ピクシブ百科事典

ガイゼンガン兵器群

がいぜんがんへいきぐん

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』に登場する、ガトランティス軍が有する兵器群の名称。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場した、ガトランティスが保有する兵器群である。
その製造工程は謎に包まれており、テレザート星を発見した後に確立された生体技術を使って生み出されたもの、と言われている。

種類

ガイゼンガン兵器群と分類される兵器は、以下の物である。

アポカリクス級航宙母艦

アポカリクス級っぽい張りぼて


空母タイプの艦。地球侵攻に際して、新たに建造された。侵攻艦隊の指揮官バルゼーの座乗艦。詳細はリンク先を参照。

カラクルム級戦闘艦

大戦艦


戦艦タイプの艦で、十分な砲熕兵器を搭載しているが、最大の特徴は『雷撃旋回砲』という独自の特殊砲撃システムを装備している点。ガトランティスの他の艦級と比較して、建造数が桁違いである。詳細はリンク先を参照。

自滅型攻撃艦イーターⅠ

蛮族ミサイル


地球艦隊の波動防壁に対抗するために開発された新兵器で、衝角を備えている。初登場時はアポカリクス級に搭載されて戦場に現れた。全長は135mあり、もはや艦載機というよりは艦載である。
衝角で敵艦のシールドを中和して突破、船体に突き刺さると、回転砲塔を乱射した後に自爆する特攻兵器(旧作のハイパー放射ミサイルを連想した視聴者もいたようである)。シールド突破能力は高く、地球艦隊のドレッドノート級前衛艦(戦艦)の波動防壁さえ容易く突き破る。
作中ではエンケラドス守備隊の艦艇に特攻攻撃を行い、多数を撃沈した。














ネタバレ?

 第五章の劇中、製造工程らしき場面が映されている。幼生体ノルが生み出された巨大な空間の背景にカラクルム級の艦首らしき形状のものが、まるで草木の様に生えているように見えている。このことから、機械的工程ではなく、まさに生物的な製造方法で大量に生まれ出ていると推測されるが、新たな情報待ちとなる。
 また、ガイゼンガン兵器群は、無尽蔵とも言えるほど大量に生み出されている(無限に兵器が湧き出す、と表現できるかもしれない)。そのためガトランティスは、カラクルム級やイーターⅠを惜しげも無く使い捨てにする運用を行っている。




関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 ガトランティス 兵器 宇宙戦艦 無尽蔵 物量

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイゼンガン兵器群」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3892

コメント