ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

日本中央競馬会(JRA栗東トレーニングセンター所属・フリーランス騎手

日本騎手クラブ副会長兼関西支部長。

通算成績:20709戦1460勝(2023年8月現在)


来歴

1977年

6月23日、滋賀県栗東市に生まれる。

父も兄も厩務員として働く競馬一家であった。父は松永善晴厩舎で務めていた時期があり、竜二も当時現役であったナイスネイチャと接点を持つ(2022年12月に自身のYouTubeチャンネルでアップした動画内で語っている)。また、ナイスネイチャのエピソードで欠かす事の出来ない馬場秀輝厩務員とも、厩舎へ訪れた際にお小遣いを貰ったりするなどの縁があったという。


1993年

日本中央競馬会競馬学校千葉県白井市)に第15期生として入学。同期には福永祐一古川吉洋細江純子等がおり、スター騎手を多く輩出した「馬事公苑・花の15期生」に因み、「競馬学校・花の12期生」と呼ばれた。


1996年

3月1日、JRA・平地の騎手免許を取得。岩元市三厩舎(栗東トレーニングセンター)所属となった。

3月2日、阪神競馬場の4歳未勝利戦で騎手デビュー。

12月7日、サージウェルズステイヤーズステークスを勝ち、同期で最初の重賞勝利となった。

この年は33勝を挙げ、関西の新人騎手賞にあたる中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞。


1998年

岩元厩舎に入厩してきたテイエムオペラオーと運命の出逢いを果たす。岩元師の方針もあり、デビューから引退まで全レースを騎乗する事となった。

8月15日、京都競馬場の3歳新馬でテイエムオペラオーがデビュー。クラシックステージの2着に敗れた。


1999年

2月6日、京都競馬場の4歳未勝利でテイエムオペラオーが3戦目で初勝利。

4月18日、テイエムオペラオーで皐月賞を勝ち、GⅠ初勝利。

12月26日、テイエムオペラオーで有馬記念に出走。グラスワンダー(的場均騎乗)・スペシャルウィーク(武豊騎乗、同レースが引退レース)とタイム差なしの3着と健闘した。


2000年

古馬となったテイエムオペラオーは、京都記念阪神大賞典天皇賞(春)→宝塚記念京都大賞典→天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念、と重賞を8連勝(うちGⅠ5勝)という、当時の古馬中長距離GⅠ完全制覇(と史上初の秋古馬三冠を達成。


しかし、テイエムオペラオーが引退した2002年以降は、中央・地方問わず勝利数を稼ぎ、関西リーディングの上位常連となるなどベテランジョッキーとして活躍するものの、GⅠを勝つ事が出来なくなった。


2010年

4月8日、岩元厩舎を離れ、フリーランスとなる。


2012年

11月5日、JBCクラシック(川崎競馬場)でワンダーアキュートJpnⅠに勝利する。フリーになり、自分が強いと思う馬を選んで乗れるようになり、成績が上向いた。


2018年

2月28日、岩元師が定年で引退。

5月17日、テイエムオペラオーが死去。和田は北海道開催の際に1度引退後のテイエムオペラオーを訪ねたものの『もう一度GⅠに勝って一人前の騎手になり、胸を張って会いに行きたい』との考えから訪れることはなく、再会できないままだった。

6月24日、宝塚記念ミッキーロケットに騎乗し、香港年度代表馬ワーザーの猛追を退け優勝。2001年天皇賞(春)以来、17年ぶりの中央GⅠ勝利となった。勝利騎手インタビューで和田は「オペラオーが後押ししてくれた」と涙ながらに語った。


2019年

1月30日、川崎記念ミツバで勝利。ミツバは7歳にしてJpnⅠ初勝利であった。


2022年

JRA通算1400勝を達成。


騎乗スタイル・人物

騎乗スタイルは前目につける競馬(先行策)を得意とする。これは岩元師が競走馬の脚に負担をかけるとして後ろからの競馬を好まず、普段から前目につけるよう教えていたため(岩元厩舎に瞬発力に優れたサンデーサイレンス系の競走馬があまりいなかったことも一因)。

人気の有無にかかわらずとにかく馬を先行させ、直線早仕掛け気味に追い出して押し切る戦法をとることも多い他、少しでも直線で脚を残せるように距離ロスを無くして馬を運ぶため、道中や直線で思い切り馬群に潜り込む・内ラチ沿いを突くこともある。


馬券師の間では人気馬での勝率が低いことをネタにされる一方、ガンガン追っていくスタイル故にか人気薄の馬やズブい馬を1着または馬券圏内まで持ってくることが多いため、「人気が微妙なときの和田は買っておけ」と言われることもある。

だがデビュー年から2022年現在までの27年間、毎年重賞を連対している数少ない騎手であり、これより長い記録は武豊騎手の36年や同期の福永祐一騎手の27年だけという偉大な記録であり、和田騎手が一流という証である。


普段は真面目かつ物静かな人物でがとにかく明るい性格で、騎手仲間のムードメーカー的存在。

年2回行われる「ファンと騎手との集い」では、「宴会部長」的な役割を担っており、コスプレやらドッキリやら何でもこなす。

だがそのキャラが裏目に出た。2006年のイベントで和田は、池添謙一藤岡佑介と共に寝起きドッキリを仕掛けたのだが、武豊に仕掛けた際、実は武・池添・藤岡・福永祐一柴原央明が仕組んだ「逆ドッキリ」であったことが発覚。もちろん和田はこれに気づかないまままんまと引っ掛かり、あまりの緊張感からネタばらし後に泣いてしまったほどである。

福永によると、「(和田は武豊に)常日頃から異常なほどの恐怖感を感じている人間」らしい。

しかも2017年には、和田から繋がる甥っ子としての立場を利用された岩崎翼も、「恐怖の先輩」川田将雅らによる逆ドッキリにまんまと引っ掛かり、ガチで泣いている。


関連イラスト

2018年 第59回宝塚記念

17年ぶりのGⅠ勝利に男泣き。テイエムオペラオー(ウマ娘)も祝福。


関連動画

2022年11月、引退競走馬に着目したYouTubeチャンネルを開設。


関連タグ

騎手 テイエムオペラオー オグリキャップ 秋古馬三冠

テイエムオペラオー(ウマ娘) ワンダーアキュート(ウマ娘) ワダオペ ミッキーロケット


外部リンク

Xアカウント

Wikipedia:和田竜二

YouTubeチャンネル:和田竜二の引退競走馬を追う‼︎

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1455468

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました