ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

生年月日1998年3月5日
英字表記Manhattan Cafe
性別
毛色青鹿毛
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
母の父Law Society
競走成績12戦6勝
近親エアスマップ(半兄) ビワハイジ(近親)


2001年菊花賞有馬記念など優勝。
2002年天皇賞(春)優勝、凱旋門賞に出走するが屈腱炎を発症し13着。
2003年シーズンから種牡馬。2009年リーディングサイアー。
2015年8月13日に17歳で死去した。

生涯

2001年(3歳)の1月にデビュー。
調教師サクラバクシンオーなどサクラ軍団の主戦騎手として知られた小島太
主戦騎手蛯名正義(12戦中10戦)。



2戦目の新馬戦に勝利し、弥生賞(GⅡ)に駒を進めるもアグネスタキオンの4着に敗れる。
次のアザレア賞(騎手は河内洋)で11着に敗れたことで、皐月賞にも日本ダービーにも
出られなかった。

騎手が再び蛯名に戻った富良野特別を1着で飾ると、その勢いのまま、かつてステイゴールドが勝利した阿寒湖特別にも勝利する。

秋初戦のセントライト記念(GⅡ。騎手は二本柳壮)は4着になったが、菊花賞(以降は引退まで蛯名が乗る)を勝利しGⅠ初勝利を飾る、夏の上り馬となった。
続いて陣営は有馬記念を選択。このレースで引退するテイエムオペラオーメイショウドトウを下し、GⅠ連勝を飾った。

実況:堺正幸フジテレビ
解説:吉田均・東信二

ちなみに2着に入ったのはアメリカンボスで、この年に発生したアメリカ同時多発テロになぞらえたサイン馬券となった。
GⅠを2勝したものの、最優秀3歳牡馬は日本ダービージャパンカップを制したジャングルポケット(年度代表馬も受賞)に奪われた。

2002年は日経賞(GⅡ)からスタートするが6着に沈む。
天皇賞(春)ではジャングルポケットを退け優勝し、GⅠ3勝目を挙げた。
そして、最大目標であった凱旋門賞(フランス)に挑むため渡仏。しかし13着と大敗し、さらに屈腱炎を発症したことで引退し、種牡馬入り。

重賞勝利が全てGIのGIハンターだった。

種牡馬としては、天皇賞(春)を制したヒルノダムールや、秋華賞を制したレッドディザイアなどを輩出し、安定した成績を残していたが、2015年8月13日に17歳で死去した。

繁殖成績


外部リンク

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンハッタンカフェ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86743

コメント