2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:榊原良子(アニメ版)

作中で多くのウマ娘アスリートを輩出してきた大富豪「メジロ家」の一員で、使用人からは大奥様と呼ばれている。

アニメ版二期で初めて直接登場。
顔は描かれなかったが、白ないし銀髪の髪に帽子を被っていた。

現在の当家の現役選手世代の一員であるメジロマックイーンは、以前の公式プロフィールで「母親祖母天皇賞を獲得したウマ娘」という主旨の表記であったとされる。
アニメ版ではマックイーン自身が獲得した物も含めて天皇賞の盾が3つ並んでいる描写が存在するが、この「おばあさま」が母方の祖母に当たるウマ娘であるかは不明(父方の祖母という可能性もある)。
さらにの形状や尻尾の有無についても描写されておらず、ヒト族である可能性の余地もある。

常に落ち着いた性格のようであり、孫であるマックイーンに対しても丁寧語で話す。
家風やそれ以前のアスリートとしての品格などにはかなり厳しいが、それでも的確な助言をしてマックイーンを導く器量の大きさを持つ。
天皇賞にこだわりがあり、マックイーンが優勝した際は静かながらも褒め称えていた。

終盤でマックイーンが難病レベルの故障が発覚した際は、これまでの功績を労って選手としての引退を勧める。
その後親友のマックイーンを元気付けるために出走したトウカイテイオーのレースをテレビ中継で見届けた。

アプリ版では直接登場する機会こそないがメジロパーマーのシナリオに多忙の中時間を作って、宝塚記念を観戦していた。

余談

ウマ娘シリーズではマックイーンの他に同世代のメジロ家のウマ娘が数名設定されている。
その内のメジロライアンについてはシリーズ本編のアプリゲーム版によって、

  • メジロ家(本家)のおばあ様(祖母)がいる
  • 幼い頃からマックイーンをのように接してきた
という事が明かされた。
今現在他のメディア作品版においてもマックイーンの祖母と同世代の人物(マックイーンらにとって大おばに当たる者など)の存在が確認されていない事から、マックイーンとライアンは同じ祖母を持ついとこ同士という間柄であると推測できる。

ファンの中には、担当声優関連でウマーン様と呼ぶ者もいる。

推測されるモデルとなった実在人物や競走馬

多くの有名馬を輩出したメジロ牧場の歴代オーナーの一人。
夫の北野豊吉氏の遺志に沿って、メジロアサマメジロティターンに続く3代での天皇賞優勝馬の輩出に尽力した。
メディアなどへの独特の振る舞い方などもあって、競馬ファンからは「メジロのおばあちゃん」と親しまれていた。

競走馬のメジロマックイーンの父方の祖父に当たる(メジロティターンの)。
父のパーソロンが現役時代の成績などから「仕上がりの早いスピードタイプなのではないか(実際には後年シンボリルドルフの父にもなっているように距離克服能力はあった)」「牝馬に活躍馬が偏るタイプではないか(実際に牝馬クラシックには無類の強さを誇った)」と見られていたことからメジロアサマも長距離は向かないのではないかとの評価もあったが、それを覆し見事に秋の天皇賞(当時は東京芝3200mで施行)優勝を果たす。
引退後は種牡馬になるも現役時代に罹患した馬インフルエンザの治療の影響などで極端に受胎率が低くなってしまう。それでもメジロアサマの血を残すことを諦め切れなかった豊吉氏の手によって良血牝馬を用意されるなどの支援を受けて種牡馬を継続することができた。
そしてメジロアサマもそんな豊吉氏の思いに応えるかのように僅か19頭の産駒から父子2代での天皇賞優勝を果たし種牡馬としてもメジロマックイーンの父となったメジロティターン、牝馬ながら京都大賞典を制したメジロカーラの2頭の中央重賞勝ち馬を送り出すなど驚異的な種牡馬成績を残した。

その他、以前はメジロラモーヌではないかという声もあったが、こちらはメジロドーベルのシナリオにて現役のウマ娘であることが明かされている。

関連項目

ウマ娘プリティーダービー ウマ娘 メジロ家 
メジロマックイーン(ウマ娘) メジロライアン(ウマ娘)

関連記事

親記事

メジロ家 めじろけ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「メジロ家のおばあさま」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「メジロ家のおばあさま」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 495983

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました