ピクシブ百科事典

和田竜二

わだりゅうじ

日本中央競馬会(JRA) 栗東トレーニングセンター所属の騎手である。
目次[非表示]

概要

1977年6月23日生まれ、滋賀県出身。父も兄も厩務員として働く競馬一家として過ごす。

1996年デビュー。同期に福永祐一細江純子らがいるが、その「競馬学校・花の12期生」と呼ばれるグループの中で一番最初に重賞を制覇。通算33勝を挙げ、関西の新人騎手賞にあたる中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞。

98年、所属する岩元市三厩舎に入厩してきた馬と、運命の出逢いを果たす。それがテイエムオペラオーである。
岩元調教師の方針もあり、結果的に全レースの手綱を握る事になった和田は、オペラオーとのコンビで99年皐月賞を制し、同年有馬記念グラスワンダー(的場均騎乗)・スペシャルウィーク(武豊騎乗、同レースが引退レース)とタイム差なしでゴールし2000年古馬戦線へ進出すると、京都記念阪神大賞典天皇賞(春)→宝塚記念京都大賞典→天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念、と重賞を8連勝(うちG1 5勝)という、当時の古馬中長距離G1完全制覇を、若くして成し遂げた。

しかし、オペラオーが引退すると、勝利数は稼ぐものの、その勢いがフロックであったかのようにG1を勝つ事が出来なくなった。2012年のJBCクラシック(川崎競馬場)でワンダーアキュートに騎乗して勝利するものの、中央G1では120連敗という散々なもの。
しかも2018年に入り、師匠である岩元市三調教師が定年で引退、テイエムオペラオーも5月に他界するなど、悲運が続いた。
だが、2018年6月24日に開催された第59回宝塚記念で、和田はミッキーロケットに騎乗。香港年度代表馬ワーザーの猛追を退け優勝。2001年天皇賞(春)を制して以来、17年ぶり悲願のG1制覇となった。勝利騎手インタビューで和田は「(天国の)オペラオーが後押ししてくれた」と語った。

人物

とにかく明るい性格で、騎手仲間のムードメーカー的存在。
年2回行われる「ファンと騎手との集い」では、「宴会部長」的な役割を担っており、コスプレやらドッキリやら何でもこなす。
だがそのキャラが裏目に出た。2006年のイベントで和田は、池添謙一藤岡佑介と共に寝起きドッキリを仕掛けたのだが、武豊に仕掛けた際、実は武・池添・藤岡・福永祐一柴原央明が仕組んだ「逆ドッキリ」であり、勿論まんまと引っ掛かり、あまりの緊張感からネタばらし後に泣いてしまったほどである。
福永によると、武豊は「常日頃から異常なほどの恐怖感を感じている人間」らしい。
しかも2017年には、和田から繋がる甥っ子としての立場を利用された岩崎翼も、「恐怖の先輩」川田将雅らによる逆ドッキリにまんまと引っ掛かり、ガチで泣いている。

関連イラスト

2273 宝塚記念 ~ゴール直後の男泣き~


17年ぶりの勝利に男泣き。テイエムオペラオー(ウマ娘)も祝福。

関連タグ

騎手

外部リンク

Twitterアカウント
Wikipedia

関連記事

親記事

騎手 きしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「和田竜二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2795

コメント