ピクシブ百科事典

目次[非表示]

屈せず、気高く、たくましく! それが『姫たる者』ですわ!

プロフィール

誕生日6月5日
身長154cm
体重増減なし(に決まってるでしょ!)
スリーサイズB91・W57・H87
CV高橋花林

庶民からプリンセスを目指すおてんば少女。
手に余る元気娘だったが、とあるアニメから『王子様と手を取り、戦うお姫様』という前向きな将来像を得る。以来、プリンセス道を邁進しながら、自分にとっての王子様と出会う日を夢見ている。
キングヘイローを師と慕う。
(公式ポータルサイトumamusume.jpより)

プリンセスになることを夢見ている、地方からやってきたウマ娘。
堅実な性格だが根はかなりのロマンチスト。
自分のもとに王子様がやってくる日をずっと待っている。
トゥインクルシリーズを目指す理由も、王子様に見つけてもらうためらしい……?
(旧プロフィール)

概要

戦うお姫様を目指し、豪快に我が道を往くおてんばウマ娘。
名前から高貴なお嬢様かと誤解しているウマ娘もいるが、本人はごく普通の家庭に生まれた庶民である。
女児向けアニメ作品『プリファイ』シリーズ(後述)の大ファンであり、レースで戦う主人公ヒロイン・プリファイに幼い頃から憧れ続けていると共に、プリファイを支える存在「伝説のトレーナー」を探している。
本物のお嬢様であるキングヘイローについては、自らの目標の模範である「最もプリファイに近い存在」として心の底から慕っているが、どうやら学年上は先輩ではない様子。
栗東寮所属で、同室はシーキングザパール

王子様との出会いを望んでいるが、それに対しては一般的な「迎えを待つ」というよりも、「捕まえに行く」というかなりアクティブな姿勢である。そういうわけでキングの指導のもとプリンセスになるべく日々鍛錬を続けている……のだが、その過程で肉体がどんどんマッチョになってきたことで、一旦は「こんな筋肉では王子様に嫌われてしまうのでは!?」と危惧を抱くようになる。しかし、キングからの叱咤を受け奮起。150kgのバーベルを持ち上げるなど順調に筋肉を成長させている。

ウマッチョ娘への道


その力強さやおてんばな性格からよく施設や備品を壊してしまっている。ある時はペンを握力で握りつぶし、ある時はドアノブを回しすぎてドア自体を破壊し、ある時はオーブントースターを手刀のみで両断し、ある時は校舎の壁に蹴りで大穴を穿つなど、その成長はとどまるところを知らない。これには大先輩のエアグルーヴも毎度頭を悩ませている模様。

言葉遣いも一応は所謂お嬢様言葉の体裁を保っているが、その中身は「ブチのめして差し上げますわ!」「だまらっしゃぁぁいっ!!」「ちぇすとぉぉぉーっ!!」「ぶっとばしますわよ!」「涙ちょちょぎれますわ~~!」「やっちまいましたわ~~!」「テンションぶち上がりますわ~~!」「細けぇことはいいんですのよ~~~っ!」など俗語たっぷりの荒っぽ……パワーあふれる台詞のオンパレード。これを聞いて某ゲーマーのお嬢様がちらつくトレーナーも。

幼少期はそのおてんばさが災いして「キョーボーウマ娘」として近所の子供達から恐れられており、母親も頭を悩ませていた。本人が『プリファイ』の影響でお姫様に憧れていたこともあり母親はもっと"おしとやかなお姫様"を目指すことを薦めたが、彼女は「戦うお姫様になる」という固い信念を貫き通してそのままトレセン学園にやってきた、という経緯がある。

上記の通り『プリファイ』の大ファンであり、その中でも「初代」「無印」と呼ばれる最初の作品は彼女のバイブルになっているらしい。レースでの活躍のおかげでプリファイのコラボイベントにゲストで呼ばれるようになるなど、彼女の知名度が上がるにつれその熱狂ぶりは世間の知るところとなっている様子。
ちなみに多くのウマ娘は彼女のことを「カワカミ」と呼ぶが、ゲーム版の主人公トレーナーは一貫して「プリンセス」と呼んでいる。まさしくシャイニープリンセスと伝説のトレーナーの関係、と言うべきか。

料理や勉強は得意ではなく、むしろ苦手の類。しかしゲームのバレンタインイベントでは不器用ながらも手作りのお菓子を作ってくれる。勉強もキングに教えてもらっているようだ。

アニメには登場していない。が、同じキングを慕う立場だからか、キングの取り巻き(ネコ目のウマ娘・ボブヘアのウマ娘)とは仲が良いことがゲームで示唆されている。

ホーム画面で実家にてセバスチャンという名の犬を飼っている事が窺える、まだまだやんちゃとの事。

勝負服

原案

ファンサービス
カワカミちゃん


モチーフはお姫様のドレス。なのだが、どちらかというと制服のような印象も受ける。
モデル馬の勝負服で見られた緑のひし形の意匠は、ソックスの模様のほか、宝石のアクセサリーとして胸元や服のボタンに取り入れられている。

ゲーム

カワカミプリンセス
バッチボコのドッカンカンですわ~~~~~っっ!!!!!!


2021年10月の育成実装をもって初披露。原案から大きくデザインが変更された。
全体的なデザインは「プリファイ」のような変身ヒロインのコスチュームがイメージとして取り入れられている。鮮やかなピンクを基調としつつ、本人によれば燃える闘魂を表す炎の意匠や挫けぬ意志を示すダイヤモンドの意匠が込められているようだ。
背中から伸びるリボン紐の先端にはイニシャルである「K」「P」が装飾されているが、これはキングヘイローの勝負服のベルトにも同様のイニシャル装飾がされており勝負服でも2人の繋がりを印象づけている。
彼女の目標を考えると、勝負服で目標を先取りしているようにもとれてしまうが、彼女としては「勝負服に恥じない自分でいたい」ためにこのような衣装にしたとのこと。

ゲーム


リリース当初より、師であるキングヘイローの育成シナリオとサポートSR[一流プランニング]で登場していた。

サポートカード

  • SSRサポートカード[花嫁たるもの!!]

2021年5月のストーリーイベント『花咲く乙女のJunePride』でRサポートカードと共にピックアップで新登場。

ウエディング岩石トス


スピード枠でありながらパワーを含む各種ボーナスも加算されるという、全キャラに対して汎用性が高い嬉しい1枚。連続イベントの最後でレアスキル「注目の踊り子」のヒントがもらえる。しかし似た性能に前述のキングヘイローSRがおり、レアスキルがないが完凸させやすい分そちらのほうが全体的な性能で上回りやすいため、評価を分け合う形になっている。

ストーリーではワイルドな彼女があちこちで活躍する……のだが、やっぱり腕力でどうにかしようとするので解決することもあれば各所にトラブルを引き起こすこともあり、オーブンを破壊した際にはカフェテリアの厨房を出禁になってしまっている。カードの説明文には以下に記すインパクト溢れるセリフがあるが、これもひとつの彼女らしさといえよう。

幸せは腕力【おのれのちから】でもぎ取ってナンボですわ~~~~っ!!!

育成

2021年10月11日に☆3育成ウマ娘[プリンセス・オブ・ピンク]として実装。

初期ステータス

スピードスタミナパワー根性賢さ
100711078290
+10%+20%
バ場適性AダートG
距離適性短距離マイル中距離長距離
DBAF
脚質適性逃げ先行差し追込
GCAD


固有スキル

姫たるもの、勝利をこの手に
最終直線を走行中に中団で競り合うと可憐にぶっ飛ばして速度を上げる

  • 発動条件はかなり厳しい上、発動しても位置が悪く多くの場合1着にたどり着けない。現状の評価は低め。
  • 発動時のムービーは、勝負服姿に変身したカワカミが悪の怪物に立ち向かい、右手を振りかぶってパンチ……と思いきや頭突きをするというもの。よく見るとおでこが赤くなっているのも芸コマ。

カワカミプリンセス



固有二つ名

おませな姫君
育成で高松宮記念を勝利した継承ウマ娘から想いを継承し、無敗でオークス、秋華賞、エリザベス女王杯を勝利する

  • 継承ウマ娘の条件は言わずもがな、史実で父のキングヘイローがモチーフだろう。ティアラ二冠は史実の勝ち鞍であるが、その直後のエリザベス女王杯(1位入線ののち降着)も含められている。どれも目標レースなので達成は困難ではない。
  • ちなみに隠し実況の条件も「無敗でオークス勝利」なので、固有二つ名を目指していれば自動的に聴ける。

スキルを考えると、芝中距離・差しでの育成が最適。ただし育成目標や後述の隠しイベント条件にはヴィクトリアマイルなどのマイルレースが含まれるため、継承でマイル適性をA以上に上げておくのが安定策。
成長率は現状効果が軽視されがちな根性に20%も割り振られているため、他のステータスを補強することを優先したい。覚醒Lvを5まで上げると強力なレアスキル「昇り龍」が使えるようになるので、できるなら上げておきたいところ。

固有イベントは、6つの牝馬限定GⅠレースを全て勝利することで発動する。対象レースは阪神ジュベナイルフィリーズ桜花賞オークス秋華賞ヴィクトリアマイルエリザベス女王杯。このうちエリ女はクラシック・シニア両方に目標があるが、どちらを勝利しても可。
阪神JFと桜花賞は目標レースではないため、狙って出る必要がある。ちなみにカワカミの桜花賞には専用のイベントが用意されている。

隠しイベントはもう1つある。それは師・キングヘイローの勝ち鞍である高松宮記念
出走せずともキングの高松宮記念を"見に行く"イベントが発生しカワカミの再起が描かれるのだが、この時出走を選択し直接対決を仕掛けることで、より2人の関係に踏み込んだ特別なイベントに切り替わる。イベントはレース前後の両方が用意されており、さらにレース結果によってレース後のイベントが「キング1着」「カワカミ1着」「キング・カワカミどちらも敗北」の3種類に分岐する別格の特別仕様。キングヘイローのトレーナーなら間違いなく必見。
カワカミ1着のイベントを狙う場合は、継承で短距離適性を上げなければかなり難しいだろう。

ウイニングライブではトリプルティアラの専用曲である『彩Phantasia』の歌唱に対応。リリース当初から半年以上歌唱対応ウマ娘がエアグルーヴだけだった同曲にようやく2人目のボーカルが追加された。

競走馬カワカミプリンセス

カワカミプリンセスは2006年の優駿牝馬(オークス)と秋華賞を制した2冠牝馬。キングヘイローの代表産駒の一頭である。
名前の由来は生産牧場かつ馬主の三石川上牧場+お姫様で、故郷の北海道三石町(現:新ひだか町)川上のプリンセスになって欲しいという願いが込められている。

デビューは3歳の2月と遅れたが3連勝でオークスに挑戦すると、見事優勝してミスオンワード以来49年ぶりとなる無敗のオークス制覇を達成。秋には秋華賞を勝って2冠牝馬となり、古馬牝馬GⅠのエリザベス女王杯をも制してファインモーションに次ぐ無敗の古馬GⅠ制覇を達成したかに思われたが、審議の結果進路妨害が認められ12着への降着処分を受けた。

スイープトウショウとは2回対戦。06年エリザベス女王杯、3位入線から繰り上がりで2着。
07年ヴィクトリアマイルではスイープ9着、カワカミ10着。
ウオッカとは2回対戦。07年宝塚記念でカワカミ6着、ウオッカ8着。
09年ヴィクトリアマイルではウオッカ1着、カワカミ8着。
ダイワスカーレットとは08年有馬記念で対戦、ダスカ1着、カワカミ7着。

2010年シーズンから繁殖入り。
2018年生まれのジョージバローズは父ダイワメジャー(ダイワスカーレットの半兄)。

『プリファイ』

概要

姫たるものっ! 華麗に、優雅に、勇ましく!
爆走猛姫☆プリンセスファイター!!
夢見る心は止まれないっ!

毎週日曜朝に放送されている、女児向けテレビアニメシリーズ。上記キャッチフレーズの通り、正式名称は『爆走猛姫☆プリンセスファイター』。
お姫様でありながら、闇から生まれたダークウマ娘と正々堂々レースで戦うウマ娘の戦士の物語。王子様もとい「伝説のトレーナー」との強い絆によって、強大な力が主人公にもたらされる。
カワカミプリンセスが敬愛しているほか、ダイワスカーレットらも小さい頃に見ていたらしい。

中でも『初代』『無印プリファイ』と呼ばれる作品はファンの間でも金字塔として愛されているらしく、テレビシリーズではダークウマ娘のリーダーであるダークプリンセスと戦いを繰り広げる。特に最終回後の時系列を描いた劇場版は宇宙を舞台にしており、上映から何年も経った今でも不朽の名作と名高いようだ。
主人公の名前はシャイニープリンセス、マスコットは執事犬のセバスチャンだとか。

その人気の高さからか、現在までフォーマットを踏襲したシリーズが作られ続けている。カワカミが挙げた主なものは、『プリファイ☆リターンズ』『プリファイ☆'s【スターズ】』『プリファイvs闇プリファイ』『フラっと♭プリファイ』『シュガらぶ♪プリファイ』など。最新作は『マ・マ・ママッスル!プリファイ』らしい。
劇場版も定期的に制作されており、中にはそれまでのプリファイが肩を並べるオールスター作品や、キャロットマンとのコラボ映画もある。変身アイテム「プリファイフォン」からプリファイ仕様のクリスマスケーキまで、商品展開も幅広い様子。

元ネタ

………とまあ、ここまで読んだ方にはお分かりだろうが、どこをどう考えても『プリキュア』シリーズを強烈に意識していることが窺える。

特に初代プリキュアの要素は濃く、テレビシリーズが全49話、敵の名前が「ヤメトケー」であるなど。他にもカワカミの台詞に「ピンチは、パンチでねじ伏せる!」があったり、固有スキルの発動ムービーで怪物を倒した際に「ビクトリー!」と叫んだりなど、パロディ元へのリスペクトが感じられる。
細かいところでは、シナリオにおいてカワカミの活躍に憧れてお姫様になりたい男の子が登場するが、これもシリーズの近年の動向をしっかりおさえているようだ。

