ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

瀬戸口勉

せとぐちつとむ

元・日本中央競馬会の騎手、調教師。笠松から転厩してきたオグリキャップの活躍で知られる。

瀬戸口勉(1936年11月3日~2017年11月9日)

元・日本中央競馬会JRA)の騎手調教師。実弟の瀬戸口悟も調教師であり、名古屋競馬弥富トレセンに厩舎を構えている。


来歴編集

1936年11月3日、鹿屋市鹿児島県)に誕生。

1955年、県立鹿屋農業高等学校を卒業後し、京都競馬場上田武司厩舎で騎手見習いとなる。

1959年、騎手としてデビュー。

1961年、トサキング中山大障害を勝利。

1963年、ミスマサコ桜花賞を勝利。

1973年、騎手を引退。騎手通算成績は2534戦329勝。調教師免許を取得。


1975年、栗東トレーニングセンターに自らの厩舎を開厩。

1988年、笠松競馬場から転厩してきたオグリキャップが活躍し、1990年までにGⅠを4勝。

1994年、笠松競馬場から転厩してきたオグリローマン(オグリキャップの半妹)が桜花賞で勝利。

1999年、ゴッドスピードが障害グレード制導入後初の中山大障害を勝利。

2003年、ネオユニヴァース皐月賞東京優駿を勝利。

2004年、サニングデール高松宮記念を勝利。

2005年、ラインクラフトが桜花賞→NHKマイルカップ変則2冠を達成。この年は54勝を挙げ、全国リーディングを獲得した。

2006年、メイショウサムソンが皐月賞、東京優駿を勝利。

2007年、定年となり調教師を引退。管理馬の通算成績は8155戦864勝(GⅠ級15勝)。同年秋に地方競馬の馬主資格を取得。中央から引退した競走馬を引き取り、実弟の厩舎に預けていた。


2017年11月9日、急性白血病のため死去(81歳)。

関連記事

親記事

調教師 ちょうきょうし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました