

性別主な勝利レース
フランケル(GB)セントジェームズパレスSなど多数
エアロヴェロシティ(NZ)セン香港スプリント/高松宮記念
デインドリーム(GER)凱旋門賞/KG6&QE2Sなど
ナサニエル(IRE)KG6&QE2S/エクリプスS


種牡馬成績

ロードカナロア、オルフェーヴル、リアルインパクト、グランプリボス、トーセンラーなどが種牡馬入り。
ロードカナロアは歴史的名牝アーモンドアイが代表産駒だが他はダノンスマッシュをはじめ中距離以下の馬が多く、ダートでもレッドルゼルが交流G1を勝っている。オルフェーヴルは芝でG1を4勝の女傑ラッキーライラックや皐月賞馬エポカドーロ、ダートでBCディスタフ勝ちのマルシュロレーヌが出た他、障害重賞馬も出た。
フランケルはヨーロッパで活躍馬が多いが日本調教馬も現時点で3頭がG1勝ちしている。ナサニエルはエネイブルを出したことで有名。

種牡馬産駒
オルフェーヴル
ロードカナロア
リアルインパクト
フランケル
ナサニエル

関連タグ

10世代 ← 11世代 → 12世代

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「11世代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19057

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました