ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ワンダーアキュート

わんだーあきゅーと

ワンダーアキュートはJRAの元競走馬、種牡馬。JBCクラシックで和田竜二騎手にテイエムオペラオー以来となるGⅠ級勝利を掴ませ、かしわ記念では日本史上最高齢GⅠ勝利(9歳)達成。JCダートでは史上初の同一GⅠ3年連続2着という珍記録も達成している。
目次 [非表示]

曖昧さ回避


概要

応援馬たち

ワンダーアキュートは2006年3月14日生まれの競走馬(09世代)。

父カリズマティック、母ワンダーヘリデージ。


1戦を除いて全てダートを走り、通算48戦13勝。

GⅠ級は3勝。とくに9歳での平地GⅠ級勝利は史上初の快挙。

一方でGⅠ級2着7回、更に史上初の同一GⅠ3年連続2着も記録したというシルバーコレクターでもある。


主戦騎手は和田竜二武豊(2013年6月~2014年)。

略歴

2009年1月にデビュー。5戦目にGⅡ青葉賞で重賞初挑戦、10着。これが最初で最後の芝レースとなる。1000万下条件戦を勝利後、JpnⅠジャパンダートダービーで初のGⅠ級挑戦、5着。


7戦目から和田竜二騎手に乗り代わり1600万下、GⅢシリウスステークス(重賞初制覇)、GⅢ武蔵野ステークスと3連勝。更にGⅠジャパンカップダートに初挑戦、6着。


その後GⅢみやこステークス6着、オープン勝利、GⅠ東京大賞典10着。


2011年、東海ステークスで重賞3勝目。 ジャパンカップダートで2着(勝ち馬トランセンド)、東京大賞典も2着。


2012年、GⅠフェブラリーステークス3着。


JBCクラシックで6歳にしてGⅠ級(JpnⅠ)初制覇。鞍上の和田竜二騎手にとっても、テイエムオペラオー以来11年ぶりのGⅠ級制覇だった。


ジャパンカップダートでは2着(勝ち馬ローマンレジェンド)。


2013年、川崎記念2着、フェブラリーステークスと帝王賞で連続3着、JBCクラシック2着。


そして ジャパンカップダートでも2着(勝ち馬ベルシャザール)。

これにより、史上初の同一GⅠ3年連続2着、史上3頭目の同一重賞3年連続2着という珍記録を達成。


続いて東京大賞典でも2着。


2014年、JpnⅠ帝王賞を勝ちGⅠ級2勝目。


2015年、JpnⅠかしわ記念に勝利し、GⅠ級3勝目。

9歳馬の平地GⅠ級勝利は史上初であり、2022年現在も日本の最年長記録である。


その後は帝王賞8着、南部杯3着、チャンピオンズカップ6着と走り、年末の東京大賞典の3着をもって引退。アロースタッドで種牡馬入りしているが、リストから消滅している、


レース映像


2011年のGⅠ「東京大賞典」では、武豊騎乗で覚醒し7連勝中のスマートファルコンをハナ差まで追い詰める激走で、前走のGⅠ「ジャパンカップダート」に続く連続2着。


2012年のJpnⅠ「JBCクラシック」では和田騎手に11年ぶりのGⅠ級勝利(テイエムオペラオーの2001年GⅠ天皇賞(春)以来)をプレゼント。


2014年のJpnⅠ「帝王賞」では武豊騎手を鞍上に、コパノリッキーを2馬身千切って勝利。


2015年のJpnⅠ「かしわ記念」制覇時の馬齢は9歳。これが平地GⅠ級レースの最年長勝利記録となっている。


2011~13年のGⅠ「ジャパンカップダート」(現チャンピオンズカップ)では3年連続2着惜敗。

JRA同一平地GⅠ3年連続2着は史上初(※2)の出来事だった。

(他の例は2024年5月現在、2017~19年、クロコスミアエリザベス女王杯及び2021〜2023年、ディープボンド天皇賞(春)、2018〜2021オメガパフュームJBCクラシック(4年連続)の3例)


ラストランは2015年12月29日のGⅠ「東京大賞典」。サウンドトゥルーホッコータルマエからは離されたが、コパノリッキーをゴール前で交わし3着と意地を見せた。


ライバル

同時代にはスマートファルコンホッコータルマエコパノリッキーなど強大なライバルが多かった。

ホッコータルマエとは3勝9敗、コパノリッキーとは4勝5敗、トランセンドとは5勝3敗、エスポワールシチーとは5勝4敗。

関連項目

和田竜二騎手のGⅠ級お手馬

テイエムオペラオー ミッキーロケット


最年長GⅠ勝利記録

◯JRA平地GⅠ(8歳)

カンパニー(09年天皇賞(秋)マイルチャンピオンシップ

ウルトラファンタジー(10年スプリンターズステークス

キンシャサノキセキ(11年高松宮記念

◯JRA障害J・GⅠ(12歳)

カラジ(07年中山グランドジャンプ


同一重賞3年連続惜敗の仲間たち

ディープボンド……GⅠ「天皇賞(春)」で同一GⅠ3年連続2着(2021-2023年)

 ※3戦全て和田竜二騎乗

クロコスミア……GⅠエリザベス女王杯で同一GⅠ3年連続2着(2017-2019年)

ヤマニンフォックス……GⅢ「愛知杯」で同一重賞3年連続2着(1993-1995年)

ロサード……GⅢ「北九州記念」で同一重賞3年連続2着(2000~2002年)

ナイスネイチャ……GⅠ「有馬記念」で同一GⅠ3年連続3着(1991-1993年)

ナリタトップロード……GⅠ「天皇賞(春)」で同一GⅠ3年連続3着(2000-2002年)

ゴーカイ……J・GⅠ「中山大障害」で同一重賞3年連続2着(1999-2001年)

関連記事

親記事

09世代 ぜろきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1158223

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました