2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウマ娘シンデレラグレイの登場人物。
オグリキャップトレーナーである北原穣の叔父。北原の父方か母方かは現在不明。六十代。
腕利きのベテラントレーナーで「フェアリーゴッドファーザー」の異名を持つ(本人は嫌がっている)。
サングラスに帽子、杖を持っている。「馬鹿野郎」が口癖。
今より若い頃は髪の毛を伸ばしていているように見えたが、現在は髪の毛が見れない。
北原や小宮山勝美といった人間に対しては厳しいがウマ娘には優しい。

北原の両親の頼みで北原の新しい働き口を探させるために東海ダービーを観戦させ、彼がトレーナーになりたいというきっかけを作った人物。カサマツへの口利きを行ったとも描写されており、かなり影響力もある模様。

初登場は第7R。久しぶりに長期休暇ができたために岐阜へ里帰りしたらしく、北原と再会した。
この時に行われたレースはオグリキャップとフジマサマーチ、二度目の対決であった。

ちなみになぜかこの時、かつて北原がトレーナーになるよう説得した張本人のはずなのに「お前がトレーナーか。あのどうしようもなかったクソガキが生意気に」と言っていた。トレーナーになる以前の北原は就職しても長続きせずに辞めてしまった事が描写されているため、口利きをした彼も当初長続きは難しいと考えていたのだろうか。
読みにくい為か北原(とオグリ)からは「ろっぺいさん」と言われその都度訂正している。

また、この際に中央所属トレーナーであることが分かるや、ベルノライトからは「雲の上の人」と言われていた。
(カサマツのトレセン学園では中央については授業で「君たちは気にしなくていい」と言われるほどレベルの差がある)

北原との会話で彼がオグリキャップを育てていること、東海ダービーを目指していることを聞く。
そしてレースはオグリキャップが二度目の加速を繰り出し、見事に逆転勝利。
レース終了後、北原に予定を聴いたが、この時オグリキャップについて「中京盃には出すな」と忠告してその場を去った。

この際、オグリキャップのとんでもない、それこそ北原やベルノたちの想定以上のスペックを見抜いていたのは六平だけであった。
北原たちはオグリキャップは確かにすごいと思っていたが、どれぐらい凄いかは今一つ理解していなかった。

北原は六平の真意が見抜けず、「東海ダービー」を目指すためならばオグリに経験を積ませた方がいいと中京盃の出場を決める。

その中京盃においては忠告を無視した北原に怒鳴っており、かなりの焦りを見せる。
”東海ダービーに出るのならば中京盃を走らせないほうがいい理由”を知っていたからである。

北原とベルノがオグリキャップにとって慣れない遠征かつ芝での走りを心配する中、
彼だけは

「逆」だ あいつは オグリキャップは 一人だけ 国内最高水準

とオグリキャップの勝利を確信しており、作中でも非常に早い段階でオグリキャップの持つ実力の高さに気が付いている(尚、北原もこの時点で既にオグリの実力が少なくとも中央で戦える一線級のものであることには薄々勘づいていた模様)

そして、六平の嫌な予感は的中し、見学しに来ていたシンボリルドルフによってオグリキャップは中央へスカウトされる。

「だからやめとけつったんだ バカ野郎…」

トゥインクル・シリーズにも使われる中京レース場で活躍する事は中央にスカウトされる可能性があるため、カサマツで走らせたいなら中京盃は回避しろという意味での六平の忠告だったのだが、言葉が足りなかったために北原にはその真意が伝わっていなかったのである。(あるいは挑戦を諦めろとは言えなかったのか…)


その後は紆余曲折を経て中央に来たオグリキャップを北原の代わりに担当する。
他にもメイクンツカサクラフトユニヴァゴッドハンニバルというウマ娘を担当している。
ベテランだけあって指導力は高く、レースでもオグリに合ったアドバイスをしている。
また条件を出してその結果が出せなければ出走をさせない等、厳しいところがある。

大のマスコミ嫌いで、オグリの件でマスコミが殺到したため藤井泉助は特に嫌い。

奈瀬文乃の父親には散々やられたらしく、娘の文乃に対しても苦手意識がある模様。

ちなみにトレードマークのサングラスと帽子は若いころからつけているようで外した描写は今のところない。若い時にその姿を見た北原からは(幼かったから仕方ないとはいえ)完全に怖い人にしか見えずに大泣きされてしまい、3日ほどへこんだらしい。

甥の北原や後輩の小宮山等は何故か彼の前でレースを見ることが多くその度に驚いている。
ヤエノムテキのトレーナーである師範とは飲み仲間。

甥同様、気前がよく、夏休みとして休暇を取ったオグリとベルノに自身のカードを貸した。

余談

元ネタについて

元ネタと思われる人物は瀬戸口勉調教師。
中央に来たオグリキャップも担当していたことから候補に挙がっている。
(オグリキャップの妹であるオグリローマンも担当)

名前について

六平という名字は稀少な名字で約260人ほどしかいない。
読みはむさかろくひらむたかむつひらで、ろっぺいはない。
名前の由来としては俳優・六平直政氏が父から聞いたという話によると「六人の平氏が旗を立てた地に由来している」とのこと。秋田にその地があるらしいが福島にもあり両方の関連性は不明。
元々は平氏の赤旗から「六つ赤」これがなまって六平になったという説もある。(偶然なのか平氏の平の字が使われている)
近年は秋田県に見られ直政氏曰く「近所にいた六平姓は7,8軒くらいは親戚だった」という。
(ちなみにだが彼の役者仲間からの愛称は「ろっぺいちゃん」だったらしい)
また、銀次郎の出身地である岐阜県の笠松近辺には読み方の似ている「武鹿」「虫賀」(読みは両方とも「むしか」)という苗字も多く存在する。

異名について

一見するとトンチキな異名だが、ディズニー映画シンデレラ」で名前が与えられた魔法使いのおばあさん「フェアリー・ゴッドマザー」が元ネタと思われる。

なお、北原がオグリをシンデレラと例えたように作中でも丁度良く当てはまる人物が六平以外にも存在している。

・ノルンエースを筆頭としたカサマツの三名のウマ娘=意地悪な姉達と母親。相違点としては現在の交友関係が良好な点が挙げられるが、ディズニー映画の方のシンデレラの続編では母親は兎も角として姉とシンデレラの関係性は割と良好になっていることから元ネタの可能性が高い。
・六平=魔法使い。シンデレラに舞踏会へ向かわせる為に衣装等を与えるという点を競争者として育て上げるという点に置き替えていると思われる。
・北原=王子。恐らくエピソードとしては靴を落としたシンデレラを探し、最終的に辿り着くという点を中央受験に置き替えていると思われる。


関連タグ

ウマ娘プリティーダービー ウマ娘シンデレラグレイ
トレーナー(ウマ娘プリティーダービー)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「六平銀次郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「六平銀次郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました