ピクシブ百科事典

マヤノトップガン(ウマ娘)

まやのとっぷがん

マヤノトップガンは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日3月24日
身長143cm
体重増減なし
スリーサイズB76/W51/H73

CV:今村彩夏星谷美緒
「オッケースマイル☆ ラッキーピース!勝利のマヤが大凱旋だよー!」

天真爛漫でとにかく元気なウマ娘。
甘えん坊な末っ子気質で、飽きっぽく気分屋。
いつもトレーナーを振り回してくるが、最近はちょっと大人びたいお年頃。
(公式ホームページより)

※:2018年6月30日を以って今村が声優を引退したため、同年7月1日以降は星谷が引き継いだ。

アニメ

BNWの誓い」で初登場。
ビワハヤヒデをリーダーとする「チームB」のメンバーとなる。

競走馬マヤノトップガン

『マッハの衝撃波。』(ヒーロー列伝より)

1992年生まれ。
騎手は武豊田原成貴

1995年の1月にデビューし、4戦目で初勝利。しかし、賞金が足りず春のクラシックには間に合わなかった。
菊花賞トライアルの神戸新聞杯(GⅡ)と京都新聞杯(GⅡ)はどちらも2着だったが、本番の菊花賞では、ダービータヤスツヨシオークスダンスパートナーらを退け優勝。
年末の有馬記念では1歳上の三冠馬ナリタブライアンヒシアマゾン、同期の皐月賞ジェニュインらを破ってGⅠ2勝目。秋での活躍が評価され、1995年の年度代表馬に輝いた。

1996年阪神大賞典(GⅡ)でナリタブライアンと再び対戦。敗れはしたものの新旧年度代表馬のマッチレースはGⅡながら名勝負との呼び声が高い。
同年は宝塚記念を勝利しGⅠ3勝目を挙げたが、天皇賞(秋)はバブルガムフェローに敗れ2着。有馬記念も精彩を欠いて7着に終わった。

そして1997年は阪神大賞典を勝利し、天皇賞(春)に臨む。
3強と呼ばれたマーベラスサンデーサクラローレルを退けGⅠ4勝目を挙げたが、この天皇賞を最後に引退することとなった。

勝った4つのGⅠを逃げ・先行・差し・追い込みとあらゆる戦法で勝利するという、変幻自在の脚質が持ち味だった。
2019年現在も存命である。

関連イラスト

マヤノトップガン



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

同世代のウマ娘
フジキセキ(ウマ娘)マーベラスサンデー(ウマ娘)ヒシアケボノ(ウマ娘)
※対戦経験があるのはマーベラスサンデーのみ。

ナイスネイチャ(ウマ娘):4歳年上。1995年の有馬記念と1996年の天皇賞(秋)で対戦。
ナリタブライアン(ウマ娘):1歳年上。1995年の有馬記念と1996年の阪神大賞典で対戦。
ヒシアマゾン(ウマ娘):1歳年上。1995年と1996年の有馬記念で対戦。

キングヘイロー(ウマ娘):調教師が同じく坂口正大。

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マヤノトップガン(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7734

コメント