ピクシブ百科事典

ナイスネイチャ(ウマ娘)

ないすねいちゃ

ナイスネイチャは、「ウマ娘プリティーダービー」に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

概要

プロフィール

誕生日4月16日
身長157cm
体重増減なし
スリーサイズB79・W56・H80
CV:前田佳織里

「あたしに期待?しない方がいいわよ。」

名馬とは、必ずしもGⅠホースとは限らない。
健気に走り続けるその姿が、絶大なる支持を集め、愛され続けたとすれば、それは既に名馬の領域。
(「20世紀の名馬」冒頭のナレーションより)

生まれついて物事を斜めに見てしまう、ちょっぴり卑屈なウマ娘。
夢に向かってキラキラしている周りのウマ娘を遠巻きに見ている。
言いたいことをスカッと口に出してしまう性分について、女の子としてどうなんだろうと気にすることもあるが、わかっちゃいるけどやめられない。

(Cygamesキャラクターページより)

アニメ

第6Rでエイシンフラッシュと共に初登場。サイレンススズカと親しく話していた。

Bパートでの毎日王冠(GⅡ)にも出走し、サイレンススズカ、エルコンドルパサーに続く3着に入賞している。(ゴールのシーンは描写されてないが、ネイチャが「あたしこの後ウイニングライブがあるから」と言っているので、3着になったことが分かる。)
なお、実際のナイスネイチャ号も、1992年1993年の毎日王冠で2年連続3着になっている。

第7Rでは、天皇賞(秋)に出走。しかし、このレースでスズカが故障し、遠く離されながらも異変を目撃していた。
なお、レース結果はエルコンドルパサーが1着になったことが判明しているだけで、ネイチャの順位は不明である。
EDではスズカの見舞いにも来ており、ギプス「退院最高!」寄せ書きしている。

ライアンネイチャチケット


第11Rでは、スズカの復帰をメジロライアンウイニングチケットと共に祝った。
ちなみにメジロライアンとは1991年有馬記念で対戦し、ナイスネイチャが先着している。ウイニングチケットとは、4回対戦し3勝1敗と勝ち越している。

サイドストーリー第6Rでは、エイシンフラッシュと共にマチカネフクキタルの占いを受けていた。
また、サイドストーリー第7Rでは、エイシンフラッシュと共にスズカの見舞いに来て、ギプスに退院最高の寄せ書きを書いていたが、エイシンフラッシュに急かされて数分で退室した。

競走馬ナイスネイチャ


「20世紀の名馬100頭」では、GⅠを勝利していないにも関わらず、第71位にランクインしている。
GⅠ未勝利でランクインしたのは他にツインターボ(第91位)がいる。
なお、ステイゴールドは投票時点(2000年)ではGⅠ未勝利だったものの、2001年に香港ヴァーズを勝利した。

1988年生まれ。
1990年から1996年まで長らく戦い抜いた。
1993年阪神大賞典(南井克巳が騎乗)を除き、一貫して松永昌博が主戦騎手を務めた。

41戦7勝の成績を残すが、3着が多いことから「ブロンズコレクター」と呼ばれた。
特に有馬記念では1991年から1993年にかけて3年連続で3着に入るという珍記録を作った。
(勝った馬はそれぞれ、'91年がこれはびっくりダイユウサク、'92年はバカコンビ1号メジロパーマー、そして'93年はトウカイテイオー奇跡の復活という、中身の濃い3年間である。)

2018年8月15日現在も存命であるが、ウマ娘のモデルになった60頭の中では存命最高齢の馬である。(ちなみに2番目は1歳下のニシノフラワー。)

関連イラスト

ナイスネイチャ


ウマ娘 ナイスネイチャ ワイド


1999年にワイド馬券が制定された時には、ナイスネイチャ号が「ワイド」と書かれた紙を咥えるポスターが作られた。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

ナイスネイチャと対戦経験のある馬がモデルのウマ娘

1歳上(1987年生まれ)
メジロマックイーン(ウマ娘) メジロライアン(ウマ娘)

同世代(1988年生まれ)
トウカイテイオー(ウマ娘)

1歳下(1989年生まれ)
ライスシャワー(ウマ娘) サクラバクシンオー(ウマ娘)

2歳下(1990年生まれ)
ビワハヤヒデ(ウマ娘) ナリタタイシン(ウマ娘) ウイニングチケット(ウマ娘)

3歳下(1991年生まれ)
ナリタブライアン(ウマ娘) ヒシアマゾン(ウマ娘) ビコーペガサス(ウマ娘)

4歳下(1992年生まれ)
マヤノトップガン(ウマ娘) マーベラスサンデー(ウマ娘)

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイスネイチャ(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15063

コメント