ピクシブ百科事典

金剛改型宇宙戦艦

こんごうかいがたうちゅうせんかん

『宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する、金剛型宇宙戦艦の改良型(メイン画像:上と中央)。波動エンジン搭載型で、ワープ航行も可能。地球艦隊の中核としてガトランティス相手に戦い続けている。本稿では劇中後半に登場した金剛改二型も扱う。
目次[非表示]

概要

宇宙戦艦ヤマト2202』に登場する金剛型宇宙戦艦の改良型の戦闘艦艇。
ガミラスとの戦争後に、金剛型宇宙戦艦に波動コアを搭載し、なおかつ各砲塔を陽電子衝撃砲に換装した事によって、従来の金剛型よりも遥かに性能を向上させ、当艦並びに同じく改良型の村雨改型宇宙巡洋艦磯風改型突撃宇宙駆逐艦らと共に、新生地球連邦防衛軍航宙艦隊を構成してガミラス艦隊と共に前線で戦い続けている。

予告映像では多数のガミラス艦隊と隊列を組み、ガトランティス艦隊を相手に奮闘する様子が描かれている。その中で『シュガーローフ』が爆沈する様子や、他の金剛改型も激しい撃ち合いの末に轟沈している様子が公開されている。

なお古代進は艦長として南部康雄相原義一らと共に『ゆうなぎ』に乗艦している。

外見に関して、カラーリングを除き旧金剛型宇宙戦艦(特に『キリシマ』の最終改装時)から細部のディティールを含め換装された武装や推進器回りの形状など全く変化はないが、これはメタ的にモデリングの手間を省くためという面が大きいと思われ、実際には高圧増幅光線砲用の砲塔内に収まる衝撃砲システムを作るより砲塔の方を衝撃砲に合わせる方が簡単で内部の砲システムにも制約を受けないはずである。

また機関も換装によって強化されているようだが、こちらもわざわざ在来型核融合機関と全く同寸法の機関を制作したことになるが、宇宙艦艇にとって搭載機関の変更によって単位質量当たりの推力を向上させるとなると構造材の強化を含め全面的な艦体強度の向上が必要になる為(それを怠れば自壊する羽目になる。)乾重量が跳ね上がり全体の重心バランスにも支障を生じるなど、例え艦体素材に新素材を使っていたとしても容易ではないのである。
そしてここまでするとなると一から設計し直すのと変わらない手間がかかっていそうなものである。

カラーリング

カラーリングなども、キリシマ等旧世代艦艇の迷彩とは全く違う、メイン画像の様なバリエーションのある塗装がされているのも特徴の一つであり(旧金剛型にもカラーバリエーションがあった可能性はあるが、劇中既にキリシマ以外は戦没し姿は不明である。)、旗艦と通常艦の2パターンがある。部隊旗艦は濃い青色(旧作のパトロール艦「ゆうなぎ」の塗装に酷似)で塗装され、通常艦は旧作の地球艦隊のような薄いグレーで塗装されている。

クラスについて

なお当艦は当初駆逐艦扱いとして公式HPにて紹介されており、製作途中での設定変更に伴う混乱を伺わせていたが(艦の命名基準も駆逐艦、巡洋艦規模のものである)、公式HPにて「地球防衛艦隊の主力戦艦」と修正されている。(劇中での「ゆうなぎ」が「第2護衛駆逐艦隊」唯一の所属艦であることはこの設定変更の名残と思われる。)

ワープについて

映像では『ゆうなぎ』を始めとして、村雨改型である『ディファイアント』『サラトガ』らもヤマトと同じエフェクトでワープしているため、ガミラス型を購入したのではなくイスカンダル型をコピーした地球製の波動コアを使用しているとわかる。

スペック

  • 全長:202m
  • 主機:波動機関×1基
  • 兵装

・46㎝艦首陽電子衝撃砲×1門
・36㎝三連装陽電子衝撃砲塔×4基(うち1基は艦橋砲塔)
・ミサイル発射管(VLS)×16門(上甲板8門、艦底部8門)
・艦首魚雷発射管×8基
・対宙機銃×多数

  • 搭載機:不明
  • 同型艦
ゆうなぎ』(古代進が乗艦)
『しまかぜ』
『タイコンデロガ』
『シュガーローフ』
『ハバードトン』
『ファリス』
『インディペンデンス』
旧型の金剛型と比べて戦闘能力・航行能力は雲泥の差である。攻撃性能は、主砲がショックカノンにすべて換装されている上に魚雷もヤマトに搭載されたものと同じ新型を搭載している。これによってガトランティス艦艇相手に、対等に戦えるほどの打撃力を有している。特に新型魚雷は凄まじいもので、メダルーサ級殲滅型重戦艦のバイタルパートをぶち抜き4発で轟沈せしめている(一カ所に集中射撃した成果でもあると考えられる)。

防御性能は波動機関を搭載したことで波動防壁を展開可能とされているが、劇中後半で金剛改二が登場するまで波動防壁が実際に使われている描写はない。また波動防壁を抜きにした耐久力はとにかく頑丈だった旧金剛型に比べむしろ劣っているような描写でもある。
因みに第1話の冒頭で、『ゆうなぎ』がメダルーサ級の攻撃を受けた際にガトランティス軍特有の緑色のビームが一瞬赤く変色している場面があるが、よく見るとメダルーサ級の五連装大口径徹甲砲塔が発射したビームのみ赤く変色しているため、波動防壁の影響で変色した訳ではない模様。

航行性能は波動機関の搭載により、旧型と比べて高い機動性と加速性を手にしている。その機動性は戦艦でありながらも駆逐艦に匹敵し、古代の指揮する『ゆうなぎ』はそれを存分に発揮している。

シナリオ版にて

第1話シナリオ集において、地球艦隊の旗艦は『タイコンデロガ』となっている(完成版では『タイコンデロガ』は旗艦級塗装ではなく一般艦扱いになっている。)。また完成映像では地球艦隊は後衛に有って、ガミラスの撃ち漏らしたガトランティス艦の各個撃破を命じられていたが、シナリオ集ではその真逆であり、地球艦隊が前衛を務めて突撃しガミラスが後衛にある。

シナリオ集の時点ではメダルーサ級もおらず、艦艇数も互いに20隻余りの設定で書かれた事から、地球艦隊が先鋒を務めていたもよう。それが、映像化においてメダルーサ級の再登場となっており、それに対抗しうる手段をガミラスが用いて、地球艦隊が後衛に回ったと思われる。

金剛改二型

劇中後半に登場する金剛型の魔改造艦艇で、艦首砲が波動砲(収束型)に換装されている
尚劇中の出番が少なく詳細なスペックも不明のため独立項目は設けなかった事をご了承されたし。

やはり外観に変化はないが、実際にここまでの改修を施すとなれば内部構造からほぼ全て作り替えることになるのは想像に難くなく、ほぼ新造艦以上の手間をかけて建造されていると思われる。

劇中の登場

土星宙域にてエンケラドゥス守備隊所属艦が登場。尚これらの艦に艦名がつけられている描写はない。
来襲したバルゼー艦隊と交戦し波動砲によって幾分かのカラクルム級戦闘艦を撃沈するが、あまりの物量に対し効果範囲の狭い上に少数の収束波動砲では中央のみしか撃破できず(拡散波動砲を搭載したドレッドノート級も3隻配備されているが波動砲戦には非参加。)、案の定波動砲発射後の隙を突かれ包囲される。
尚も波動防壁を以て堪え続けるが劣勢は明らかで、新鋭の護衛艦やドレッドノートもイーター1の自爆攻撃によって失い守備隊は3分の2に至る戦力を失い壊滅玉砕となった。
しかし直後にアンドロメダがワープで救援に駆け付け、数隻の金剛と守備隊旗艦のみは取り敢えず難を逃れた。その後金剛型は戦闘に参加する様子もなく、逃げ伸びたのか、あるいは後の都市帝国との戦いまでに失われたのかは不明。

余談

現在金剛改二型のイラスト投稿はないが、タグ付与をする際某擬人化艦船の検索結果の表示を妨害する可能性があるため注意。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2202 宇宙戦艦 古代進 金剛型宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「金剛改型宇宙戦艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5016

コメント