やはりというか、こんなイラストが描かれるのも当然と言えよう。⇒ウマ娘プリキュアダービー

ふたりはプリファイ



ここまで推されるのは、やはり史実のカワカミプリンセス号の同期であるこの牝馬が関係している可能性が高い。
ストーリーでは黄色とピンク色の耳飾りをした黒い鹿毛のウマ娘(グラフィック無し)に「その髪飾りは『シュガらぶ♪プリファイ』のハニーレモンプリンセスがモチーフですか」と尋ねる場面があるが、そのウマ娘もしかして…

ちなみにプリキュアで「プリンセス」と言えばGo!プリンセスプリキュアという作品があるが、この作品の根幹たるテーマは「自分の理想・夢である将来像(=お姫様)になるために、誰の反対を受けようとも自分らしさを磨き上げていく」というもの。これはカワカミの育成シナリオにおけるテーマとかなりの部分で類似しており、モチーフの共通性からも多少なりともこの作品が意識されている可能性が高い。
他にも、プリンセスらしさが3つの要素(『ゴープリ』では強く、優しく、美しく)で定義されていたり、主人公達の通う学園全寮制であるなど共通点は多い。

余談

「猛バに注意」

カワカミプリンセス号は普段から気性が荒く、厩舎の馬房には「猛犬に注意」の「犬」を直した「猛馬に注意」の看板が下がっていた。また、その下には「Don't touch」のシールも貼られていたという。それら注意喚起は伊達ではなく、当時取材を行っていた厩舎担当記者によれば「カイバ食べてる時でも近付けば、即、威嚇」というぐらいに本当に荒い気性だったようだ。
また、洗い場で洗われている時に暴れて、壁を蹴って穴を開けてしまったエピソードも残っている。
カワカミプリンセスのワイルドな性格は、この気性を反映したものだろう。
日刊ゲンダイのツイート

猛馬注意


ホーム会話によると、過去に「猛注意」と言われていたことがあるとか。

波乱含みのエリザベス女王杯

そんな彼女が現役時代に3度出走したエリザベス女王杯では何かと波乱含みの展開が起こっている。
初出走の第32回エリザベス女王杯では上述通り自身が斜行で降着し、二着入線のフサイチパンドラに一着を明け渡してしまっている。
2度目の第33回エリザベス女王杯では自身は二着だったものの、スタートと同時にポルトフィーノが鞍上の武豊を振り落とし、そのままカラ馬の状態で一着に入るという珍事が起こった。(※当然ながらカラ馬なので競走中止扱い。一着はリトルアマポーラだった。)
ラストランとなった第34回エリザベス女王杯では、道中20馬身とぶっちぎりで逃げるクィーンスプマンテテイエムプリキュア爆逃げを後ろで見ているしか無かった。(※なお、このレースは二着のテイエムプリキュアから2頭はプリキュア」、「ふたりでターボなどと揶揄されたとか…)

関連イラスト

カワカミ
カワカミ
プリンセスの条件
カワカミプリンセス


30000ジュエルを砕いたカワカミプリンセス
\カワカミプリンセス/
センシティブな作品
カワカミプリンセス


カワカミプリンセス
2021_10_12 ウマ娘
プリンセス
カワカミプリンセスちゃん



関連タグ

ウマ娘プリティーダービー
ウマ娘プリティーダービー(ゲーム) うまよん

キングヘイロー(ウマ娘):モデル馬同士が父娘。ウマ娘では本物のお嬢様であり、師弟のような関係。
スイープトウショウ(ウマ娘) ウオッカ(ウマ娘) ダイワスカーレット(ウマ娘)
ファインモーション(ウマ娘) メジロドーベル(ウマ娘)

メジロマックイーン(ウマ娘)ヒシアマゾン(ウマ娘):モデル馬が斜行により降着を経験した。

忍者と極道:『コミックDAYS』で連載中の漫画。同じくプリキュアをパロディした劇中作『プリンセスシリーズ』が登場する。特に初代とされる作品の8話の内容は『プリファイ』で言及されたものと酷似している。台詞に特徴的なルビをふるなどカワカミ自身との共通点もあり、カワカミの育成ウマ娘実装と同日に最新話が配信されたことで話題になった。
アリーナ姫:武闘派のお姫様ということで彼女を連想したトレーナーも多い筈。
女子力(物理)

外部リンク

第47回「ぱかラジッ!~ウマ娘広報部~」 ゲスト:高橋花林

関連記事

親記事

ウマ娘 うまむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カワカミプリンセス(ウマ娘)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カワカミプリンセス(ウマ娘)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4185388

コメント