2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

名前トルカータータッソ
欧字表記Torquator Tasso
品種サラブレッド
性別
毛色栗毛
誕生日2017年4月21日
アドラーフルーク
Tucana
母父Toylsome
産地ドイツ
管理調教師マルセル・ヴァイス(ドイツ)
生産Paul H. Vandeberg
馬主Gestut Auenquelle
主な勝ち鞍ベルリン大賞2020/バーデン大賞2021/凱旋門賞2021


概要

ドイツの競走馬。
強豪ひしめく2021年凱旋門賞の優勝馬で、おもに地元ドイツで活躍している。現時点でG1・3勝。
ガリレオキングズベストを出したアレグレッタ牝系の出身。
因みに馬名は16世紀のイタリアの叙事詩人であるトルクァート・タッソが由来。

評価/強み

脚質は先行~差し。レース中は中団付近に控えて、終盤で前に出て差し切る競馬を得意とする。
凱旋門賞後のインタビューなどからわかるように人懐っこく、騎手の指示に従わなかったり、騎手を振り落とそうとしたりもしない。

気候ゆえに重馬場得意な傾向のあるドイツ馬の例にもれず、本馬も重馬場が大得意な重馬場巧者。凱旋門賞では糊のようにグチョグチョの重馬場を物ともせずに勝利を収めている

生涯/戦績

デビュー前

2017年4月21日、ベルギーのオーナーブリーダー(馬主兼生産者、日本ではメジロ牧場などが有名)、ポール・ヴァンデベルクがドイツに所有する牧場にて生を受けた。
オーナーブリーダーの元に生まれたものの本馬はセリに出され、ドイツの競走馬生産牧場「アウエンケルスタッドファーム」に購入された。

その後、女性調教師マルセル・ヴァイスの厩舎に預託され、競走馬生活がスタート。
ちなみに、ヴァイス調教師はこの年に自分の厩舎を開業したばかりの新人調教師で、トルカータータッソはヴァイス厩舎初めての管理馬の一頭となった。

メイクデビュー~3歳時

トルカータータッソのデビューは遅く、3歳になってからであった。
陣営がデビュー戦に選んだのは、2020年5月9日のスペルドルフ賞(未勝利戦・ミュールハイム競馬場芝2000m)。R.ピエチュレク騎手を鞍上に迎え、11頭中6番人気に推されるも、4着と敗北。

次走は、1か月後の条件戦、ジョージアルヌルレネン(ケルン競馬場芝2200m)鞍上はB.ムルザバイェフに乗り替わりとなった。
8頭中2番人気であったものの、見事に勝利をおさめ、未勝利脱出を果たした。

重賞初挑戦

無事に未勝利脱出を果たしたトルカータータッソ。陣営は次走に、初の重賞かつG1初挑戦となるドイチェスダービー(ハンブルク競馬場 芝2400m)を選択。
ダービーだけあって錚々たるメンツが顔を連ねる中、条件戦で1勝したのみの本馬は完全な穴馬扱いで、単勝オッズ23.2倍、18頭中9番人気だった。
そして7月12日のダービー本番、騎手は再び乗り替わりJ.ミッチェル。道中は控えめな競馬で進むも、最終直線で一気の追い上げを見せ、並み居る他馬を交わして2着
1着のインスウープを3/4馬身差まで追い詰めた。

初重賞で2着に食い込み、次走は9月13日のG1バーデン大賞(バーデンバーデン競馬場・芝2400メートル)
今度は堂々の1番人気に推されるも、イギリスから遠征してきたバーニーロイコミュニケをとらえることができずに3着。
そして陣営は、次走を10月3日にホッペガルテン競馬場で行われるベルリン大賞に定めた。

重賞初勝利

そして、いざ始まったベルリン大賞(G1・芝2400m)
こちらでも1番人気に支持され、いつものように中団付近に控えて最後で抜け出す競馬となった。
稍重の馬場を物ともせず、猛追を駆けてきた2番人気ディカプリオをアタマ差で交わして勝利。
重賞初制覇がG1という僥倖を手にした。

その後は、G1連勝を狙って11月8日のミュンヘン競馬場でのバイエルン大賞(G1・芝2400m)に挑戦するも2着。
この時トルカータータッソをクビ差で破ったのは、単勝23.7倍の伏兵サニークイーン。まるでダービー時の自身のような境遇の馬に、トルカータータッソは久々の敗北を味わうこととなった。

4歳時

迎えた4歳シーズン、トルカータータッソは6月6日のバーデン経済大賞(G2・ミュールハイム・芝2200m)から始動。しかし、ここでは6着と大敗してしまう。

しかし、次走のハンザ大賞(G2・ハンブルク・芝2400m)では、見事1着をつかみ取る。
このレースには、前々走でトルカータータッソを破ったサニークイーンも出走しており、そのサニークイーンに4馬身半差で雪辱を果たした。
そしてこのレース後、ヴァイス調教師は国内で1走した後の凱旋門賞挑戦を表明した

その後、バーデン大賞(G1・バーデンバーデン・芝2400m)に出走。1番人気に応えるGⅠ2勝目で、凱旋門賞に弾みをつけた。

凱旋門賞2021


凱旋門賞を控えたころ、事前のブックメーカーによる賭けでは、トルカータータッソは14頭中13番人気だった
それもそのはず、凱旋門賞のメンツには

  • 第242回英ダービーの勝馬であり、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスも勝利したアダイヤー
  • 凱旋門賞と同じパリロンシャン芝2400mのパリ大賞で、後続を6馬身ちぎり捨てたハリケーンレーン
  • 欧州最強との呼び声も高いタルナワ
  • 日本馬の悲願を背負い、グランプリ3連覇のクロノジェネシスと、凱旋門賞の前哨戦、フォワ賞を勝利したディープボンド
  • ヨークシャー、英オークスを大差で勝利し、鞍上に「熱いナイフでバターを切る様な感覚になった」とまで言わしめ、かつ3歳牝馬で斤量も軽いディープ産駒、スノーフォール
  • そのスノーフォールと同じ厩舎で、鞍上に日本のレジェンド、武豊を迎えたブルーム
などの有力馬がそろっており、これまで国外の競走に出たことがなく、ただでさえ一段低く見られがちなドイツ馬のトルカータータッソは完全に穴馬扱いだったのである。

そして2021年10月3日、14頭の駿馬が世界中からパリロンシャン競馬場に集った。
当日、パリロンシャンの馬場は、降り続いた雨でとんでもない重馬場になっており、各馬がどのようにレースを進めるかが注目された。
ゲートが開くと、武豊騎乗のブルームが先頭に立ち、日本からのクロノジェネシスが大外を回って2番手につける。
トルカータータッソは一瞬先頭集団に取りついたものの、いったん下がって中団に控え、そのままフォルス・ストレートを過ぎて最終直線に入ったところで進出を開始。
タルナワ、ハリケーンレーンが先頭争いを演じているところを外から強襲し、そのまま抜け出し先頭に立つ。
そして、栄光のゴール板を真っ先に通過した。

このレースで、トルカータータッソはドイツ馬としては2011年のデインドリーム以来となる凱旋門賞馬という名声のみならず「初めて女性馬主、女性調教師で凱旋門賞を制覇した馬」という栄誉を手にすることとなった。
レース後、ヴァイス調教師は「言葉が出ない。今年の凱旋門賞を考えたら4着か5着でも喜べると思っていた。馬場が助けてくれたね」とコメント。天をも味方につけた勝利だった。

凱旋門賞後

凱旋門賞の後は、バーデン大賞で得た優先出走権を使いジャパンカップに参戦するなど複数の選択肢があったものの、来日は見送られた。年内は休養し、来年に向けて英気を養うとのことである。

