ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集

生年2016年(5歳)
血統父:ディープインパクト/母:マンデラ/母の父:アカテナンゴ
馬主
厩舎友道康夫(栗東)
主な勝利レース菊花賞(19)/天皇賞(春)(21)

概要編集

ワールドエースを全兄に持ち、当歳時のセレクトセールでは2億4000万円という高額で落札された。これは後にGⅠ競走を勝つ馬の落札価格としては歴代1位。

武豊騎手を鞍上に、18年菊花賞当日の伝説の新馬戦から勝ち上がり、翌年の菊花賞を制した。

ちなみに武豊はこれで史上最多の菊花賞5勝、最年長での菊花賞勝利となった。


続いて有馬記念ではリスグラシュー、サートゥルナーリアに次ぐ3着だったが、最終直線で10頭以上を抜き去る豪脚を見せた。


しかし翌2020年は疲労が激しく休養に入り、秋のジャパンカップにて復帰して6着、暮の有馬記念は5着と目立てないまま終わった。


2021年には前年回避した天皇賞(春)へ出走。武豊騎手の負傷により鞍上は福永祐一騎手。

ここで本領を発揮し、1年半ぶりの勝利を掴みとる。

関西テレビの岡安アナウンサーが「菊花賞馬の意地だ!」と叫んだほどの豪脚ぶりだった。


秋には岩田康誠騎手を鞍上に天皇賞(秋)へ挑んだが、11着と惨敗。

その後ジャパンカップを目指していたが、体調不良のため引退し、種牡馬入りとなった。



余談編集

2021年春に競馬関係者約170人による、新型コロナウイルス対策の持続型給付金不正受給が発覚。

その不正受給の方法を指南・斡旋したのがワールドプレミアの馬主であった。

馬自身に何の罪もないのにマイナスイメージが付いてしまったこと、主な勝ち鞍が菊花賞と春天であることから、ライスシャワーを連想する競馬ファンもいる(あちらはただ勝っただけでヒール扱いされたので、馬どころか人間にも罪はないが)。


関連記事編集

アンライバルド/ローズキングダム/エピファネイア/シャフリヤール…菊花賞当日の伝説の新馬戦からG1馬になった馬。

関連記事

親記事

19世代 じゅうきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12724

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました