ピクシブ百科事典

高校卒業を最終学歴とする人。

高卒での新卒就業

高卒だと就活における企業選択に制約が出てしまう。企画・開発・研究などの専門性が求められる職種に就業するのは難しく、大企業・中堅企業で高卒枠のある企業では、たいていは現場作業員や工員などのブルーカラー職や、一般職公務員や金融機関であれば窓口業務などに回される。

大企業、中堅企業や役所では、高卒者の基本給は大卒より数万円低いことが多い。

反面、就活の段取りを高校がある程度バックアップしてくれるため、大卒より手間と時間がかからないメリットもある。特に工業高校商業高校のような実業系ならなおの事である。

特に、低偏差値の大学就職難に直面するより高卒で就職した方がマシという意見もあり、就職氷河期の時代には大学卒業の学歴を隠して高卒を称して公務員採用試験を受け就業した人もいたほどである(当該職員は学歴詐称で懲戒免職されている)。

中小企業では大卒と高卒のキャリアパスに差を設けていないケースが多い。中小企業の場合、大卒と高卒で待遇に差がないのだから、早く経験が積める分高卒で就業した方が有利...のように見えるが、中小企業は社員の育成体制が整っていないケースがあるため、専門性と教養を身につけた大卒の方が有利になる場面も多い。「"学歴不問"の職場なら高卒で充分」とは必ずしも言い切れないのだ。

また高卒で就職しながら大学の夜間学部に通う『勤労学生』も多かったが、1980年以降は勤労学生が減少し、更に少子化によって夜間学部も減少している。
一方で、中卒高校中退者でも就職してから定時制通信制の高校に入り修了する場合もある。(高校中退者の場合は以前通っていた学校の単位を認定、1・2年で卒業できる学校もある。


関連項目

学歴 学歴社会
大卒大学卒業者。
中卒:高校を中退するとこの扱いになる。
大学入学資格検定(大検):合格すれば高卒と同等の資格を持てる。現:高等学校卒業程度認定試験(高認)。

関連記事

親記事

学歴 がくれき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高卒」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2203

コメント