余談

友情の勝利

凱旋門賞で鞍上を務めたのはレネ・ピーチェレク騎手だが、実は彼が使っていた鞍はジャパンカップや短期免許で来日し、アイヴォンホウイトウに騎乗したフィリップ・ミナリク騎手のものだった。
ミナリク騎手とピーチェレク騎手は親友で、ピーチェレク騎手はジャパンカップの際も調教担当として一緒に来日していたという。
ミナリク騎手は前々から「凱旋門賞に出たい」と話していたが、2020年に落馬事故に遭遇。一時期意識不明の重体となる重傷を負い、命を取り止めたものの引退を余儀なくされてしまった
騎手を引退する際、ミナリク騎手は自分の愛用していた鞍をピーチェレク騎手に譲り、そしてピーチェレク騎手は、凱旋門賞に出たがっていた親友の鞍で凱旋門賞を勝利
まさに友情の末の勝利であった。
ちなみに、その鞍はジャパンカップで来日した際、美浦トレセンで購入したものであり、北海道に本社を置く馬具メーカー、ソメスサドルが製作したものとなっている。

実はかわいいトルカータータッソ

凱旋門賞では、勝利馬が馬主、調教師、騎手とともに、輓馬の引く特設ステージでインタビューを受けるのが恒例である。
普通の馬であれば大人しく立っているのだが、トルカータータッソは違った。
まずは鞍上を務めたピーチェレク騎手をねぎらうように顔を擦り付け、続いて向かって左で手綱を取るヴァイス調教師とさらにその隣の馬主にも頬ずりをした。
調教師や騎手、さらには馬主との絆の深さをうかがえる場面であり、日本の競馬ファンたちからは「かわいい」という評価が寄せられ、一時期Twitterでは、「トルカータータッソ」と入力すると「かわいい」というサジェストが出てくるようになった。

曾祖父の無念

トルカータータッソの血統をたどると、母方の曾祖父にドイツの伝説的強豪馬アカテナンゴがいるが、そのアカテナンゴは1986年の凱旋門賞に出走した事がある。因みにアカテナンゴは凱旋門賞に臨む一月前にドイツのGⅠレースであるバーデン大賞を5馬身差の大差で制しており、此処までGⅠ4連勝を含む12連勝を記録。その為か国外レース未出走ながら5番人気を獲得していた。
しかし結果はキングヘイローキョウエイマーチの父親であるダンシングブレーヴの7着で入線という敗戦を喫した為、トルカータータッソは曾祖父アカテナンゴの無念を晴らした形となった。
また、殿負け(14着)を喫したディープボンドは母方の曾祖父がそのダンシングブレーヴであり、ある意味二重でアカテナンゴの雪辱を果たしている。

30年前の有馬記念の番狂わせとの関連...?

トルカータータッソが勝利の栄誉を手にした2021年の凱旋門賞。
このレースの結果は2着が2番人気のアイルランドのタルナワ、3着が1番人気のイギリスのハリケーンレーンであった。
図らずもトルカータータッソはまるで1991年の有馬記念を世紀の大番狂わせとして制覇した馬の様な結果を作っている。
この時も優勝したダイユウサクはブービーの14番人気、2着が1番人気のメジロマックイーン、3着が2番人気のナイスネイチャという着順である(因みにダイユウサクのレース内容はスタートから中団に位置を取り、最終直線で追い込みをかけて制するという、トルカータータッソとほぼ全く同じ戦法だった)。

重馬場◎

トルカータータッソが凱旋門賞を制したというのは日本においては驚かれており、日本国内におけるトルカータータッソの凱旋門賞のオッズは単勝110.5倍の穴馬。しかし、情報を駆使して見事引き当てた猛者もいた
というのもドイツ馬は重馬場に強いとされており、先述したように凱旋門賞当時は糊のような重馬場だった為、そこを調べれていれば取れた可能性が高かったのである。
いつの時代でも、競馬では情報収集が大切であることがわかる話となった。

関連動画

トルカータータッソが無限にニンジンを食べる動画


関連記事

競走馬
凱旋門賞

関連記事

親記事

20世代 にじゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トルカータータッソ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました