ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ編集


性別
生没年2019.5.10-(5歳)
血統父:エピファネイア/母:オートクレール(byデュランダル)
毛色鹿毛
出生地岡田スタッド
オーナー岡田牧雄
調教師中野栄治(美浦)→吉岡辰弥(栗東)

概要編集

生い立ち編集

父エピファネイアの詳細はリンク先記事へ。母オートクレールは競走馬時代に50戦のキャリアを持ち、主な勝ち鞍として1600万下の紅葉S。本馬は初仔にあたる。

母、本馬共に出生地・岡田スタッドの場長・岡田牧雄氏が所有。


競走馬時代編集

2-3歳編集

美浦の中野厩舎に入厩し、秋の東京でデビュー。なかなか勝ちきれない時期が続くが、3歳6月の函館で勝ち上がり。

その後休まれて、秋に復帰すると1勝クラスは年末の2戦目で突破。


4歳編集

年明けは海の中道特別で復帰し、2戦目の潮来特別で後に主戦となる菅原騎手と初タッグを組み3勝目。昇級戦の烏丸ステークスも突破してオープン入り。

ここで函館記念で重賞初挑戦。これまでの実績が加味されて2番人気に支持されるもローシャムパークの3着に敗れる。札幌日経オープンでオープン初勝利し、望んだ京都大賞典は2番人気に支持されるも跛行で競走中止。その後、休養しシーズンを終える。


5歳編集

日経新春杯で復帰。ここで初めて重賞で1番人気に支持されると、その人気に応え、重賞初勝利。その後、中野栄治氏の定年退職から、栗東の吉岡厩舎へ転厩。阪神大賞典3着から天皇賞・春でGⅠ初挑戦。直線で足を伸ばしテーオーロイヤルの2着に入る。


宝塚記念編集

その後、京都開催となった宝塚記念に参戦。同期のダービードウデュースと、中長距離から長距離で安定した成績を残しているジャスティンパレスが2強を形成する中、宝塚記念は雨で2強には不安視されていた重馬場となった。その重馬場で実績があった本馬が3番人気に支持。

レースは道中後方を進め、第4コーナー辺りで進出。2強が伸びあぐねる馬場の中、大外から一気に抜け、ソールオリエンスに2馬身差をつけ、GⅠ初制覇。

本馬はもちろん、主戦の菅原騎手、調教師の吉岡厩舎にとっても嬉しいGⅠ初制覇となった


この後、年内は京都大賞典→ジャパンカップ有馬記念と国内路線を進む事が生産者の岡田氏によって言及されている。


関連記事編集

競走馬 22世代

関連記事

親記事

22世代 にじゅうにせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2680

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました