ピクシブ百科事典

ニシノフラワー(ウマ娘)

にしのふらわー

ニシノフラワーは、『ウマ娘プリティーダービー』に登場するウマ娘である。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日4月19日
身長135cm
体重増減なし
スリーサイズB67/W48/H70

CV:河井晴菜
早く大人になりたいなぁ……。お姉さん達みたいな立派なウマ娘に!」

優れた才能を見込まれて、飛び級してトレセン学園にやってきたウマ娘の少女。
幼いながらもしっかりものでなんでも得意。
その上、素直で明るいがんばり屋のパーフェクトガール。
将来の夢はステキなオトナの女性になる事。
(公式ホームページより)

飛び級したという設定のため、身長とバストは60人の中で最も小さい。
アニメには登場していないが、「うまよん」では、トウカイテイオーマヤノトップガンユキノビジンに手料理を振る舞い、「母の味」と賞賛された。

競走馬ニシノフラワー

1989年生まれ。セイウンスカイと同じく西山牧場の出身。

1991年に佐藤正雄を背にデビュー。

花と空と。


同年12月1日阪神3歳牝馬ステークス(現阪神ジュベナイルフィリーズ。この年から牝馬限定戦になった。)を優勝し、最優秀3歳牝馬を受賞した。

1992年桜花賞から引退まで、牝馬の扱いに定評のある河内洋に代わった。
桜花賞を勝利するも、優駿牝馬(オークス)は7着、エリザベス女王杯は3着に終わった。
オークスもエリザベス女王杯も距離が長すぎたことから、陣営は短距離路線に活路を求めた。
同年末のスプリンターズステークスヤマニンゼファーらを抑えGⅠ3勝目を挙げた。

1993年も現役を続行し、マイラーズカップ(GⅡ)を勝利するが、これが最後の勝利となり安田記念は10着、宝塚記念は8着、マイルチャンピオンシップは13着に終わる。
連覇を狙ったスプリンターズステークスはサクラバクシンオーに敗れて3着に終わり、これを最後に引退。

空と花と。


引退後は繁殖牝馬となるも、直仔からは重賞勝利馬は出なかった。
しかし、セイウンスカイとの間に産んだ6番仔ニシノミライの血統から、自身から見てひ孫(曾孫)にあたるニシノデイジー(2016年生まれ)が重賞勝利を挙げ、牝系として血統が残っている。

2018年11月現在も存命であり、ウマ娘のモデルになった競走馬の中ではナイスネイチャ(1988年生まれ)に次ぐ長寿である。

関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

セイウンスカイ(ウマ娘)

同世代のウマ娘
ミホノブルボン(ウマ娘)ライスシャワー(ウマ娘)サクラバクシンオー(ウマ娘)
※このうち、対戦経験があるのはサクラバクシンオーのみ。

外部リンク

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ニシノフラワー(ウマ娘)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13176

コメント