ピクシブ百科事典

カラクルム級戦闘艦

からくるむきゅうせんとうかん

『宇宙戦艦ヤマト2202 さらば愛の戦士たち』に登場する、帝星ガトランティスが保有する宇宙戦闘艦。 正式名は『ガイゼンガン兵器群・カラクルム級戦闘艦』。 オリジナル版『さらば』『ヤマト2』に登場したガトランティス軍の大戦艦をリメイクしたもの。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』に登場する国家ガトランティスが保有する宇宙戦闘艦の1つである。オリジナル版『さらば愛の戦士たち』『ヤマト2』に登場する大戦艦のリメイクであり、細部にわたりディテールアップを施され、全長の再設定なども行われた。
 正式名称は『ガイゼンガン兵器群・カラクルム級戦闘艦』となる。
 本級は他艦艇とは違った運用思想を想定した戦闘艦艇として建造され、主力兵装である速射輪胴砲塔(本作では回転砲塔となっている)や、旋回式艦橋砲の他に雷撃旋回砲と呼ばれる特殊砲撃システムを有している。
また第3章『純愛編』では、第八機動艦隊旗艦並びに司令官メーザー提督の乗艦として白と銀の模様に染まったカラクルム級が1隻確認できる(艦名は不明)。
 相当な巨大艦であり、配備・維持にかかるコストもすさまじいもの(あくまで地球人やガミラス人目線で見た場合)と推測できるが、ガトランティスでは大量の当級を惜しげもなく使い捨てにしている。
 それもその筈、当艦を始めとしたガイゼンガン兵器群は、驚くべき製造工程で大量に造られており、まさに無尽蔵の生産力を誇る故であった。

兵装

雷撃旋回砲

RAKUGAKIサイズ 大戦艦
電撃旋回砲発射準備!


単艦使用

 これは、無数の小型の雷撃ビットで艦を覆うほどの巨大なリングを形成し、ビームエネルギーを増幅したうえでリング上に展開した無数のビットからビームをシャワー状に拡散放射する射撃を行なうことにより、前方方向に多大なる大打撃を与えうるものとされる。
 単艦で使用する場合において、恐らく一撃当たりの破壊力はそう大きくないような描写だが、この雷撃旋回砲の真の脅威は、切れ間無い高密度の弾幕が辺り一面の広い範囲に向けて、瞬間的かつ絶え間なく降り注ぐ圧倒的な制圧能力にあると思われる。
 事実、第1章冒頭における艦隊戦において、百隻規模と推定されるガミラス艦隊の先行部隊(その中には防御力に特に優れたゼルグート級一等航宙戦闘艦を含む)をたった一隻で一瞬にして全滅せしめている。(その代わりなのか、旧作において大戦艦の決戦兵器的な位置づけだった衝撃砲は設定から削除され、単なる大口径砲に変更されている。)

インフェルノ・カノーネ

 さらに、複数の同型艦から大量の雷撃ビットを供給しあい、威力をさらに増大させることもできるとされており、第6話で6隻編成のカラクルム級の直列陣形による雷撃旋回砲が披露された。これをインフェルノ・カノーネと呼称する模様で、なおかつ、その発射隊形をインフェルノ・カノーネの陣と呼称する(第5章にて呼び方が確認される)。
 この6隻編成時における砲撃威力は、地表を深く抉りとる程の破壊力を生み出す。その代わり、艦隊そのものが大型の砲身の代わりを務める為、雷撃ビット群の中心部にいる艦体もまたビームの破壊力をもろに受ける事となる。
つまり、使用したら最後、艦体も鉄屑へと成り果ててしまうという、恐ろしい程にコスト・パフォーマンスの悪い戦法であった。
 しかし、ガトランティスにしてみれば、戦力を失うことは当然であってまた造れば良いという思想を有しているらしく、他者から見れば非効率的とも思える戦法を使いそれだけの戦力を失おうともズォーダーらは動じることは無かった。

レギオネル・カノーネ

レギオネルカノーネ


 第3章『純愛編』では、推定250万隻以上のカラクルム級が巨大な砲身状に陣形を組むことで雷撃旋回砲を長大化するレギオネル・カノーネなる戦法が登場。なおかつ、その発射隊形或いは陣形をレギオネル・カノーネの陣と呼称している。
 その射程は11番惑星軌道から遥か離れた地球を狙うことも可能となる程。ただし、その起爆剤となるべきエネルギー母体が必要とされるらしく、劇中ではガミラス製人工太陽のエネルギーを転用しようとしていた(人工太陽が存在しない場合、どのようにエネルギーを確保するのかは現時点で不明である)。
 また、この兵器を使用するには個人の権限では出来ず、帝星最高位のズォーダーの許可が必要とされる。
 ところで、単に敵惑星(地球)を破壊するのならばレギオネル・カノーネで数万~数十万単位の当級(250万隻はあくまで推定値であるが、少なくとも1万5千隻は確認されている)を消費するよりも、数十~数百隻くらいまとめて第1章のように、標的となる惑星に突っ込ませた方がより手っ取り早くて確実なようにも思われる。
 だが、ガトランティスが一体いかなる考えを持ってこのような凶行を成すのか劇中でも劇外でも地球人には(製作スタッフ陣を除いて)理解できるものではなかった。或いは、ガトランティスの底知れぬそ圧倒的物量の物凄さを示す為の演出とも言える。

艦橋砲塔

 オリジナルでは、衝撃砲と命名された艦橋砲は固定式だったが、本作では通常ビーム兵装となった代わりに砲塔が金剛型宇宙戦艦の艦橋砲と同じく旋回可能となっている。これによって、正面のみの射角に限定されていたオリジナル版に比して、より広い射角へ(左右360度全周囲と思われる)の砲撃が可能となっているのが特徴である。
艦橋基部の艦橋大砲塔のみは、配置上の問題で、左右それぞれ45度或いは90度くらい(設定資料のメモから推測)までが限度であると思われる。
 またある程度の速射性があるような描写となっているのも特徴である。

回転砲塔

 速射輪胴砲塔の事を指していると思われるがノイ・デウスーラの同形式砲は速射輪胴砲塔と表記され、この2つにどういった差異があるかは不明である。
 最大口径の物を回転大砲塔、次に大型の物を大型回転砲塔と呼称している。

スペック

大戦艦
メーザー艦っぽい張りぼて


・雷撃旋回砲
・回転大砲塔×3基
・大型回転砲塔×2基(艦橋基両舷側)
・艦橋砲塔×3基
・艦橋大砲塔×1基
・回転砲塔×4基(前部両舷側)
 攻撃性能は他のガトランティス艦艇とは一線を画越すほどの打撃・破壊力を有する。全貌はいまだに明かされてはいないものの、無数のビットを駆使した雷撃旋回砲はカラクルム級1隻のみで100隻規模と推測される艦隊を壊滅せしめている。その規模にもよるが複数艦での使用により、惑星に多大なダメージを与えることも可能ではあるが、使用した艦も崩壊させる諸刃の剣でもある。(第4章までの劇中では雷撃旋回砲一本で戦っており、他の武装に関しては第5章が初披露。)
 防御性能はオリジナル版大戦艦を遥かに上回り過剰ともいえるほどの強固さを持っており、アンドロメダの拡散波動砲の余波(ただしあくまでも余波であり、直撃すれば流石に耐えられない)に耐え抜き、『ゆうなぎ』の主砲程度では穿つことは出来ないばかりか、アンドロメダの40センチ砲ですら致命的打撃を与えることは出来ない頑強さを誇る。
 航行性能は巨体に合わず優れ、瞬間的な加速力も只ならぬもの。

経歴

第1章

 ガミラス浮遊大陸を占拠するガトランティス艦隊に配属されていた。ただし、当初はなぜか戦闘に全く参加せず、メダルーサ級の撃沈をきっかけにガトランティス艦隊に対する戦況が不利になり始めてから、本級の三倍はあろうかという十字架型の巨大な岩塊に艤装する形で縦に包まれていた状態で現れ、その際周辺には3つのリング状に展開されたビットが浮遊していた。岩塊が砕けると中から本艦が現れ、姿勢を縦から通常の姿勢へ向けた。
 艦体周辺のリング状に展開された無数のビットが、全て艦首周囲に移動した直後、その無数の全てのビットからシャワー状のエネルギービームが艦首前方方向へ向けて放たれ、後退するガトランティス軍を追撃してくるガミラス先行部隊を瞬時に壊滅せしめ、地球艦隊も被害を受けた
 しかし直後に現れた新造戦艦アンドロメダの放った拡散波動砲によって逆襲され、ガトランティス艦隊は消滅し本艦も波動砲の余波に消えていった……。
 ところが、直撃でないとはいえ、拡散波動砲を受けてもなお原型をほぼ留めていた(流石に表面装甲は融解し、全体が黒焦げ状態だったが)ばかりか機関部も健在な状態で、戦線離脱を図った村雨改型巡洋艦『ディファイアンス』『サラトガ』の2隻を追って戦場から逃走を開始する。
 掃討戦のため間近に迫っていたアンドロメダは虚を突かれた形となり対応が遅れるも、擦り抜けざまに後部の40cm収束圧縮型衝撃砲2基6門で砲撃を加える。初弾は急加速中という事も相まって射線軸がずれて命中しなかったが、次射の6発は艦尾に着弾する。……が、何と重装甲で弾いたことで致命的な損害を受けることなくそのまま逃走に成功してしまう。
 ワープで月軌道に出現したカラクルム級は、そのまま地球圏の防空体制の薄さに付け入るように地球防衛軍司令部へめがけて隕石の如き特攻を試みた。カラクルム級の大質量がワープスピードに近い速度で地球上に落着すれば、遊星爆弾すら比べ物にならない甚大な被害を被ることとなる。
 この大破壊によって復興成ったばかりの地球は星としての機能を失い人類は全滅に追い込まれる未曾有の危機に対し、防衛軍司令部は総員茫然自失となりその役割を事実上放棄、月軌道の戦闘衛星がビーム砲撃により迎撃を試みるも全く効果が無く逆に体当たりで撃破され、さらに追撃してきた『ゆうなぎ』の近接射撃すら効果が無かった。『ゆうなぎ』は最終手段として体当たりによって落下軌道の修正を狙うも、カラクルム級の大質量の前には如何ともしがたく効果は無かった。
 しかし、海底ドックで改修未完了のままであったヤマトが、改装の現場指揮をしていた真田志郎らにより起動され、固定砲台としてショックカノンを発射。急角度で落下中だったカラクルム級の艦首装甲を貫通、空中で破片すら残さぬほどに爆発四散した。

シナリオ集

 原案となるシナリオ集では、大戦艦ことカラクルム級は岩石で艤装されることは無く、浮遊大陸の陰から姿を現して追撃するガミラス艦隊旗艦部隊に逆撃を加えている。しかも複数隻が登場していた。しかもどれもが旋回雷撃砲で破壊の限りを尽くしていたものの、アンドロメダの拡散波動砲によって1隻を残して消滅。その1隻は、公開版通りに地球へ向けて突進する。
 なお映像化されなかった艦橋内部の様子も書かれており、撤退した2隻の駆逐艦(公開版では巡洋艦)の空間航跡を辿って追跡ワープをしている。また、地球の首都(中央司令部)をピンポイントで狙えたのは、地球上をスキャンして通信量や熱量で特定した結果である。司令部での通信のやり取りが、カラクルム級の艦橋にジャックされており、慌てふためく司令部の様子に対して瀕死のガトランティス兵士が笑みを浮かべていたが、これらの内容に関しても映像化に際し時間の都合上で割合されている。

第2章

 また第2章では、第11番惑星衛星軌道上周辺へ6隻のカラクルム級で構成された第八機動艦隊の一部隊がワープで出現する。それら全て雷撃ビットを周囲に展開しつつ単縦陣を組み、幾つものリング状になった雷撃ビットを巨大な円筒形に(カラクルム級そのものを巨大な砲身にしていると言い換えられる)纏めて運用することで、そのエネルギーを僚艦同士でさらに増幅し巨大なビーム化し衛星軌道上付近から照射。その威力は波動砲にまでは及ばずとも照射された第11番惑星の地形に最狭部でも400メートル近い溝を作り出す威力を見せた。

第3章

 さらに直後にメーザー提督率いる第八機動艦隊本隊、250万隻を超える本艦の群れが出現。まるで大戦艦のバーゲンセールが如き戦力のインフレ振りであった。第11番惑星の宙域にて、艦隊の陣形配置そのもので超巨大な砲身レギオネル・カノーネを形成、砲エネルギー源となる人工太陽が砲身の最後尾部分に差し掛かるのを見計らって、史上最長規模の射程で直接地球を狙おうとした。
 ところが、波動砲を撃たないヤマトが何も出来る筈はないと踏んでいた為か、レギオネル・カノーネの発射体制に全力を注いで陣形を構築していたところへ完全なる不意打ちを受ける事となる。人口太陽を今まさに陣形内部に取り込み発射直前のところで波動砲が人工太陽の各コアを直撃。人口太陽内部で臨界炉が破壊されて波動共鳴が発生し、第八機動艦隊全ての艦の機関部へ(小説版によれば、制御装置への影響)致命的なダメージを与えた。
 これにより発射直前にあった万単位ものカラクルム級は、旗艦含め完全に行動不能となってしまい、修理されることも撤退も回収されることもなく第11番惑星にただ浮遊するだけの状態となってしまった。
 この様子に対して、真田副長はガトランティス人が
「物を壊すことが出来ても、直すこと、生み出すことはできない」
という性質を持っている為という推測を出している。(前作よりガトランティス人は兵器開発・製造に科学奴隷なる物を使っている描写があり、小説版でも「ガトランティス人そのものには大した科学力は無いが、支配した各惑星の科学者を集めて常に兵器開発などに従事させており、それら兵器をガトランティス人が使っているだけ」とクラウス・キーマンの口から語られ裏付けられている。)

第4章

 真田志郎の推測では自力で物を直すという事が出来ないというものだったが、それは半分当たりであり、半分ハズレであったと言える。
 第八機動艦隊は、波動共鳴で機能停止した筈の機関を無理矢理再起動させた(と推測される)うえに、さらには大帝の命令を無視してまで、自己の感情でヤマト追撃を試みるという暴挙に出ていたのだ。
 因みに、本編映像で再起動できた理由や説明は無かったが、小説版第3巻において補足されている。ガトランティス軍は、科学奴隷を各艦隊に合わせ乗せていた様で、第八機動艦隊も例外なく科学奴隷が分譲していた。ただし、全艦に乗せられていた訳ではなく、艦隊旗艦等の艦艇のみ乗せられており、流石に250万と言う途方もない数を復旧させる事はできなかった。
故に、小説版で辛うじて機関復旧ができたのは僅か20数隻とされている。
 当然のことながら無茶をした影響と代償は大きく、途中で艦体が誘爆して艦列から落伍する艦や、爆沈する艦さえ出していた始末。(また機関の再起動に失敗した艦もあったと思われるが、こちらは描写がない)
 しかし、そこに大帝の命を受けて現れたデスラーノイ・デウスーラによって、デスラー砲を撃ちこまれてしまい、提督であるメーザー諸共に残存艦隊(規模は不明)は、一瞬のうちに完全に消滅してしまった。結局、第八機動艦隊という莫大な戦力は、地球攻撃に成功するどころか、ヤマトの追撃に成功することも、その強大な火力を何一つ役立てることすらなく全滅してしまったのである。
 なお、余計な感情に汚染され大帝の命令に背いたとして、第八機動艦隊に対する評は、ゲーニッツからは「汚染艦隊」ミルからは「汚染物質」など侮蔑されていた。

第5章(ネタバレ)

































 バルゼー指揮下の第七機動艦隊の戦力として、再び大戦力で登場している。その全体戦力数は不明である。同じ機動艦隊である第八機動艦隊と同じであると見れば、約250万隻にも上る可能性はあると思われる。
 土星沖に先方として到着したカラクルム級郡は、警備巡回中だったエンケラドゥス警備隊と接触。最初の砲火を交える事となった。圧倒的戦力比によって、警備隊を正面と左右から半包囲態勢を敷き、圧力で磨り潰そうとする。警備隊はパトロール艦金剛改Ⅱ型宇宙戦艦を前衛にして、波動防壁を展開しつつ波動砲による応射を行った。しかし、損害は微々たるもので、穿たれた陣形を穴埋めするように後続艦がワープアウトする。
 そこで、ようやくバルゼーが戦場に到着。勢い着いた第七機動艦隊は、今度は上面方向より別働隊を差し向けて守備隊を磨り潰そうとしたが、そこでアンドロメダ率いる地球艦隊が到着。拡散波動砲による一撃で別働隊が壊滅。これをもって、主力同士の激突となる。
 しかし、予想外の物量を投入してきた地球艦隊による、拡散波動砲の一斉射によって前面に展開されていたカラクルム級群が全滅(数は算定不能)。その報復にインフェルノ・カノーネを見舞うが、それも重力子スプレッドによって防がれてしまった。直後、下方の土星リング内から拡散波動砲の奇襲を受け、ドレッドノート級前衛航宙艦らが襲い掛かる。
 激しい砲火の応酬は、やがて両軍が入り乱れるほどにまで接近し、中には体当たりでドレッドノート級を沈める艦もいた。それでも地球艦隊の増援第2陣が戦場に到着。戦局はますます膠着どころか不利に傾きつつあった。
 そこでズォーダーが彗星による直接攻撃を敢行。第七遊動機動艦隊は退いたが、拡散波動砲発射体制にある地球艦隊にめがけて残存艦隊の一部が攻撃を仕掛けるものの、波動砲集約の為に展開された重力子スプレッドに阻まれて無効(シナリオ集では被弾したドレッドノートもいた)となり、結果として最大集約された波動砲の束により、一瞬にして蒸発した。

製造の秘密(ネタバレ)

 ガイゼンガン兵器群として建造されたカラクルム級は、地球人やガミラス人が想う様な製造工程で作られたものではないことが、第5章で明らかにされている。それは、一種の“有機体”のようなもので、彗星都市内部のとある区画にあって、1隻づつが結晶体の様な物に包まれて生まれてくることが判明している。
 しかも無尽蔵の生産力を誇り、その区画は辺り一面にカラクルム級が生まれており、さながらそれは某宇宙生物の卵が並んだ様を想像させる。
 この製造工程もアケーリアス文明が残した遺産の1つで、破壊兵器たる存在として生まれたものである模様。ただし、このガイゼンガン兵器群が本当の意味で確立したのは、テレザート星を発見した後だと言うことである。



関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 ガトランティス 大戦艦 宇宙戦艦 メーザー
パワーインフレ ガイゼンガン兵器群 無尽蔵 チート 物量

pixivに投稿された作品 pixivで「カラクルム級戦闘艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6534

コメント