ピクシブ百科事典

チームリギル

ちーむりぎる

チームリギルとは、アニメ版『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するチームである。
目次[非表示]

概要

 トレセン学園において「最強チーム」と謳われる集団。トレーナーの指導に忠実に従う統率の取れたチームで、モデルとなった競走馬を見ても名立たる強豪揃い(チームスピカも大概だが)。メンバーを募る際には入部テストが行われ、劇中では数十人の入部希望者の中から最速のタイムを出したエルコンドルパサーひとりが合格している。
 いずれも劣らぬ実力者だが、お高く留まった雰囲気はまるで無く、気さくで人当たりのよいウマ娘ばかり。一時はリギルに所属しながらもスピカへの移籍を選んだサイレンススズカとの間にも溝やわだかまりはない。
 星座ケンタウルス座を構成する一等星(三重連星)はアルファ・ケンタウリと呼ばれており、その中でも主星(=ケンタウルス座α星A)の固有名となっているのが「リギル・ケンタウルス (Rigil Kentaurus) 」である。

所属メンバー

トレーナー

東条ハナ

ウマ娘


※ちなみに、リギルメンバーのモデルになった馬の中で2018年6月1日現在で存命なのは、ヒシアマゾン(27歳)、タイキシャトル(24歳)、グラスワンダー(23歳)の3頭である。
※名前横の☆はモデルが顕彰馬

このチームリギル、モデルに強力な実績馬が揃う一方で、もし普通に走れていれば・・・という夢の最強馬が多いのも特徴である。現に、モデルになった10頭のうち6頭が顕彰馬(殿堂入りした馬)である。
典型的なのは三冠確実と言われながら屈腱炎のために4戦で引退したフジキセキ。マルゼンスキーも脚部不安からほとんど本気で走れず、おまけに当時の外国産馬にはまともに出られるレースがなかった。(マルゼンスキーは持ち込み馬であり生まれは日本なのだが、当時の規定により外国産馬として扱われており、主戦騎手の「大外枠でいい、賞金もいらない、ダービーに出走させてくれ」というフレーズは有名)グラスワンダー、エルコンドルパサーも外国産馬でクラシックや天皇賞に出ておらず、特にグラスワンダーについては怪我で本気を出せないところまでマルゼンスキーっぽい。(グラスワンダーは朝日杯3歳Sを圧勝した際、その勝ちっぷりから「マルゼンスキーの再来」と評されていたが、奇しくも翌年以降はマルゼンスキー同様脚部不安に悩まされた)
こうしてみると、史実ではこれからというところで逝ってしまったサイレンススズカはかなりリギルっぽい存在で、彼女がリギルから元気印のスピカに移籍しているのは結構意味深である。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー ウマ娘 ケンタウルス座

pixivに投稿された作品 pixivで「チームリギル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34261

コメント