ピクシブ百科事典

六平銀次郎

むさかぎんじろう

漫画「ウマ娘シンデレラグレイ」に登場する架空の人物。

概要


ウマ娘シンデレラグレイに登場する人物。
オグリキャップのトレーナーである北原穣の叔父。
サングラスに帽子、杖を持っている。馬鹿野郎が口癖。

北原の両親の頼みで北原の新しい働き口を探させるために東海ダービーを観戦させ、彼がトレーナーになりたいというきっかけを作った人物。カサマツへの口利きを行ったとも描写されており、かなり影響力もあるようだ。

初登場は第7R。久しぶりに長期休暇ができたために岐阜へ里帰りしたらしく、北原と再会した。
ちなみになぜかこの時、かつて北原がトレーナーになるよう説得した張本人のはずなのに「お前がトレーナーか。あのどうしようもなかったクソガキが生意気に」と言っていた。トレーナーになる以前の北原は就職しても長続きせずに辞めてしまった事が描写されているため、口利きをした彼も当初長続きは難しいと考えていたのだろうか。メタい話をすると設定が固まってなかった可能性も高いが。
読みにくい為か北原からは「ろっぺいさん」と言われその都度訂正している。

また、この際に中央所属トレーナーであることが分かりベルノライトからは「雲の上の人」と言われていた。
(カサマツのトレセン学園では中央については「君たちは気にしなくていい」と雲泥の差ゆえにスルーされている)
この時オグリキャップについて「中京盃には出すな」と忠告してその場を去った。

その中京盃においては忠告を無視した北原に怒鳴っており、かなりの焦りを見せる。
北原とベルノがオグリキャップにとって慣れない遠征かつ芝での走りを心配する中、彼だけは「馬鹿野郎逆だ。あいつは…国内最高水準」とオグリキャップの勝利を確信し、それは実現した。
そして、六平の嫌な予感は的中し見学しに来ていたシンボリルドルフによってオグリキャップはスカウトされる。
この際には「だから言ったんだ…馬鹿野郎」と呟いている。
トゥインクル・シリーズにも使われる中京レース場で活躍する事は中央にスカウトされる可能性があるためカサマツで走らせたいなら中京盃は回避しろという意味での忠告だったのだが、言葉が足りなかったためにその真意が伝わっていなかったのである。


その後は紆余曲折を経て中央に来たオグリキャップを北原の代わりに担当する。
他にも3名ほどウマ娘を担当しているようだ。


ちなみにトレードマークのサングラスと帽子は若いころからつけているようで外した描写は今のところない。若い時にその姿を見た北原からは(幼かったから仕方ないとはいえ)完全に怖い人にしか見えずに大泣きされてしまい、3日ほどへこんだらしい。


余談


もとネタと思われる人物は瀬戸口勉調教師。
中央に来たオグリキャップも担当していたことから候補に挙がっている。
(オグリキャップの妹であるオグリローマンも担当)

ヤエノムテキのトレーナーとは飲み仲間。


六平という名字は稀少な名字で約260人ほどしかいない。
読みはむさかろくひら,むたか,むつひらでろっぺいはない。
名前の由来としては俳優・六平直政氏が父から聞いたという話によると「六人の平氏が旗を立てた地に由来している」とのこと。秋田にその地があるらしいが福島にもあり両方の関連性は不明。
元々は平氏の赤旗から「六つ赤」これがなまって六平になったという説もある。(偶然なのか平氏の平の字が使われている)
近年は秋田県に見られ直政氏曰く「近所にいた六平姓は7,8軒くらいは親戚だった」という。
(ちなみにだが彼の役者仲間からの愛称は「ろっぺいちゃん」だったらしい)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「六平銀次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3721

コメント