2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ブロワイエ

ぶろわいえ

様々な意味があるが、この記事ではイラストで描かれることが圧倒的に多いアニメ『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘に関して解説を行う。
目次[非表示]

CV:池澤春菜

概要

アニメ9話においての凱旋門賞で出場するウマ娘で、走るまではいわゆるモブの競走馬ポジションと思われていた。これに関する理由は後述。

しかし、蓋を開けてみるとエルコンドルパサーをも抜き、圧倒的な1着となった。

その後、彼女は来日しジャパンカップへのエントリーを発表。「日本総大将」スペシャルウィークとの死闘を繰り広げる事となる。

ヨーロッパ最強とも言われるウマ娘であり、来日時にはスター的な扱いを受けている。解説の細江氏曰く、てん良し、中良し、仕舞い良しの「完璧なウマ娘」である。

第12話で行われたジャパンカップで遂に激突するも、迷いを吹っ切ったスペシャルウィークの気迫に終始押され、終わってみれば一度もスペシャルウィークの前に出ることなく敗北した。元ネタであるモンジューが4着であったためかあえて彼女の着順はぼかされ、あくまで「ギリギリの差し合いに負けた」という演出がされている。

ボイスドラマ「サイドストーリー」では来日後のジャパンカップ出走に備えた時期の様子が語られる。台詞は本編と同様にフランス語だが、動画版では通訳の人ともども字幕で補完されるので安心されたし。

なお、この時、とある大変可愛らしいウマ娘と邂逅し、軽く話しただけで人知れず抱えていた多大な疲労を見抜かれたことから、彼女が名のあるウマ娘ではないか?と推察していた。

ブロワイエ ハルウララ



まぁ、後にも先にもこの娘に敵いそうなウマ娘(というか競走馬)は出ないであろうことから、ある意味当たってはいるが。ちなみに、後述のモンジューと彼女は同じ1996年生まれの同期であった。

余談

彼女は、史実におけるモンジューに相当する役割を演じたアニメオリジナルウマ娘である。
海外の競走馬に関しては名称に関して許諾が取れなかった為に、モンジューの名前の由来であるモンジュー城(Château de Montjeu)のある、フランス東部・ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏ソーヌ=エ=ロワール県の地方自治体(コミューン)名「ブロワ」(Broye)(※現地で話されているアルピタン語では「ブロワイエ」の発音が近くなる)から名前が取られたと思われる。
※全くの余談だが、Season2に登場するカニアペラシオンのモデルとなるカミノクレッセの「クレッセ」も同県内にある人口も800人前後と同程度の村である。

また、直接の発音の由来はフランス語の動詞「ブロワイエ(broyer)」から来ていると思われ、これには「打ち砕く・参らせる」という意味があり、過去分詞形「砕かれた」(broyé) は先ほどのブロワと綴りが近いことから、エルコンドルパサーの夢を直前で打ち砕いた存在という二重の意味になっている。

史実のモンジューは鹿毛かつ勝負服は青を基調としたものなのだが、馬主への配慮からか勝負服を含めた彼女の容姿からその要素を見つけるのは難しく、いかにもフランスっぽくなっている(ただし、凱旋門賞及びジャパンカップ当時のオーナーはイギリス人である)。
作中、エルコンドルパサーにはフランス語で話しかけている。

てん良し、中良し、仕舞い良しとは、元々テスコガビー(1975年の二冠牝馬)という馬を評した言葉であるが、テスコガビーはマルゼンスキーよりも2歳年上ということもあって登場していない。尚、てんとは競馬用語でスタート及びスタート直後のダッシュを指す。

中の人について

演じる池澤春菜は2003年にNHK「フランス語会話」に出演していた。
また、かつては爆走兄弟の弟を演じていたが、こちらもジャンルは違うが競走ものである。(しかも名前に「馬」が入っている。)

ゲームではまさかの……

来るアプリ版の最終章前編。
スペシャルウィークを主人公としたこのストーリーではチームシリウスオリジナルの展開を描きつつ、史実の足跡を追う仕立てのストーリー故に彼女の扱いについては様々な意見があった。

……が。実際に実装されたストーリーに現れたのはブロワイエではなかった。
何と、そこに登場していたのは「モンジュー」名義のウマ娘だったのである。
取り上げられたのはエルコンドルパサーを破った凱旋門賞。厳密には最終章前編のラストが凱旋門賞が幕開けとなる形で締めくくられている。
ちなみにアプリで海外レースの実名が出るのも初めての事である。
マンハッタンカフェのシナリオなど、これまでは遠征という形でレース名についてはぼかされていた)
名前のみとはいえ許諾を取る事は難しいと考えられていた海外馬モデルのウマ娘の登場にトレーナー達の間で大きな動揺が走ったのは言うまでもない。

そして後編でついにモンジューが正式に登場。ブロワイエの存在はどうなってしまうのか...今後の展開に注目していきたいところである。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー
海外ウマ娘

モンジュー:元ネタ。

La victoire est à moi!スペシャルウィークに言われた台詞だが、ブロワイエ自身もこの台詞を…

テスコガビー:「テン良し、中良し、終い良し」の由来(主戦・菅原泰夫の評)

関連記事

親記事

アニメオリジナルウマ娘 あにめおりじなるうまむすめ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1040879

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました