ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

JRAヒーロー列伝

夢よ、何度でも。

夢は、一度では終わらない。グランプリの舞台で幾度と重ねた栄光。

偉大な記録とともに、名牝は、新たな歴史を作り出した。

(JRAヒーロー列伝No.88「クロノジェネシス」)


概要

2016年3月6日生まれの競走馬繁殖牝馬

生涯成績17戦8勝。

主な勝ち鞍は秋華賞(2019年)、宝塚記念(2020年・2021年)、有馬記念(2020年)。


生産者:ノーザンファーム

父:バゴ 母:クロノロジスト(母父:クロフネ

姉にノームコアがいる。

バゴは日本軽種馬協会所有の種牡馬種付料は安く、仔馬時代はあまり期待されておらず、一口馬主法人「サンデーサラブレッドクラブ」では総額1,400万円(1口35万円×40口)で募集された格安の馬だった。


2018年に斉藤崇史厩舎(栗東トレーニングセンター)に入厩。

9月2日、小倉競馬場の新馬戦(芝1800m)でデビューし1着。阪神ジュベナイルフィリーズ2着。


2019年、クイーンCで重賞初制覇。クラシックは桜花賞オークスどちらも3着。秋華賞でGⅠ初制覇、エリザベス女王杯5着(同期の桜花賞馬「マイル界の絶対女王」グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーとクラシック三冠を分け合う形となった)。


2020年、京都記念で重賞3勝、宝塚記念史上最大着差の6馬身差でGⅠ2勝目、天皇賞(秋)で3着、有馬記念でGⅠ3勝と史上11頭目の同一年両GP制覇を達成する。

同年の特別賞受賞。


2021年、宝塚記念では、主戦・北村友一の怪我による長期休養により、クリストフ・ルメールが鞍上だった。ゴールドシップ以来史上2頭目の連覇と、史上3頭目のグランプリレース3連覇(3連勝※)も達成、GⅠ4勝。

※それまでの2頭は「有馬→宝塚→有馬(連覇)」のローテで成し遂げており、「宝塚→有馬→宝塚(連覇)」のローテで成し遂げた競走馬としては初であった。


その後は凱旋門賞への挑戦を表明。オイシン・マーフィーとの初コンビを結成することになった。迎えた凱旋門賞ではスタート直後かなり大外へ行き、2番手につける。しかし、糊のような重馬場に足を取られて伸び切らず、結果は7着だった。


引退レースの有馬記念は道中エフフォーリアから徹底マークされ、同じく有馬記念をラストランとするキセキがラスト直線で前に立ち塞がったことも影響し、結果は3歳馬・エフフォーリア、凱旋門賞で共に戦ったディープボンドに次ぐ3着。史上初のグランプリレース4連覇(4連勝)は叶わなかった。


関連イラスト

オリジナルウマ娘

オリジナル史実ウマ娘落書き1凱旋門

現役中は黒かったが芦毛であり、今後は白くなる予定。そのため公式にウマ娘化する場合、髪色は白っぽくデザインされると予想される。


関連タグ

19世代 競走馬

ゴールドシップ:同じ3月6日生まれの宝塚記念2連覇&有馬記念制覇の芦毛のグランプリホース。他にも実績でいろいろ共通点があるが、牡馬である。

関連記事

親記事

19世代 いちきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 200962

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました