ピクシブ百科事典

遊星爆弾

ゆうせいばくだん

アニメ『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する架空の兵器

概要

ガミラスが使用するロングレンジ兵器。
小惑星隕石に外力を加え、目標の惑星へ落着させることで攻撃する。

オリジナル版では遊星爆弾で地球を攻撃することで地球をガミラス人が移住するに適した環境へ改造する(ガミラスフォーミング)という役割を持っていた。
西暦2190年代初頭から始まった爆撃で地球上の海水は全て蒸発。地表上の生物は死滅に追いやられ、生き残った僅かな人類は地下都市を築き、そこで生きながらえている。

発射地点はガミラス軍冥王星基地で、1日数十発が地球に向けて放たれていたがヤマトの攻撃で冥王星基地が壊滅させられ、遊星爆弾攻撃は止んだ。

2199での設定

初代のリメイク版である2199では発射地点がガミラス軍冥王星基地である点は変わらないものの

という設定が加えられた。

遊星爆弾にはガミラスフォーミング用に植物の種子が埋め込まれており、衝突と同時に地表へばらまかれる。原作では遊星爆弾が持ち込んだ放射能によって地表を汚染している設定だったが、2199では爆弾に埋め込まれた種子が発芽・成長後にばら撒く胞子が大気を改造するという設定に変えられている。

関連記事

親記事

ガミラス がみらす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「遊星爆弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント