ピクシブ百科事典

金剛型宇宙戦艦

こんごうがたうちゅうせんかん

リメイクアニメ『宇宙戦艦ヤマト2199』で登場した戦艦『キリシマ』の艦型名。後の『宇宙戦艦ヤマト2202』においても、改良型として複数が建造・就役されている模様。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト』に登場した地球防衛軍艦隊旗艦『沖田艦』を、リメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』で『キリシマ』として改められた際に設定された艦型名である。
 南部重工大公社の系列会社である南部造船が設計・建造を担当した宇宙戦艦で、日本所属の艦隊には8隻の金剛型が編入されていた。ただし日本宇宙海軍以外にも多数就役しているのかは不明確であるものの、恐らくはこの金剛型が国連宇宙軍の主戦力と考えてもおかしくは無いかもしれない。
 地球内では強力な戦艦であったとしても、ガミラスを相手にした場合は非力さが目立っており、主兵装である36㎝高圧増幅光線砲では傷さえつけられず、唯一の対抗兵器は艦首の陽電子衝撃砲1門のみという苦しいものであった。また就役以後は度重なる改装を受けており、装甲の追加や艦橋砲の追加等の対抗処置を取っている。
 艦隊旗艦として使用され、沖田十三もキリシマを座乗艦として艦隊指揮を執っている。

同系艦

 ガミラスとの戦闘中において、「ヨシノ」「ミョウコウ」「ヒエイ」「チョウカイ」「フソウ」の5隻が外惑星防衛戦、「コンゴウ」「ハルナ」の2隻がカ号作戦で失われ、2199の物語開始時点で残存しているのは「キリシマ」のみである。

  • コンゴウ(BBS-551)戦没
  • ハルナ(BBS-552)戦没
  • ヨシノ(BBS-553)戦没
  • ミョウコウ(BBS-554)戦没
  • キリシマ(BBS-555)現存
  • ヒエイ(BBS-556)戦没
  • チョウカイ(BBS-557)戦没
  • フソウ(BBS-558)戦没

性能

キリシマのデータを参考

  • 全長:202m
  • 主機:核融合推進式機関×1基
  • 兵装
・36㎝艦首陽電子衝撃砲×1門
・36㎝三連装高圧増幅光線砲×4基(うち1基は艦橋砲塔)
・ミサイル発射管(VLS)×16門(上甲板8門、艦底部8門)
・艦首魚雷発射管×8基
・対宙機銃×多数
  • 搭載機、不明
 攻撃性能において、キリシマと同様に主砲とミサイル兵装では歯が立たなかったと想像できる。ただし艦首先端に装備されている陽電子衝撃砲は、ガミラス艦を撃破する十分な威力を有した兵器であるが、通常の核融合炉機関では、発射するためのエネルギー確保が困難であった。
 発射するためには充填時間が必須となり、一度打つとエネルギー不足に苛まれてしまい連続使用は難しいとされている。中には無理をすると機関部が暴走してしまう場合もあるようである。その為、決戦兵器としてここぞと言うときにしか使用できない。
 防御性能においては、追加装甲の効果があったのか強固なものである。巡洋艦や駆逐艦は概ね一撃で撃沈されているが、ガミラス艦の陽電子ビーム砲(180㎜~330㎜口径)を3発受けても耐えているほど。
 航行性能においては、キリシマと同等と見れば冥王星から火星まで約3週間程の日数を必要するであろう。また機動性能はそこそこ高いらしく、各制御スラスターを駆使する事で戦艦とは思えぬ機動を一部見せる事もある。

改良型

 なお、続編『宇宙戦艦ヤマト2202』では、金剛型を改良した金剛改型宇宙戦艦が就役している。機関部を波動機関に換装し、なおかつショックカノンを通常兵装としたことから、従来の金剛型よりも遥かに性能を向上させている。古代進も金剛改型「ゆうなぎ」に乗艦している。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2202 宇宙戦艦ヤマト 沖田十三 土方竜

pixivに投稿された作品 pixivで「金剛型宇宙戦艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2313

コメント