ピクシブ百科事典

タケシバオー

たけしばおー

タケシバオーは日本の元競走馬・種牡馬、1969年年度代表馬。

1965年4月23日生まれ、父チャイナロック母タカツナミ。通算29戦16勝、日本では27戦16勝。

1967年デビュー、朝日杯3歳S7馬身差でGI初制覇。1968年東京4歳Sは8馬身差で勝利、弥生賞2着、スプリングS2着、皐月賞2着、NHK杯2着、ダービー2着、海外遠征しワシントンDCで8着。

1969年東京新聞杯6馬身差レコードタイムで勝利、ダート1700mのオープン戦60キロを背負いながらレコードタイムで勝利、62キロを背負いながら京都記念で勝利。
春の天皇賞2馬身差で勝利GI2勝、ジュライS65キロで勝利、毎日王冠62キロで勝利、初の1億円馬となる。
英国フェア開催記念(後のスプリンターズS)をレコードタイムで勝利する、3200m戦と1200m戦を勝利した伝説のオールラウンダー馬となる。
またも海外遠征しワシントンDCで7着。その年の年度代表馬に選出される。

日本では27戦16勝2着10回3着1回と、4着以下に負けた事は1回もなかった。

種牡馬としてドウカンヤシマなどがいる。

ライバルのマーチスやアサカオーと共に3強と呼ばれた。

1992年1月、永眠。

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タケシバオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3

コメント