ピクシブ百科事典

誤チェスト

ごちぇすと

誤チェストとは山口貴由先生の作品「衛府の七忍」にて登場したパワーワードである。世に出るやいなやネットを媒介にあっというまにネタとして広まった。
目次[非表示]

「誤チェストにごわす」

誤チェストとは読んで字の如く”チェスト”し間違えることである。事の発端は怨身忍者の脅威に手を焼いた幕府が薩摩藩に”鬼退治”として怨身忍者レジイナ討伐を命じたことから始まった。だが、勇壮な薩摩隼人を持ってしても怨身忍者には手も足も出なかったため、やむなく薩摩藩は日本最強の侍である宮本武蔵に助太刀を頼むことにしたのである。
しかし、そのやり方は常人の発想を逸脱したものだった。宮本武蔵のスカウトを命じられた中馬大蔵率いる武家者(ぼっけもん)の一団は武蔵が現れるであろう山道にて待ち伏せし、道を通る武士を片っ端からチェストして武蔵かどうかを確かめていたのだ。武蔵が鬼退治を成しうる人物かどうか確かめる意味合いもあったのだが、幾人もの無関係な侍を誤チェストしてしまう結果となった。後に現れた本物の武蔵にも勇んでチェストしたぼっけもん達であったが、虎のごとき強さを誇る武蔵に生半可なチェストはまるで通じず、中馬を除く全員が武蔵にチェストされることになった。因果応報と言うべきか・・・。別の言い方をすれば、こんな無茶苦茶な真似をやらかしたぼっけもん達さえ、「衛府の七忍」世界における宮本武蔵がどれだけ人間離れした存在かを印象づける為の単なる噛ませ犬に過ぎなかったのだ

「チェストん説明するんは女々か?」「名案にごつ」

チェストとは薩摩隼人が敵に向かって斬りかかる際に発する雄叫びである。薩摩示現流では雄叫びを上げて敵を怯ませ一刀のもとに相手を渾身の力で叩き切ることを基本戦法にしていることもあり、チィィィエエエエエエストォォォォォオオオオッッ!!!と腹の底から声を出すことが大事とされる。
チェストとは言わば感情の爆発そのものであり、空手における押忍の概念に通じるものである。
故にチェストには万の意味が込められており、一口に説明するのは困難である。
後に武蔵が中馬にチェストの意味を聞いた際も「チェストはチェストじゃ!チェストん意味聞くような者はチェスト出来ん!」と返されており、チェストとは言葉で容易く語れるものではないことが伺える。後に中馬たち薩摩隼人の熱き心意気と蛮勇とも言える勇壮さに感じ入った武蔵は「チェストとは”知恵捨て”と心得たり」と彼なりの結論を導き出した(ただし、数ある説の一つではあるがチェストの語源は「智を捨てよ(ここでいう「智」とは剣を打ち込む以外の雑念の意)」が訛ったものとする説は本当にある)。

チェスト一覧

「チェスト関ヶ原!」
島津家の隠語で”ぶち殺せ!”を意味する。ちなみに意味こそ違うがチェスト関ヶ原という単語は実在のものである。

「チェスト種子島」
種子島こと火縄銃でチェストすること。ちなみにこのとき使われた火縄銃は18連装という凄まじくチェストな逸品であった。

関連チェスト

衛府の七忍

pixivに投稿された作品 pixivで「誤チェスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102611

コメント