ピクシブ百科事典

ナイスネイチャ(ウマ娘)

ないすねいちゃ

ナイスネイチャは、「ウマ娘プリティーダービー」に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日4月16日
身長157cm
体重増減なし
スリーサイズB79・W56・H80

チームカノープス所属
CV:前田佳織里

「あたしに期待?しない方がいいわよ。」

名馬とは、必ずしもGⅠホースとは限らない。
健気に走り続けるその姿が、絶大なる支持を集め、愛され続けたとすれば、それは既に名馬の領域。
(「20世紀の名馬」冒頭のナレーションより)

生まれついて物事を斜めに見てしまう、ちょっぴり卑屈なウマ娘。
夢に向かってキラキラしている周りのウマ娘を遠巻きに見ている。
言いたいことをスカッと口に出してしまう性分について、女の子としてどうなんだろうと気にすることもあるが、わかっちゃいるけどやめられない。
(Cygamesキャラクターページより)

アイキャッチ風ネイチャ
ナイスネイチャ



アニメ

Season1

第6Rでエイシンフラッシュと共に初登場。サイレンススズカと親しく話していた。

Bパートでの毎日王冠(GⅡ)にも出走し、サイレンススズカ、エルコンドルパサーに続く3着に入賞している。(ゴールのシーンは描写されてないが、ネイチャが「あたしこの後ウイニングライブがあるから」と言っているので、3着になったことが分かる。)
なお、実際のナイスネイチャ号も、1992年1993年の毎日王冠で2年連続3着になっている。

第7Rでは、天皇賞(秋)に出走。しかし、このレースでスズカが故障し、遠く離されながらも異変を目撃していた。
なお、レース結果はエルコンドルパサーが1着になったことが判明しているだけで、ネイチャの順位は不明である。
EDではスズカの見舞いにも来ており、ギプス「退院最高!」寄せ書きしている。

第11Rでは、スズカの復帰をメジロライアンウイニングチケットと共に祝った。
ちなみにメジロライアンとは1991年有馬記念で対戦し、ナイスネイチャが先着している。ウイニングチケットとは、4回対戦し3勝1敗と勝ち越している。

サイドストーリー第6Rでは、エイシンフラッシュと共にマチカネフクキタルの占いを受けていた。
また、サイドストーリー第7Rでは、エイシンフラッシュと共にスズカの見舞いに来て、ギプスに退院最高の寄せ書きを書いていたが、エイシンフラッシュに急かされて数分で退室した。

Season2

第1話から登場。
足を故障したため日本ダービーに出られず、ダービーに出る同期のトウカイテイオーを羨んでいた。

第2話ではケガも癒え、骨折したテイオーが三冠を目指し、本気で菊花賞出場を目指していることを知って奮起。
条件戦2戦と小倉記念(GⅢ)に勝って3連勝、さらに菊花賞トライアル(GⅡ「京都新聞杯」)にも勝ち、4連勝で菊花賞出場を決めてテイオーを待った。しかしテイオーは菊花賞に間に合わず欠場。
テイオー不在を知って当初こそ下を向いていたネイチャだったが、意を決してレースに臨む。そして最後の直線、思いを爆発させた。
「言わせない言わせない言わせない!テイオーが出ていればなんて絶対に言わせない!」
その叫びは、テイオー不在のレースに出場していた全てのウマ娘が胸に抱いていた思いでもあった。激しい意地と意地のぶつかり合いの末、ネイチャはリオナタールの4着に敗れ、芝の上に倒れて悔し涙を流した。

競走馬ナイスネイチャ


「20世紀の名馬100頭」では、GⅠを勝利していないにも関わらず、第71位にランクインしている。
GⅠ未勝利でランクインしたのは他にツインターボ(第91位)がいる。
なお、ステイゴールドは投票時点(2000年)ではGⅠ未勝利だったものの、2001年に香港ヴァーズを勝利した。

1988年生まれ。
1990年から1996年まで長らく戦い抜いた。
1993年阪神大賞典(南井克巳が騎乗)を除き、一貫して松永昌博が主戦騎手を務めた。

41戦7勝の成績を残すが、3着が多いことから「ブロンズコレクター」と呼ばれた。
特に有馬記念では1991年から1993年にかけて3年連続で3着に入るという珍記録を作った。
(勝った馬はそれぞれ、'91年が“これはびっくり”ダイユウサク、'92年は“バカコンビ1号”メジロパーマー、'93年は“奇跡の復活”トウカイテイオーと、中身も実に濃い)

勝てずとも掲示板(2~3着が多い)に載ってはコツコツ賞金を咥えて帰ってくるため、生涯獲得賞金は6億2358万5600円。同世代1位のトウカイテイオー(6億2563万3500円)に僅差の2位という、馬主孝行な馬だった。

2020年12月19日現在も存命(32歳)。ウマ娘のモデルになった60頭の中では存命最高齢の馬である。
種牡馬を引退して騸馬になっており、故郷の渡辺牧場(北海道浦河町)で元気に暮らしている。2017年まで一緒に暮らしていた母のウラカワミユキも牝馬最高長寿記録(36歳没)を持つ御長寿馬で、ネイチャの長生きは母譲り。

余談

待っていたあの人

「うまよん」68話でナイスネイチャ(ウマ娘)マヤノトップガン(ウマ娘)に「私も騙された事があったの。待っていても来てくれなかったあの人。」という「本人曰く嘘話」をしているが「もしかしたら」という、2人の名前がファンから上がっている。
1人目 松永昌博騎手
1戦だけ南井克巳騎手が乗った事がありあとは全てこの人が騎乗した。
2人目 馬場秀輝厩務員
ナイスネイチャの厩務員として周りからも「あれだけ信頼し合った人馬を見た事が無い」とまで言われた人。6回目の有馬記念挑戦の時ケガを見つけ「もしもの事があってはいけない」と松永善晴調教師に出走回避を進言。「お前が言うのなら仕方が無い」と引退を決めた。
ナイスネイチャの子供を世話したいと願っていた馬場氏だったが交通事故にあい死去。
その夢は叶わなかった。41才の若さであった。
ナイスネイチャのファンの結婚式に招待されてその帰りだったという。

「ワイド」

1999年にワイド馬券が制定された時には、ナイスネイチャ号が「ワイド」と書かれた紙を咥えるポスターが作られた。

ナイスネイチャ
ウマ娘 ナイスネイチャ ワイド



関連イラスト

ネイチャ
ナイスネイチャを勝たせてあげたい。
馬1
ナイスネイチャ



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

ナイスネイチャと対戦経験のある馬がモデルのウマ娘

1歳上(1987年生まれ)
メジロマックイーン(ウマ娘) メジロライアン(ウマ娘) メジロパーマー(ウマ娘) ダイタクヘリオス(ウマ娘) イクノディクタス(ウマ娘)

同世代(1988年生まれ)
トウカイテイオー(ウマ娘) ツインターボ(ウマ娘)

1歳下(1989年生まれ)
ライスシャワー(ウマ娘) サクラバクシンオー(ウマ娘) マチカネタンホイザ(ウマ娘)

2歳下(1990年生まれ)
ビワハヤヒデ(ウマ娘) ナリタタイシン(ウマ娘) ウイニングチケット(ウマ娘)

3歳下(1991年生まれ)
ナリタブライアン(ウマ娘) ヒシアマゾン(ウマ娘) ビコーペガサス(ウマ娘)

4歳下(1992年生まれ)
マヤノトップガン(ウマ娘) マーベラスサンデー(ウマ娘)

関連記事

親記事

チームカノープス ちーむかのーぷす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイスネイチャ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139215

コメント