ピクシブ百科事典

フィエールマン

ふぃえーるまん

フィエールマンは、2015年生まれの競走馬。 主な勝鞍は2018年の菊花賞、2019年・2020年の天皇賞(春)。
目次[非表示]

経歴

2015年1月20日生まれ。
父はディープインパクト
馬名は音楽用語で「気高く・勇ましく」(Fierement)

2018年(3歳)

3歳になった2018年の1月28日の新馬戦で石橋脩を背にデビューし、初勝利。
2戦目の山藤賞も快勝。
3戦目は重賞初挑戦となるラジオNIKKEI賞(GⅢ・福島競馬場)だが、メイショウテッコンを捉えられず2着に敗れた。


そして、当初の予定通りクリストフ・ルメールを鞍上に迎えた菊花賞では、単勝は7番人気という低さだった。
ミルコ・デムーロ鞍上のエタリオウとの叩き合いの末にハナ差で勝利し、GⅠ初勝利。キャリア4戦目での菊花賞勝利は最少記録であった。

2019年(4歳)

古馬初戦のアメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)では1番人気だったがシャケトラに及ばず2着。


平成最後のGⅠとなった第159回天皇賞は、シャケトラが調教中の事故でこの世を去ったため1番人気。見事勝利し、平成最後のGⅠホースとなった。

秋はフランス凱旋門賞に挑戦することが発表され、その壮行戦として札幌記念(GⅡ)が選ばれた。
札幌記念では1番人気だったが、同じく凱旋門賞に挑戦するブラストワンピースに敗れ3着。(2着はサングレーザー。)

凱旋門賞は、ブラストワンピースやキセキと共に挑戦するも、まさかの最下位(12頭立ての12着)に終わってしまうこととなった。(キセキは7着、ブラストワンピースは11着。)

帰国後は有馬記念に出走。主戦騎手のルメールがアーモンドアイを選択したため、池添謙一が騎乗した。
凱旋門賞での最下位が響いて6番人気だった中で、リスグラシューサートゥルナーリアワールドプレミアに続く4着だった。(アーモンドアイは9着だった。)

2020年(5歳)


2020年は、前哨戦を挟まずに連覇を果たすべく天皇賞(春)へ直行。
レースは11番人気のスティッフェリオとの激しい叩き合いとなり、クビ差で差し切ってGⅠ3勝目。史上5頭目の天皇賞(春)を連覇した馬となり、鞍上のルメールは、レイデオロで制した2018年の天皇賞(秋)から天皇賞を4連覇することとなった。

関連タグ

競走馬

歴代菊花賞馬

2017年(第78回)2018年(第79回)2019年(第80回)
キセキ(ミルコ・デムーロ)フィエールマン(クリストフ・ルメール)ワールドプレミア(武豊)

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フィエールマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント