ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ブリーダーズゴールドカップ
0
ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬の重賞競走(ダートグレード競走、JpnⅢ)。

概要

門別競馬場で施行される重賞レースで格付けはJpnⅢダート2000mで争われる。


1989年、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央競馬地方競馬の交流競走として創設。

1994年までは札幌競馬場のダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年より旭川競馬場のダート2300mに変更。施行時期も夏季となり、旭川開催における最大のレースとして定着していた。

2008年でホッカイドウ競馬の旭川開催が終了したため、2009年より門別競馬場のダート2000mに変更された。

創設時より内国産馬限定で施行されてきたが、2006年から外国産馬も出走可能になった。


第1回の1着賞金は3000万円で、最も高かった第8回(1998年)から第13回(2001年)までは5000万円が設定されるなど、ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとしての地位を保ち続けている。

1997年よりダート競走格付け委員会によってダートグレード競走に指定、ホッカイドウ競馬の競走では最高のGⅡに格付けされた(その後格付表記はJpnⅡに変更)。創設当時、地方競馬で施行される中央と地方のダート交流重賞は本競走と帝王賞大井競馬場)しかなく、中央・地方交流重賞としては長い歴史を持つが、GⅠJpnⅠ)に格上げされることはなかった。


2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更され、あわせて格付けもJpnⅢに格下げとなった。また、GRANDAME-JAPAN古馬シーズンの対象競走にも指定された。

2014年から牝馬限定競走となったことから、競走の位置づけが大きく変わり、JBCレディスクラシックを見据えたレースとなる。


競走条件

出走資格

サラブレッド系3歳以上牝馬、出走枠は中央競馬所属馬5頭、地方他地区所属馬4頭、北海道所属馬7頭と定められている。


負担重量

別定。3歳53kg、4歳以上55kgを基本に、本年8月5日までのGⅠJpnⅠ競走優勝馬は3kg増、GⅡJpnⅡ競走優勝馬は2kg増、GⅢJpnⅢ競走優勝馬は1kg増(2歳時の成績は対象外)。


関連タグ

JpnⅢ ダートグレード競走 門別競馬場 地方競馬

概要

門別競馬場で施行される重賞レースで格付けはJpnⅢダート2000mで争われる。


1989年、サラブレッド系4歳(現3歳)以上の馬による中央競馬地方競馬の交流競走として創設。

1994年までは札幌競馬場のダート2400mで秋季に施行されていたが、1995年より旭川競馬場のダート2300mに変更。施行時期も夏季となり、旭川開催における最大のレースとして定着していた。

2008年でホッカイドウ競馬の旭川開催が終了したため、2009年より門別競馬場のダート2000mに変更された。

創設時より内国産馬限定で施行されてきたが、2006年から外国産馬も出走可能になった。


第1回の1着賞金は3000万円で、最も高かった第8回(1998年)から第13回(2001年)までは5000万円が設定されるなど、ホッカイドウ競馬における最高賞金レースとしての地位を保ち続けている。

1997年よりダート競走格付け委員会によってダートグレード競走に指定、ホッカイドウ競馬の競走では最高のGⅡに格付けされた(その後格付表記はJpnⅡに変更)。創設当時、地方競馬で施行される中央と地方のダート交流重賞は本競走と帝王賞大井競馬場)しかなく、中央・地方交流重賞としては長い歴史を持つが、GⅠJpnⅠ)に格上げされることはなかった。


2014年より3歳以上の牝馬限定戦に変更され、あわせて格付けもJpnⅢに格下げとなった。また、GRANDAME-JAPAN古馬シーズンの対象競走にも指定された。

2014年から牝馬限定競走となったことから、競走の位置づけが大きく変わり、JBCレディスクラシックを見据えたレースとなる。


競走条件

出走資格

サラブレッド系3歳以上牝馬、出走枠は中央競馬所属馬5頭、地方他地区所属馬4頭、北海道所属馬7頭と定められている。


負担重量

別定。3歳53kg、4歳以上55kgを基本に、本年8月5日までのGⅠJpnⅠ競走優勝馬は3kg増、GⅡJpnⅡ競走優勝馬は2kg増、GⅢJpnⅢ競走優勝馬は1kg増(2歳時の成績は対象外)。


コメント

コメントはまだありません

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー