ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

二枚貝の一群。海の岩から「掻き落とす」ことからこの名がついたといわれる。一般的にはマガキやイワガキを指すが、食用にならない小型の種類もある。

や岸壁にくっついて生育する典型的な固着動物で、栄養豊富な沿岸域を好む。生活排水が流れ込む海域では特に旺盛に成長し、時にノロウイルスなどの食中毒の原因になることがある。しばしば底にくっついて抵抗を生むが、鋼鉄船の時代になって特殊な塗料()を船底に塗ることで大分解消された。

食文化

  • 一般的に出回っている牡蠣は筏や籠を使って養殖したもの。海中のプランクトンを取り込んで成長するので餌は与えない。養殖が始まったのはなんと古代ローマ時代で、史上最も古くから養殖がおこなわれた海産物である。当時の養殖方法は干潟に牡蠣をばらまき生育を待つ「地蒔き」という素朴なもの。
  • 日本では加熱調理や酢締めが一般的な調理法だが、西洋では古代ローマ時代から生食が一般的である。海産物を生食する文化が発達していなかった欧米でも、牡蠣だけは例外。
  • 洋食として普及しているカキフライだが、実は日本独特の料理である。
  • 身のほとんどは内臓で、筋肉は退化している。
  • 非常に「あたる」ことの多い食材としても知られ、採取してすぐの牡蠣は貝毒を持ち、濾過した海水(及び濃度を調整した塩水)で数日間絶食させたものが「生食用」として流通させられる。ただし、細菌ウィルスに関しては、加熱以外の対処法は無い。
  • Rの付かない月(5~8月)に食べられないのが一般的な"真牡蠣"だが、一部の種類("岩牡蠣")は春から夏が旬である。
  • 貝殻の粉末は"ボレイ(末)"と呼ばれる『日本薬局方』の生薬であり、鳥類の餌にもなる。また「かき殻石灰」として肥料に用いられる。


関連タグ

カキ かき 牡蛎:表記ゆれ
:英語でPersimmon
カキフライ オイスターバー 酢牡蠣
かきふらい 海のミルク

関連記事

親記事

二枚貝 にまいがい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「牡蠣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 688538

コメント