ピクシブ百科事典

斉藤始

さいとうはじめ

『宇宙戦艦ヤマト(さらば・2)』シリーズに登場する、地球防衛軍の男性軍人で空間騎兵隊所属。格闘のプロフェッショナルで、豪快で大胆だが根は真っ直ぐな性格。後のリメイク版2199劇場版や2202にも登場する。
目次[非表示]

「真田副長、慌てず、急いで正確にな!」
CV:ささきいさお(さらば・ヤマト2)
CV:東地宏樹(2199・2202)
俳優:池内博之(実写版)

愛の戦士たち

概要

  • 所属:第12太陽系外周空母機動部隊 空間騎兵隊第1機甲師団中隊
  • 肩書:中隊長
  • 有段:柔道、空手、レスリング・・・・・・etc(計23段)

 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に登場した、地球防衛軍の軍人キャラクター。空間騎兵隊所属で、第1機甲師団の中隊長を務めていた人物。本来は全くと言っていいほど、ヤマトに乗艦するような接点は無かったと思われるが、佐渡酒造のスカウトによって参戦してきた・・・・・・が、実際は藤堂兵九郎の差し向けた人物であり、表立って藤堂の名で参加することができなかった故に、佐渡が肩代わりしたと思われる(まして司令長官として、ヤマト叛乱を食い止める立場にあるだけに)。
 格闘家、或いは武術家として卓越しており、その腕前は、対宇宙人戦ことザバイバル将軍との戦闘で遺憾なく発揮された。

性格

 格闘に精通した、相応しい巨躯の持ち主で、言葉の荒い大食いのバンカラ男である。しかし、根が悪いわけではなく、気風が良い事からも部下の信頼も厚い人物。

経歴

 叛乱を起こしたヤマトに、特命を受けて隊員共々、ヤマトへ乗艦する。テレザート星での降下作戦で先陣を切って降り立ち、ガトランティス軍テレザート守備隊であるザバイバル将軍率いる戦車軍団と対峙した。生身の空間騎兵隊と、戦車軍団では圧倒的不利な立場に置かれたが、斉藤の奮迅で戦車を奪取し、それで時間稼ぎをしたり、古代進らの持って来た多連ロケット砲でザバイバルの戦車軍団を壊滅させた。その後、直接対決で互角に戦い、一瞬の差で勝利する。
 その後、デスラーの復讐戦の際には、強行接舷した際に乗り込んでいった。
 彗星帝国の都市への決死の突撃でも乗り込み、古代や真田志郎と共に心臓部である動力部へ到達する。そこで、真田と斉藤だけが残り、真田の動力部への爆破作業を援護する事となった。弁慶の如き姿勢で、動力部出入り口に立ちふさがり、ガトランティス兵を蹴散らしたものの、爆破作業完了時に、遂に傷に耐えかねて仁王立ちのまま倒れて息を引き取った。

ヤマト2

概要

  • 所属:空間騎兵隊第11番惑星派遣隊
  • 肩書:隊長
  • 有段:柔道、空手、レスリング・・・・・・etc(計23段)

 『宇宙戦艦ヤマト2』に登場。ただし、こちらでは第11番惑星所属の派遣部隊となっている。また、自ら叛乱を犯したヤマトへ乗り込むのではなく、第11番惑星でコズモダート・ナスカ率いる前衛艦隊の奇襲攻撃で惨敗したところで、辛うじて救出されて、そのまま旅に同行すると言う形になっている。
 また、ヤマト2では、後のTVシリーズに繋げるための、重要な役回りを担っていた。

性格

 性格は基本的に変わりはしないが、乗り込んだ事情などが異なっており、敵に敗北した事と部下を大勢失ったという屈辱があり、さらにはヤマト乗組員らの様子からギャップを受けたことによるストレスや不満があり、その鬱憤からか度々トラブルを引き起こしていた。
 しかし、基本的には兄貴肌である事に変わりは無く、部下からは慕われている。また、共に死線を乗り越えて行った相手を認め、古代に対しても、自分が年上でありながらもまるで兄貴の様だと心境を漏らしていた。

経歴

 第11番惑星で派遣部隊として駐留していたが、突然の艦載機攻撃を受け、基地は大打撃を被ってしまった。中には、気密性が破れてしまった事で凍結死する隊員も続出した。懸命に奮闘するものの、被害を出し続けていったが、寸でのところでヤマトが駆けつけ、個となくを得る。同時に、救出されてヤマトに同乗する事となった。旅の途中でトラブルを幾度となく起こしており、中には古代との殴り合いに発展したこともある。
 テレザート星では、空間騎兵隊という経験を活かして、ザバイバル将軍との戦闘に参加する。その後、急遽帰還する途上、第11番惑星の至近を通過する事を知り、立ち寄らせてほしい旨を古代に言うが、にべもなく断られる。ところが、古代の不器用ながらも「偵察」を名目にした降下を許可される。実はガトランティスの駐屯基地でもあり、基地殲滅の際には自分を置いていくよう古代に言うが、諦めるなとの声に応えて辛うじて着艦する(これが、より古代との隔たりを無くすこととなる)。
 決戦時に都市帝国へ乗り込み、都市動力部へと到達したが、ここで足を負傷した真田を置いていくわけにはいかないとして、斉藤のみが残って動力部爆破を試みる旨を古代に明かす。この際、古代のことを、年下だが兄貴の様に思っていたと告白し、銃撃の雨に晒されながらも爆弾をセッティングし、最後は命を落とす寸でのところで爆破スイッチを押して、命と引き換えに都市を機能停止に追い込んだ。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2202 空間騎兵隊

pixivに投稿された作品 pixivで「斉藤始」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4080

コメント