ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
JRAの元競走馬、種牡馬。2003年最優秀父内国産馬。

誘導

誘導

2023年2月22日の「ぱかライブTV Vol.26」にて発表されたウマ娘プリティーダービーウマ娘。→ヒシミラクル(ウマ娘)


プロフィール

プロフィール

“奇跡”は、ロングスパートから。

3コーナー手前から加速にかかり、息の長い末脚でライバルたちを競り落としていく。リプレイのように戴冠劇を繰り返しながら、最強の座に君臨したヒシミラクル。

定石よりもはるかに早く、常識よりもはるかに長く、ヒシミラクルの繰り出すロングスパートが奇跡を現実にかえていく。


奇跡ではなく


強情な人々は

あり得ないことだと

顔をしかめるだろう。


だが幸運を生かせずに

消えていくものが多い中で

君は確かにやり遂げた。


さあ、ここからの仕事は

彼らを黙らせることだ。

君が見せたその輝きを

奇跡とは呼ばせるな。


誕生日1999年3月31日
欧字表記Hishi Miracle
性別
毛色芦毛
サッカーボーイ
シュンサクヨシコ
母の父シェイディハイツ
生産大塚牧場(北海道三石郡三石町)
馬主阿部雅一郎
調教師佐山優(栗東)
主戦騎手角田晃一
競走成績28戦6勝
主要勝鞍天皇賞(春)(2003)
獲得賞金5億1498万9000円

1999年3月31日生まれの日本の競走馬。JRAで活躍した。

サッカーボーイ、母シュンサクヨシコ。通算28戦6勝。佐山優厩舎

ノースフライトと並び、角田晃一騎手の代表的騎乗馬である。


デビュー前はセリ市で680万円で購入された安い馬で、獲得賞金は5億1,498万円


重賞勝利はGⅠのみのGIハンターで、しかも間に惨敗を挟んだこともあり、勝ったレースではいずれも穴馬扱いからその名の通りミラクルを起こした。

そもそも、馬名の由来が馬主の(血統的な意味での期待値的に)「一勝二勝はするだろう(オープンくらいには入れるかもしれない)、それ以上勝ったら奇跡(ミラクル)」という、「応援的な意味での期待はするが過度の期待はしない」という、まさに「ミラクル」を自らの力で呼び寄せた馬である。

同期の有力馬シンボリクリスエスには1勝(1敗)だった。


略歴

略歴

2001年8月11日、小倉競馬場の新馬戦でデビューし7着。

2002年5月26日の東京優駿当日、中京競馬場未勝利戦で1着。10戦目でやっと初勝利を挙げた。


その後は菊花賞出走を目標に条件戦に出走するも、優先出走権を得られず、賞金の面でも厳しかったが、抽選を潜り抜けて何とか出走にこぎ着けた。


10月20日、第63回菊花賞はスタート直後に1番人気のノーリーズン落馬で競走中止。ヒシミラクルが10番人気からレースを制し夏の上り馬となる。後方から一気の追い込みでヒシミラクルにハナ差まで迫ったファストタテヤマは16番人気であり、馬連配当9万6070円、三連複配当34万4630円という波乱の結末となった。

世間からはヒシミラクルの勝利はフロック扱いで、その後も惨敗が続いた。


2003年3月23日、春の天皇賞前哨戦の阪神大賞典で惨敗し、人気を落とす。

しかし5月4日、本番の天皇賞(春)ではズブさを発揮しながらも、7番人気から優勝。


6月29日、GⅠ馬が6頭揃い史上最高メンバーと言われた宝塚記念に出走。直線で「来る!来る!ヒシミラクル!」(KBS京都梶原誠アナの中継)とシンボリクリスエス、タップダンスシチーネオユニヴァースを完封、ツルマルボーイを押し切り勝利。

6番人気で三たび大番狂わせをやってのけた。


10月12日、京都大賞典で2着に入るがレース後に右前繋靭帯炎が発症。療養生活を送る。


2004年10月31日、1年以上の休養明けに天皇賞(秋)に出走するも16着。


2005年2月19日、京都記念で3着。最後の入着となる。

5月1日、天皇賞(春)で16着。直後に繋靭帯炎が再発し、5月20日付でJRAの競走馬登録を抹消された。


2006年からレックススタッド種牡馬になったが種付頭数は少なく活躍馬は出せず、2010年秋から中村雅明牧場功労馬として余生を過ごしており当て馬の仕事をしている。

2020年にビワハヤヒデ(1993年)が死去したことにより存命最高齢の菊花賞馬となった。


ミラクルおじさん

ミラクルおじさん

2003年の宝塚記念において、ヒシミラクルは最終的に6番人気だった。

だが前日土曜日の段階では、いきなりヒシミラクルのオッズが大変動し1番人気になっていた。


原因は、この日新橋の馬券売り場に現れたひとりの中年男性にあるという。

この男性は、まず直前の安田記念を勝ったアグネスデジタルの単勝馬券130万円分×9.4倍の配当金1222万円の払い戻しを受け取った。デジタルはその時点でGⅠ5勝の実績馬ではあったが、1年以上の休養明け最初のGⅠレースであり、何よりそれに単勝1点で130万円を突っ込む時点でも大した馬券師である。

(ちなみにその130万円の元手についてはNHKマイルカップウインクリューガー日本ダービーネオユニヴァース説があるが、後者の方が優勢。)


しかし、その男性は何と受け取った1222万円を即座にヒシミラクルの単勝馬券に全て注ぎ込んだのだ。これによって一時的にヒシミラクルのオッズが急激に下がったのである。


最終的には単勝16.3倍に落ち着いたものの、見事にそのヒシミラクル単勝1点の大勝負を当てた男性はおよそ2億円を手にする事になったのである。

これは宝塚記念の1着賞金1億3000万円を上回る金額であり、ヒシミラクルを優勝に導いた角田晃一騎手もこの話を聞かされ「僕よりよほどの勝負師ですね」と驚きのコメントを寄せている。


この男性は「ミラクルおじさん」「2億円おじさん」と呼ばれ話題を呼んだが、いったい何者なのか、2億円はきちんと受け取ったのか……などは不明のままである。


関連タグ

関連タグ

競走馬 02世代

誘導

誘導

2023年2月22日の「ぱかライブTV Vol.26」にて発表されたウマ娘プリティーダービーウマ娘。→ヒシミラクル(ウマ娘)


プロフィール

プロフィール

“奇跡”は、ロングスパートから。

3コーナー手前から加速にかかり、息の長い末脚でライバルたちを競り落としていく。リプレイのように戴冠劇を繰り返しながら、最強の座に君臨したヒシミラクル。

定石よりもはるかに早く、常識よりもはるかに長く、ヒシミラクルの繰り出すロングスパートが奇跡を現実にかえていく。


奇跡ではなく


強情な人々は

あり得ないことだと

顔をしかめるだろう。


だが幸運を生かせずに

消えていくものが多い中で

君は確かにやり遂げた。


さあ、ここからの仕事は

彼らを黙らせることだ。

君が見せたその輝きを

奇跡とは呼ばせるな。


誕生日1999年3月31日
欧字表記Hishi Miracle
性別
毛色芦毛
サッカーボーイ
シュンサクヨシコ
母の父シェイディハイツ
生産大塚牧場(北海道三石郡三石町)
馬主阿部雅一郎
調教師佐山優(栗東)
主戦騎手角田晃一
競走成績28戦6勝
主要勝鞍天皇賞(春)(2003)
獲得賞金5億1498万9000円

1999年3月31日生まれの日本の競走馬。JRAで活躍した。

サッカーボーイ、母シュンサクヨシコ。通算28戦6勝。佐山優厩舎

ノースフライトと並び、角田晃一騎手の代表的騎乗馬である。


デビュー前はセリ市で680万円で購入された安い馬で、獲得賞金は5億1,498万円


重賞勝利はGⅠのみのGIハンターで、しかも間に惨敗を挟んだこともあり、勝ったレースではいずれも穴馬扱いからその名の通りミラクルを起こした。

そもそも、馬名の由来が馬主の(血統的な意味での期待値的に)「一勝二勝はするだろう(オープンくらいには入れるかもしれない)、それ以上勝ったら奇跡(ミラクル)」という、「応援的な意味での期待はするが過度の期待はしない」という、まさに「ミラクル」を自らの力で呼び寄せた馬である。

同期の有力馬シンボリクリスエスには1勝(1敗)だった。


略歴

略歴

2001年8月11日、小倉競馬場の新馬戦でデビューし7着。

2002年5月26日の東京優駿当日、中京競馬場未勝利戦で1着。10戦目でやっと初勝利を挙げた。


その後は菊花賞出走を目標に条件戦に出走するも、優先出走権を得られず、賞金の面でも厳しかったが、抽選を潜り抜けて何とか出走にこぎ着けた。


10月20日、第63回菊花賞はスタート直後に1番人気のノーリーズン落馬で競走中止。ヒシミラクルが10番人気からレースを制し夏の上り馬となる。後方から一気の追い込みでヒシミラクルにハナ差まで迫ったファストタテヤマは16番人気であり、馬連配当9万6070円、三連複配当34万4630円という波乱の結末となった。

世間からはヒシミラクルの勝利はフロック扱いで、その後も惨敗が続いた。


2003年3月23日、春の天皇賞前哨戦の阪神大賞典で惨敗し、人気を落とす。

しかし5月4日、本番の天皇賞(春)ではズブさを発揮しながらも、7番人気から優勝。


6月29日、GⅠ馬が6頭揃い史上最高メンバーと言われた宝塚記念に出走。直線で「来る!来る!ヒシミラクル!」(KBS京都梶原誠アナの中継)とシンボリクリスエス、タップダンスシチーネオユニヴァースを完封、ツルマルボーイを押し切り勝利。

6番人気で三たび大番狂わせをやってのけた。


10月12日、京都大賞典で2着に入るがレース後に右前繋靭帯炎が発症。療養生活を送る。


2004年10月31日、1年以上の休養明けに天皇賞(秋)に出走するも16着。


2005年2月19日、京都記念で3着。最後の入着となる。

5月1日、天皇賞(春)で16着。直後に繋靭帯炎が再発し、5月20日付でJRAの競走馬登録を抹消された。


2006年からレックススタッド種牡馬になったが種付頭数は少なく活躍馬は出せず、2010年秋から中村雅明牧場功労馬として余生を過ごしており当て馬の仕事をしている。

2020年にビワハヤヒデ(1993年)が死去したことにより存命最高齢の菊花賞馬となった。


ミラクルおじさん

ミラクルおじさん

2003年の宝塚記念において、ヒシミラクルは最終的に6番人気だった。

だが前日土曜日の段階では、いきなりヒシミラクルのオッズが大変動し1番人気になっていた。


原因は、この日新橋の馬券売り場に現れたひとりの中年男性にあるという。

この男性は、まず直前の安田記念を勝ったアグネスデジタルの単勝馬券130万円分×9.4倍の配当金1222万円の払い戻しを受け取った。デジタルはその時点でGⅠ5勝の実績馬ではあったが、1年以上の休養明け最初のGⅠレースであり、何よりそれに単勝1点で130万円を突っ込む時点でも大した馬券師である。

(ちなみにその130万円の元手についてはNHKマイルカップウインクリューガー日本ダービーネオユニヴァース説があるが、後者の方が優勢。)


しかし、その男性は何と受け取った1222万円を即座にヒシミラクルの単勝馬券に全て注ぎ込んだのだ。これによって一時的にヒシミラクルのオッズが急激に下がったのである。


最終的には単勝16.3倍に落ち着いたものの、見事にそのヒシミラクル単勝1点の大勝負を当てた男性はおよそ2億円を手にする事になったのである。

これは宝塚記念の1着賞金1億3000万円を上回る金額であり、ヒシミラクルを優勝に導いた角田晃一騎手もこの話を聞かされ「僕よりよほどの勝負師ですね」と驚きのコメントを寄せている。


この男性は「ミラクルおじさん」「2億円おじさん」と呼ばれ話題を呼んだが、いったい何者なのか、2億円はきちんと受け取ったのか……などは不明のままである。


関連タグ

関連タグ

競走馬 02世代

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

ヒシミラクル
7
ヒシミラクル
7
JRAの元競走馬、種牡馬。2003年最優秀父内国産馬。

誘導

誘導

2023年2月22日の「ぱかライブTV Vol.26」にて発表されたウマ娘プリティーダービーウマ娘。→ヒシミラクル(ウマ娘)


プロフィール

プロフィール

“奇跡”は、ロングスパートから。

3コーナー手前から加速にかかり、息の長い末脚でライバルたちを競り落としていく。リプレイのように戴冠劇を繰り返しながら、最強の座に君臨したヒシミラクル。

定石よりもはるかに早く、常識よりもはるかに長く、ヒシミラクルの繰り出すロングスパートが奇跡を現実にかえていく。


奇跡ではなく


強情な人々は

あり得ないことだと

顔をしかめるだろう。


だが幸運を生かせずに

消えていくものが多い中で

君は確かにやり遂げた。


さあ、ここからの仕事は

彼らを黙らせることだ。

君が見せたその輝きを

奇跡とは呼ばせるな。


誕生日1999年3月31日
欧字表記Hishi Miracle
性別
毛色芦毛
サッカーボーイ
シュンサクヨシコ
母の父シェイディハイツ
生産大塚牧場(北海道三石郡三石町)
馬主阿部雅一郎
調教師佐山優(栗東)
主戦騎手角田晃一
競走成績28戦6勝
主要勝鞍天皇賞(春)(2003)
獲得賞金5億1498万9000円

1999年3月31日生まれの日本の競走馬。JRAで活躍した。

サッカーボーイ、母シュンサクヨシコ。通算28戦6勝。佐山優厩舎

ノースフライトと並び、角田晃一騎手の代表的騎乗馬である。


デビュー前はセリ市で680万円で購入された安い馬で、獲得賞金は5億1,498万円


重賞勝利はGⅠのみのGIハンターで、しかも間に惨敗を挟んだこともあり、勝ったレースではいずれも穴馬扱いからその名の通りミラクルを起こした。

そもそも、馬名の由来が馬主の(血統的な意味での期待値的に)「一勝二勝はするだろう(オープンくらいには入れるかもしれない)、それ以上勝ったら奇跡(ミラクル)」という、「応援的な意味での期待はするが過度の期待はしない」という、まさに「ミラクル」を自らの力で呼び寄せた馬である。

同期の有力馬シンボリクリスエスには1勝(1敗)だった。


略歴

略歴

2001年8月11日、小倉競馬場の新馬戦でデビューし7着。

2002年5月26日の東京優駿当日、中京競馬場未勝利戦で1着。10戦目でやっと初勝利を挙げた。


その後は菊花賞出走を目標に条件戦に出走するも、優先出走権を得られず、賞金の面でも厳しかったが、抽選を潜り抜けて何とか出走にこぎ着けた。


10月20日、第63回菊花賞はスタート直後に1番人気のノーリーズン落馬で競走中止。ヒシミラクルが10番人気からレースを制し夏の上り馬となる。後方から一気の追い込みでヒシミラクルにハナ差まで迫ったファストタテヤマは16番人気であり、馬連配当9万6070円、三連複配当34万4630円という波乱の結末となった。

世間からはヒシミラクルの勝利はフロック扱いで、その後も惨敗が続いた。


2003年3月23日、春の天皇賞前哨戦の阪神大賞典で惨敗し、人気を落とす。

しかし5月4日、本番の天皇賞(春)ではズブさを発揮しながらも、7番人気から優勝。


6月29日、GⅠ馬が6頭揃い史上最高メンバーと言われた宝塚記念に出走。直線で「来る!来る!ヒシミラクル!」(KBS京都梶原誠アナの中継)とシンボリクリスエス、タップダンスシチーネオユニヴァースを完封、ツルマルボーイを押し切り勝利。

6番人気で三たび大番狂わせをやってのけた。


10月12日、京都大賞典で2着に入るがレース後に右前繋靭帯炎が発症。療養生活を送る。


2004年10月31日、1年以上の休養明けに天皇賞(秋)に出走するも16着。


2005年2月19日、京都記念で3着。最後の入着となる。

5月1日、天皇賞(春)で16着。直後に繋靭帯炎が再発し、5月20日付でJRAの競走馬登録を抹消された。


2006年からレックススタッド種牡馬になったが種付頭数は少なく活躍馬は出せず、2010年秋から中村雅明牧場功労馬として余生を過ごしており当て馬の仕事をしている。

2020年にビワハヤヒデ(1993年)が死去したことにより存命最高齢の菊花賞馬となった。


ミラクルおじさん

ミラクルおじさん

2003年の宝塚記念において、ヒシミラクルは最終的に6番人気だった。

だが前日土曜日の段階では、いきなりヒシミラクルのオッズが大変動し1番人気になっていた。


原因は、この日新橋の馬券売り場に現れたひとりの中年男性にあるという。

この男性は、まず直前の安田記念を勝ったアグネスデジタルの単勝馬券130万円分×9.4倍の配当金1222万円の払い戻しを受け取った。デジタルはその時点でGⅠ5勝の実績馬ではあったが、1年以上の休養明け最初のGⅠレースであり、何よりそれに単勝1点で130万円を突っ込む時点でも大した馬券師である。

(ちなみにその130万円の元手についてはNHKマイルカップウインクリューガー日本ダービーネオユニヴァース説があるが、後者の方が優勢。)


しかし、その男性は何と受け取った1222万円を即座にヒシミラクルの単勝馬券に全て注ぎ込んだのだ。これによって一時的にヒシミラクルのオッズが急激に下がったのである。


最終的には単勝16.3倍に落ち着いたものの、見事にそのヒシミラクル単勝1点の大勝負を当てた男性はおよそ2億円を手にする事になったのである。

これは宝塚記念の1着賞金1億3000万円を上回る金額であり、ヒシミラクルを優勝に導いた角田晃一騎手もこの話を聞かされ「僕よりよほどの勝負師ですね」と驚きのコメントを寄せている。


この男性は「ミラクルおじさん」「2億円おじさん」と呼ばれ話題を呼んだが、いったい何者なのか、2億円はきちんと受け取ったのか……などは不明のままである。


関連タグ

関連タグ

競走馬 02世代

誘導

誘導

2023年2月22日の「ぱかライブTV Vol.26」にて発表されたウマ娘プリティーダービーウマ娘。→ヒシミラクル(ウマ娘)


プロフィール

プロフィール

“奇跡”は、ロングスパートから。

3コーナー手前から加速にかかり、息の長い末脚でライバルたちを競り落としていく。リプレイのように戴冠劇を繰り返しながら、最強の座に君臨したヒシミラクル。

定石よりもはるかに早く、常識よりもはるかに長く、ヒシミラクルの繰り出すロングスパートが奇跡を現実にかえていく。


奇跡ではなく


強情な人々は

あり得ないことだと

顔をしかめるだろう。


だが幸運を生かせずに

消えていくものが多い中で

君は確かにやり遂げた。


さあ、ここからの仕事は

彼らを黙らせることだ。

君が見せたその輝きを

奇跡とは呼ばせるな。


誕生日1999年3月31日
欧字表記Hishi Miracle
性別
毛色芦毛
サッカーボーイ
シュンサクヨシコ
母の父シェイディハイツ
生産大塚牧場(北海道三石郡三石町)
馬主阿部雅一郎
調教師佐山優(栗東)
主戦騎手角田晃一
競走成績28戦6勝
主要勝鞍天皇賞(春)(2003)
獲得賞金5億1498万9000円

1999年3月31日生まれの日本の競走馬。JRAで活躍した。

サッカーボーイ、母シュンサクヨシコ。通算28戦6勝。佐山優厩舎

ノースフライトと並び、角田晃一騎手の代表的騎乗馬である。


デビュー前はセリ市で680万円で購入された安い馬で、獲得賞金は5億1,498万円


重賞勝利はGⅠのみのGIハンターで、しかも間に惨敗を挟んだこともあり、勝ったレースではいずれも穴馬扱いからその名の通りミラクルを起こした。

そもそも、馬名の由来が馬主の(血統的な意味での期待値的に)「一勝二勝はするだろう(オープンくらいには入れるかもしれない)、それ以上勝ったら奇跡(ミラクル)」という、「応援的な意味での期待はするが過度の期待はしない」という、まさに「ミラクル」を自らの力で呼び寄せた馬である。

同期の有力馬シンボリクリスエスには1勝(1敗)だった。


略歴

略歴

2001年8月11日、小倉競馬場の新馬戦でデビューし7着。

2002年5月26日の東京優駿当日、中京競馬場未勝利戦で1着。10戦目でやっと初勝利を挙げた。


その後は菊花賞出走を目標に条件戦に出走するも、優先出走権を得られず、賞金の面でも厳しかったが、抽選を潜り抜けて何とか出走にこぎ着けた。


10月20日、第63回菊花賞はスタート直後に1番人気のノーリーズン落馬で競走中止。ヒシミラクルが10番人気からレースを制し夏の上り馬となる。後方から一気の追い込みでヒシミラクルにハナ差まで迫ったファストタテヤマは16番人気であり、馬連配当9万6070円、三連複配当34万4630円という波乱の結末となった。

世間からはヒシミラクルの勝利はフロック扱いで、その後も惨敗が続いた。


2003年3月23日、春の天皇賞前哨戦の阪神大賞典で惨敗し、人気を落とす。

しかし5月4日、本番の天皇賞(春)ではズブさを発揮しながらも、7番人気から優勝。


6月29日、GⅠ馬が6頭揃い史上最高メンバーと言われた宝塚記念に出走。直線で「来る!来る!ヒシミラクル!」(KBS京都梶原誠アナの中継)とシンボリクリスエス、タップダンスシチーネオユニヴァースを完封、ツルマルボーイを押し切り勝利。

6番人気で三たび大番狂わせをやってのけた。


10月12日、京都大賞典で2着に入るがレース後に右前繋靭帯炎が発症。療養生活を送る。


2004年10月31日、1年以上の休養明けに天皇賞(秋)に出走するも16着。


2005年2月19日、京都記念で3着。最後の入着となる。

5月1日、天皇賞(春)で16着。直後に繋靭帯炎が再発し、5月20日付でJRAの競走馬登録を抹消された。


2006年からレックススタッド種牡馬になったが種付頭数は少なく活躍馬は出せず、2010年秋から中村雅明牧場功労馬として余生を過ごしており当て馬の仕事をしている。

2020年にビワハヤヒデ(1993年)が死去したことにより存命最高齢の菊花賞馬となった。


ミラクルおじさん

ミラクルおじさん

2003年の宝塚記念において、ヒシミラクルは最終的に6番人気だった。

だが前日土曜日の段階では、いきなりヒシミラクルのオッズが大変動し1番人気になっていた。


原因は、この日新橋の馬券売り場に現れたひとりの中年男性にあるという。

この男性は、まず直前の安田記念を勝ったアグネスデジタルの単勝馬券130万円分×9.4倍の配当金1222万円の払い戻しを受け取った。デジタルはその時点でGⅠ5勝の実績馬ではあったが、1年以上の休養明け最初のGⅠレースであり、何よりそれに単勝1点で130万円を突っ込む時点でも大した馬券師である。

(ちなみにその130万円の元手についてはNHKマイルカップウインクリューガー日本ダービーネオユニヴァース説があるが、後者の方が優勢。)


しかし、その男性は何と受け取った1222万円を即座にヒシミラクルの単勝馬券に全て注ぎ込んだのだ。これによって一時的にヒシミラクルのオッズが急激に下がったのである。


最終的には単勝16.3倍に落ち着いたものの、見事にそのヒシミラクル単勝1点の大勝負を当てた男性はおよそ2億円を手にする事になったのである。

これは宝塚記念の1着賞金1億3000万円を上回る金額であり、ヒシミラクルを優勝に導いた角田晃一騎手もこの話を聞かされ「僕よりよほどの勝負師ですね」と驚きのコメントを寄せている。


この男性は「ミラクルおじさん」「2億円おじさん」と呼ばれ話題を呼んだが、いったい何者なのか、2億円はきちんと受け取ったのか……などは不明のままである。


関連タグ

関連タグ

競走馬 02世代

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 悪評令嬢なのに、美貌の公子が迫ってくる

    読む▶︎
  3. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー