ピクシブ百科事典

概要

生年月日1995年4月26日
英字表記Seiun Sky
性別
毛色芦毛
シェリフズスター
シスターミル
母の父ミルジョージ
競走成績13戦7勝


馬主、生産者は西山牧場。調教師は美浦の保田一隆。騎手は徳吉孝士横山典弘
1998年に皐月賞菊花賞など優勝。
屈腱炎による1年半の休養を経て、2001年の天皇賞(春)12着を最後に引退、種牡馬となる。
2011年死去。馬主の西山茂行がブログに思い出を綴っている。→セイウンスカイよ、永遠なれ…


日本競馬の最強世代とも言われる98世代の一頭。
貧弱な血統、零細牧場出身、弱小厩舎所属という身の上でありながら、スペシャルウィークをはじめとする同世代のライバルたちとしのぎを削り、二冠馬となった優駿。

その強さもさることながら、芸術的ともいえる鮮やかな勝ち方が印象的な馬であった。
20馬身の大逃げから後続を引きつけての再加速で逃げ切った京都大賞典、他馬を寄せ付けない逃げ切りで3000mの世界レコードを叩き出した菊花賞、直線に入ってから後続をぐんぐんと突き放した日経賞、驚きの脚質転換で差し切り勝ちを見せた札幌記念など、変幻自在のレース運びは観る者を魅了した。
芦毛の逃げ馬というレアな存在だったこともあり、今でも人気は高い。

反面、気まぐれで気分屋な性格が仇となり、全力で走らなくなってしまうレースもあった。
また、極度にゲート入りを嫌うことでも有名で、ゲートの前で何分も暴れて発走を遅らせた上に体力を消耗してしまうこともあった。

地味すぎる血統から十分に予想されたことだが、競走馬としての高い能力は後天的に獲得したものであったようで、種牡馬としてはまったく成功できなかった。
しかし、同じ牧場のニシノフラワーとのあいだに生まれた娘ニシノミライの孫にあたるニシノデイジーは、これまでに重賞2勝の成績をあげている。

ウマ娘プリティーダービーではキャラクター化され、マイペースでゆるふわだが策士な一面もある美少女となってTVアニメにも登場している。セイウンスカイ(ウマ娘)

外部リンク

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セイウンスカイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 417368

コメント