ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

Meisho Samson(2003年3月7日~)

JRAに所属した競走馬種牡馬

父:オペラハウス 母:マイヴィヴィアン(母父:ダンシングブレーヴ

通算27戦9勝

2006年最優秀3歳牡馬、2007年特別賞馬。


CM

ヒーロー列伝

走るごとに強く、勝つごとに逞しく。

勇者の名を持つ駿馬は、闘いを重ねて真の強さを鍛え上げた。

実戦で己を磨く野武士のように、強く、逞しく。

世代の頂点を極めてなお、挑む気迫をみなぎらせて。

人馬一体、さらなる激闘の先にある栄光へと走り行く。

≪「ヒーロー列伝」No.63≫


名馬の肖像

前へ進め

始まりの夏

心躍らせた秋

そして胸はずむ春


たとえ歩みは遅くとも

自身の熱情と人の想いを力に

悪路をわたり巌を越えれば

素晴らしき眺望と出会えるだろう


その高揚をかみしねたなら

すぐにまた前を向け

次なる目的地へと進むのだ

≪名馬の肖像2022年皐月賞≫


来歴

2003年

3月7日、林孝輝牧場(浦河町)で誕生。

父:オペラハウスも母父:ダンシングブレーヴも日本軽種馬協会の種牡馬で、当時はサンデーサイレンス産駒の席捲で影が薄くなりつつあった。

母:マイヴィヴィアンは1959年の啓衆社賞最優秀5歳以上牝馬ガーネット、更に遡れば1907年に小岩井農場イギリスから輸入したフロリースカツプシラオキなどの祖先)の血を牝系で引いていた。


2004年

サマーセールで売却される予定だったが、浦河の生産者グループが瀬戸口勉調教師に仔馬を披露する機会があり、瀬戸口が自身最後の管理馬として選び、松本好雄馬主になってもらい700万円で購入された。

体格が大きく筋肉質な体だったが、非常に大人しく手のかからない仔馬だった。

鹿屋共同育成センター鹿屋市)で育成調教が施された後、瀬戸口勉厩舎(栗東トレーニングセンター)へ入った。


2005年

7月31日、石橋守騎手を鞍上に小倉競馬場の未勝利戦(芝1800m)でデビューし2着に敗れる。

9月4日、小倉競馬場の未勝利戦(芝1800m)で1着。3戦目での初勝利となった。

9月18日、野路菊ステークスで1着。オープン馬に昇格。

12月17日、報知杯中京2歳ステークスで1着。この年は7戦3勝で終えた。


2006年

2月12日、きさらぎ賞GⅢ)で始動するも、ドリームパスポートの2着に敗れる。

3月19日、スプリングステークスGⅡ)で1着。皐月賞の優先出走権を獲得した。

4月16日、皐月賞(GⅠ)で1着。マイナーな血統のメイショウサムソンは1番人気のアドマイヤムーンはおろか、前走で下したフサイチリシャール(3番人気)以下の6番人気だったが、それを覆しての勝利で、鞍上のベテラン・石橋にとってもデビュー22年目にして初のGⅠ勝利であった。

5月28日、東京優駿(GⅠ)で1着。1番人気に応え、重賞3連勝・クラシック二冠達成となった。前年はディープインパクトがクラシック三冠を達成しており、ミスターシービーシンボリルドルフ以来、22年ぶり2度目の「2年連続の三冠馬誕生」が期待された。

10月22日、菊花賞(GⅠ)でソングオブウインドの4着に敗れる。三冠はならなかった。

11月26日、ジャパンカップ(GⅠ)でディープインパクトの6着に敗れる。

12月24日、有馬記念(GⅠ)で引退するディープインパクトの5着に敗れる。レース後、グリーンウッドファームで休養に入る。JRA賞最優秀3歳牡馬を獲得。


2007年

2月、瀬戸口調教師が定年となり、高橋成忠厩舎(栗東)に移籍となる。

4月1日、産経大阪杯(GⅡ)で始動し1着。

4月29日、天皇賞(春)(GⅠ)で1着。高橋厩舎は30年目で初のGⅠ勝利となった。馬主の松本はメイショウサムソンの凱旋門賞挑戦を考え、フランスでの騎乗経験が多い武豊騎手を指名する。

6月24日、宝塚記念(GⅠ)でアドマイヤムーンの2着に敗れる。

8月15日、フランス遠征のため美浦トレーニングセンター検疫厩舎に入るが、17日に馬インフルエンザに感染している事が判明した。

8月19日、高橋が遠征断念を発表。松本は日本では石橋騎手を続投させるつもりだったが、石橋が辞退したため武騎手に乗り替わりとなる。

10月28日、天皇賞(秋)(GⅠ)で1着。史上4頭目の同一年天皇賞春秋制覇を達成。

11月25日、ジャパンカップでアドマイヤムーンの3着に敗れる。

12月23日、有馬記念でマツリダゴッホの8着に敗れる。2年連続年度代表馬はアドマイヤムーンに阻まれた。JRA賞特別賞を受賞。


2008年

1月、松本がメイショウサムソンのこの年限りでの引退を発表。

4月6日、産経大阪杯で始動し6着。その後も天皇賞(春)、宝塚記念で2着と勝ちきれないレースが続く。

8月20日、ファンドリコンドル帯同馬にフランスへ向かう。

10月5日、凱旋門賞(GⅠ)でザルカヴァの10着に敗れる。

10月8日、帰国。

11月30日、石橋騎手に乗り替わりジャパンカップでスクリーンヒーローの6着に敗れる。

12月28日、武騎手に乗り替わり有馬記念でダイワスカーレットの8着に敗れる。


2009年

1月4日、京都競馬場で引退式が行われた。社台スタリオンステーション安平町)で種牡馬となる。


2014年

浦河町イーストスタッドに移動。


2021年

10月28日、種牡馬を引退。「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」の対象馬として引退馬協会に譲渡され、ひだか・ホース・フレンズ日高町)で功労馬として繋養される。


主な産駒

デンコウアンジュ フロンテアクイーン ルミナスウォリアー


余談

  • 有馬記念は5着・8着・8着と3年連続で成績が残せなかった。
  • 現役時代のライバルはアドマイヤムーン(メイショウサムソンの3勝2敗)、ドリームパスポート(メイショウサムソンの6勝8敗)など。

関連タグ

競走馬 JRA 06世代

関連記事

親記事

二冠馬 にかんば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15079

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました