ピクシブ百科事典

モンドリアン

もんどりあん

モンドリアンは、オランダの画家。(Piet Mondrian)(1872~1944)

幾何学的抽象画の第一人者と言われる。

キュビズムに影響を受け、徐々に抽象的なを描くようになる。
1917年に抽象芸術団体「デ・ステイル」を結成し、線と色彩によって描く抽象芸術「新造形主義」を提唱した。その影響は当時の建築などにも及んだ。

有名な作品に、水平・垂直の直線三原色で構成された『赤、黄、青のコンポジション』がある。

モンゴリアンではないしチョップもしないので注意。

関連タグ

画家 抽象 抽象画 コンポジション

pixivに投稿された作品 pixivで「モンドリアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30708

コメント