ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

アニメ版1期第1話で初登場。

敏腕トレーナー東条ハナの指導に忠実に従う統率の取れたチームで、モデルとなった競走馬たちさながらトレセン学園で「最強」と謳われる程のエリート生が集まっている。


いずれも劣らぬ実力者達であるが高飛車な雰囲気はあまり無く、基本的には気さくで人当たりのよいウマ娘ばかりである。

一時はリギルに所属しながらもチームスピカへの移籍を選んだサイレンススズカとの間にも溝やわだかまりはない。

劇中で新メンバーを募る際には入部テストが行われており、数十人の入部希望者の中から最速のタイムを出したエルコンドルパサーひとりが合格している。

移籍したスズカやリギルの入部テストにも参加したスペシャルウィークが所属し、ハナの同僚で付き合いの長い沖野Tが率いるスピカとは良好な関係である様子も描かれ、互いのメンバーが出走するレースを共に現地やテレビモニター越しで応援していた。


チーム名

天体の一等星が由来である。

ケンタウルス座を構成する一等星(三重連星)はアルファ・ケンタウリと呼ばれており、その中でも主星(=ケンタウルス座α星A)の固有名となっているのが

「リギル・ケンタウルス(Rigil Kentaurus)」

である。

日本ではこのリギルという呼び方はあまり知られていなかったが、これがきっかけで定着して欲しいところでもある。


所属メンバー

トレーナー

東条ハナ


ウマ娘


☆モデルがJRA顕彰馬


モデル馬と考察

スズカ移籍後のウマ娘達のモデル馬となった10頭のうち、6頭が顕彰馬(殿堂入りした馬)である。


一方で「もし普通に走れていれば…」と思わせるようなキャリアのある馬が多いのも特徴で、特に典型的なのは三冠確実と言われながらも屈腱炎のために4戦で引退したフジキセキ号である。

マルゼンスキー号も伝説的な強さばかりが語られるが、実は脚部不安からほとんど万全で走れなかったとされる。

さらにマルゼンスキー号は持込馬であり生まれは日本であったが、当時の規定により外国産馬として扱われクラシック三冠などには出られなかった。

主戦騎手の「大外枠でいい、賞金もいらない、ダービーに出走させてくれ」というフレーズは有名である。


ヒシアマゾン号グラスワンダー号エルコンドルパサー号も外国産馬でクラシックや天皇賞に出走していない。

特にグラスワンダー号については怪我で万全な状態でなかった点までマルゼンスキー号と似ており、朝日杯3歳Sを圧勝した際にその勝ちっぷりから「マルゼンスキーの再来」と評されていたが、奇しくも翌年以降はマルゼンスキー号同様脚部不安に悩まされた。


またサイレンススズカ号についても、レース中での大怪我による安楽死という無念の最期を迎えている。


なお2期までの時点では、上記3頭の外国産馬と持込馬であるマルゼンスキーを除くモデル馬はいずれも日本生産ながら父親が外国産馬または持込馬であるため、全員「父内国産馬」に該当していない、という共通点があった。

しかし3期でデアリングタクトが加わったことでこの法則は無くなった。


2023年11月2日現在、モデル馬で存命なのはグラスワンダー号とウマ娘化発表当時現役だったデアリングタクト号のみとなっている。


関連項目

ウマ娘プリティーダービー

ウマ娘プリティーダービー(アニメ)

ウマ娘 トレセン学園 ケンタウルス座

関連記事

親記事

トレセン学園 にほんうまむすめとれーにんぐせんたーがくえん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1245697

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました