ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

その人の学歴を基準にして評価する社会。

高学歴である大卒、それも難関大学卒ほど評価される。


学歴は世界的に通用する評価基準である。

何処の国でも大学を出ていない移民は単純労働者扱いされる為、海外移住を考えているなら高学歴は最大の武器となる。

特に先進国(日本以外)や一部の新興国では日本以上に学歴を重視している国が少なくない。

国によっては大卒以上じゃないとビザが発行されない場合もあるので要注意(例:アメリカ合衆国など)


学歴フィルター

日本の就活における用語で、書類選考などで学歴に合致しない大学生を無条件で落とす事である。その様な企業は就活生の間でが流れるが、"親切"な担当者は、説明会や会社訪問の時点で学歴フィルターの存在をやんわりと教えてくれる。

しかし、書類選考を通り、面接などに進んでも、最終的には何処かで落とす事が前提と成っていると噂される企業もある。


因みに、高卒の場合は学校による学歴フィルターは存在しない事が多いが、高卒という学歴自体にフィルターがかかり、就職先や職種が限定される。一部の中小企業では、高卒者を採用して大卒者を落とす「逆学歴フィルター」の存在が噂される事もある。


なお日本は世界的に見ると、学歴社会の度合いが弱い方の国と言われているらしい(アメリカ合衆国イギリスフランス韓国等は日本以上の超学歴社会である)。


海外の事情

学歴社会(海外)を参照。


学歴社会のメリットとデメリット

学歴社会は階級社会の一種と考えられており、(特にインターネット上では)批判的に考える人も多い。


能力によって階級を上がれる可能性をある程度、考慮すれば(生まれた家で身分が決まる社会とは別に)比較的にマシな方とは現状的に言われている模様。

程度によるが学歴が高い人ほど知識や人間性を学んでいる割合が多い(学歴が低くとも優秀な人や、良い人もいるが)為、学歴が高い人は社会的に信用される傾向がある。


だが実際は「生まれた家が裕福である程高学歴に成る可能性が高い」「逆に貧しい家に生まれると高学歴に成るのが極めて難しく成る」等のデメリットが有るのも事実であり、決して公平な制度ではない。

日本より奨学金制度が充実しているはずのアメリカ合衆国ですら、「実家がある程度裕福な人たち程」高学歴に成る事が多いのである。

例えば普段食べる物にも困るような家庭に生まれれば(大切な人を助ける為に)子供や仕事に使う(勉強時間が減ってしまう)こともあるし、奨学金制度を使ったしても大学や専門学校に通い続けるのは極めて難しいだろう。また、児童養護施設孤児院)や里親家庭出身の子供の大学や専門学校等への進学率は一般家庭のそれに比べてかなり低いことが問題視されている。

程度にもよるが「ペーパーテストは得意で学歴も高いが、性格が極めて悪い」な人達もいる。


関連項目

学歴 就活 小卒 中卒 高卒 大卒 院卒 学歴差別 必要悪

超学歴社会アメリカ 韓国社会 日本社会 能力主義

選民思想:行き過ぎた場合、こう呼ばれる。

運も実力のうち 職業に貴賤なし


外部リンク

関連記事

親記事

学歴 がくれき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6160

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました