ピクシブ百科事典

コズモダート・ナスカ

こずもだーとなすか

『宇宙戦艦ヤマト2』に登場する、白色彗星帝国の強行偵察軍空母艦隊司令(メイン左側)。太陽系へ本隊に先んじて侵攻し、密かに情報収集や撹乱、基地設営を行っていた。劇場版『さらば』では名前のみ。 『宇宙戦艦ヤマト2202』にも登場し、前衛艦隊司令として太陽系第11番惑星を手に掛けた。
目次[非表示]

「戦って死ね。さすれば、この星にも安寧が訪れるであろう」

声優

石丸博也宇宙戦艦ヤマト2
河相智也宇宙戦艦ヤマト2202

概要(ヤマト2)

 TV第2シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2』にて登場した、白色彗星帝国軍の部隊指揮官で、強行偵察軍空母艦隊司令官を務めている。ガトランティス人特有の黄緑色の肌と眉毛と一体化した青色の髪をしている。
 白色彗星帝国都市並びに本隊となる第1連合艦隊の先鋒として太陽系に侵入していた。指揮下に旗艦である高速中型空母1隻、大戦艦8隻を率いている(第6話冒頭の説明時には、多くの空母が居たが)。彼の任務は、太陽系内部の情報収集、破壊工作、撹乱、兵站基地設営である。
 地球へ最初に手を下したのは彼であると同時に、ヤマトに最初の攻撃を加えたのも彼である。ただし、自信にあふれすぎる節があり、自軍の軍事力を過信しすぎてヤマトの戦闘能力を過小に評価してしまった(当時、ヤマトは未改装でクルーも大半が入れ替わっていた)。
 デスラーからヤマトの事を侮るなと忠告されていたが取り合わず、これが盛大なしっぺ返しに遭う由縁となり、結果として第11番惑星攻防戦で旗艦を残し全滅、潜宙艦で再戦するも敢え無く戦死(明確な描写は無いが、登場する事が無かったことからそう推測される)。

経歴

太陽系侵入

 早くから太陽系へ侵入を図り、情報収集や攪乱を行いつつもデスラーから報告のあったヤマトへ実力を試す意味合いで攻撃を仕掛けた。この時は、未改装な上にヤマト艦内にいたクルーはイスカンダル遠征時の面々ではなく、新任のクルー等が多くいた為に艦載機攻撃に手を焼いてしまったことから、大したことは無いと大きな誤解を生む結果となる。その後、金星の太陽光エネルギーの発電ステーションを攻撃し、地球を一時的に停電へと追い込むなどの攪乱行動を続けた。

第11番惑星

 そして第11番惑星に自軍の前線基地を建設するため、艦載機による集中攻撃で空間騎兵隊を主力とする防衛軍基地を徹底的に破壊、さらに揚陸艦を差し向けて戦闘車輛を陸揚げし掃討戦へと移行した。ところが、この時ヤマトの接近が報告され、先日の醜態を信じ込み恐れるに足らないと踏んでいたナスカは、デスラーの注意を無視して自分の戦力で叩こうとする。
 ところが、差し向けた大戦艦5隻は3隻が轟沈することとなり、さらに全速で突っ込んできたヤマトの改装したショックカノンの砲撃を、旗艦の超至近に狭叉されたことから恐れをなした。慌てて残存艦で迎撃させるが、それも虚しく撃破されて止む無く撤退する。デスラーに対して恥を捨ててヤマトの事を報告。大帝にとりなしてもらう様に懇願するが、デスラーに切り捨てられる。

潜宙艦

 明確な彼の描写は無かったが、潜宙艦を率いてヤマトに奇襲攻撃を敢行する。しかし、足止めすら敵わずに返り討ちに会い全滅。彼自身も戦死したとも思われる。


概要(ヤマト2202)

 リメイクとなった2202でも引き続き登場するが、名前は『コズモダート』のみ表示されている。容貌はほぼ踏襲されているが、服装は2199シリーズに準えたものとなる。性格はオリジナルよりも冷酷となり、降伏という文字を持ち合わせず、死ぬまで戦い続けることを常識としている。さらに、戦闘員であろうと非戦闘員であろうと見境なく攻撃させるなど、冷徹振りが強く現れる。


関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2202 ガトランティス バルゼー

コメント