ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヴィルシーナ

ゔぃるしーな

日本の競走馬。馬名の由来はロシア語の「頂点」。ヴィクトリアマイル連覇を果たした。
目次 [非表示]

ウマ娘プリティーダービーキャラクターについては

ヴィルシーナ(ウマ娘)の記事へ


概要編集

日本の競走馬繁殖牝馬

馬名はロシア語で「頂点」。

主な勝ち鞍はヴィクトリアマイル(2013年、2014年)など。

牝馬三冠すべてジェンティルドンナの2着という珍記録を残している。エリザベス女王杯でもレインボーダリアの2着で、メイショウドトウと並ぶ史上2例目の同一年(2012年)GⅠ4連続2着も記録した。

全妹にヴィブロス、半弟にシュヴァルグランがいる。


JRA広告「名馬の肖像編集

ここだけは編集

涙に暮れた一年

その悔しさを

晴らすために

ここだけは

負けられなかった


喜びを忘れた一年

あの煌めきを

取り戻すために

ここだけは

負けたくなかった"


 「名馬の肖像」2020年ヴィクトリアマイルより


プロフィール編集


略歴編集

2009年

3月5日、北海道安平町のノーザンファームで誕生。

父は無敗三冠馬のディープインパクト、母は尻尾のない競走馬のハルーワスウィート。母父のマキャベリアンはフランスで活躍後にダルハムホールスタッドイギリス)で種牡馬入りし、数多くの活躍馬を輩出した。


2010年

プロ野球選手の佐々木主浩が購入し馬主となる。佐々木はハルーワスウィートのファンで、その仔は全て購入している。佐々木の妻(女優榎本加奈子)によりヴィルシーナと名付けられた。


2011年

母を管理した栗東の友道康夫調教師に預けられた。

8月28日、福永祐一騎手を鞍上に札幌競馬場の新馬戦(芝1800m)でデビュー。鋭い末脚を発揮し初出走初勝利を飾った。

11月13日、黄菊賞(500万下)に出走しブライトラインの3着に敗れた。

12月11日、イオリッツ・メンディザバル騎手に乗り替わり、エリカ賞(500万下)に出走し1着。


2012年

2月11日、岩田康誠騎手に乗り替わり、クイーンカップGⅢ)に出走し1着。重賞初勝利を挙げオープンへ昇格。牝馬クラシック戦線の有力候補と見做されたが、岩田は同期の強敵・ジェンティルドンナに乗る先約があった。

4月8日、内田博幸騎手に乗り替わり桜花賞(GⅠ)に出走。ジェンティルドンナの2着に敗れた。

5月20日、優駿牝馬(GⅠ)に出走しジェンティルドンナの2着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

9月16日、ローズステークスGⅡ)に出走しジェンティルドンナの2着に敗れた。

10月14日、秋華賞(GⅠ)に出走し、ジェンティルドンナと横並びでゴール。差し返したと思われたが、写真判定の結果、ハナ差で2着に敗れた。この後、ジェンティルドンナが牝馬限定レースに出走する事はなかった。

11月11日、エリザベス女王杯(GⅠ)に出走しレインボーダリアの2着に敗れた。馬主の佐々木は2月22日生まれ、現役時代の背番号22等々、「2」という数字に縁が深く「ここまで2着ばかりだと、僕の生まれが悪いのかなぁ」と零す一幕もあった。


2013年

3月31日、産経大阪杯(GⅡ)で始動。オルフェーヴルの6着に敗れた。

5月12日、ヴィクトリアマイル(GⅠ)に出走。ホエールキャプチャをハナ差しのいで初のGⅠレース勝利となった。

6月2日、クレイグ・ウィリアムズ騎手に乗り替わり安田記念(GⅠ)に出走しロードカナロアの8着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

10月6日、岩田康誠騎手に乗り替わり京都大賞典(GⅡ)に出走しヒットザターゲットの8着に敗れた。

11月10日、エリザベス女王杯に出走しメイショウマンボの10着に敗れた。

11月24日、ジャパンカップ(GⅠ)に出走しジェンティルドンナの7着に敗れた。


2014年

2月17日、内田博幸騎手に乗り替わり東京新聞杯(GⅢ)で始動。ホエールキャプチャの11着に敗れた。

4月12日、阪神牝馬ステークス(GⅡ)に出走しスマートレイアーの11着に敗れた。惨敗が続き、限界説もささやかれた。

5月18日、ヴィクトリアマイルに出走。単勝11番人気と人気薄だった。レースでは積極的にハナを奪い、逃げ切りで1年ぶりの勝利を挙げた。史上初のヴィクトリアマイル連覇という快挙も達成。

6月29日、宝塚記念(GⅠ)に出走しゴールドシップの3着に敗れた。秋競馬に向け休養に入る。

11月16日、エリザベス女王杯に出走しラキシスの11着に敗れた。

12月28日、有馬記念(GⅠ)に出走しジェンティルドンナの14着に敗れた。日本中央競馬会の競走馬登録を抹消し引退。


2015年

生まれ故郷のノーザンファームで繁殖牝馬となった。


2020年

9月6日、初仔のブラヴァス新潟記念(GⅢ)を勝ち、産駒初の重賞優勝となった。


2023年

10月14日、3番仔のディヴィーナ府中牝馬ステークス(GⅢ)で勝利。


余談編集

  • 友道師は2017年2月25日の「ウイニング競馬」(テレビ東京)で「ヴィルシーナは神楽坂おばんざい屋女将さんタイプ、ヴィブロスはギャルタイプで全然性格が違う」と述べている。
  • 同期のジェンティルドンナに勝利を阻まれ続けたが、2014年宝塚記念でジェンティルドンナは9着で、唯一先着(ヴィルシーナ3着)した。

関連画像編集

ジェンティルドンナとのコンビイラストが豊富。

三冠 


関連タグ編集

12世代 JRA 競走馬 繁殖牝馬

関連記事

親記事

12世代 じゅうにせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1030512

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました