ピクシブ百科事典

南部康雄

なんぶやすお

『宇宙戦艦ヤマト』シリーズに登場する、キャラクターでヤマト乗組員の1人。シリーズ中の『復活篇』には未登場である。後のリメイク『2199』並びに『2202』で、キャラデザインを変更されて登場を果たす。
目次[非表示]

担当声優・俳優


オリジナルシリーズ

概要

 宇宙戦艦ヤマトの戦闘班所属でサブリーダーを務めている人物。ヤマトの建造に携わった南部重工の御曹司でもある。主な仕事は第一艦橋にて、波動砲以外の主砲、魚雷、ミサイル、機銃、といった兵装を制御している。視聴者の中には砲術担当だと思われている場合もある。
 そしてヤマトにおいて、どちらかというと薄いキャラクターでもある。下記を見てもらいたい。
第1作「宇宙戦艦ヤマト」から宇宙戦艦ヤマト2199まで、同僚の古代進森雪島大介相原義一太田健二郎らと共にブリッジ要員として登場し続けている。
相原義一・太田健二郎とは第一艦橋の三羽烏といっても良いトリオとなっている。特に太田とは長らく個人エピソードに恵まれなかったと言う共通点がある。
 が、決して薄いばかりとは言えず、活躍する時にはとことん活躍する場面も見られる。

人物

 古代に似て熱血気味な部分が存在するが、古代よりも落ち着いている雰囲気はある。特にシリーズのヤマトⅢでは、ダゴン将軍には何度も執拗な攻撃を受けていたことから
「止めないでください艦長、どうしても叩いておかないと!」
と積極的に攻勢に出ていた。これが思わぬ落とし穴となるのだが・・・・・・。

手腕

 武装のエキスパートであり、彼の腕に掛ればショックカノンや魚雷、ミサイルをほぼ命中させる。錐もみ運動だろうと高機動運動だろうと必ず命中させる。だが、ほんの稀にだが予想外の的外しをやらかした頃もある。
 それがヤマトⅢの惑星破壊ミサイル破壊の失敗である。当時は惑星ファンタムを破壊させたくないと言う焦りからか、ヤマトよりも巨大かつ直線運動しかしないミサイルの迎撃に失敗した。

キャラデザ

 髪型が古代と似ていることから、メガネをはずすとより似てしまう。無論、眼の大きさ等でも見分けは付くが、古代と南部だけは似通った髪型となっている。

経歴

2作目「宇宙戦艦ヤマト2」においては、南部の砲術手腕が披露されており、尽くを命中させた。特にゲルン提督率いる空母機動部隊の空母を1隻残らず滅多打ちにしたのは彼の功績でもある。
しかし後半の白色彗星彗星帝国との最終決戦時に、ヤマトが都市帝国の砲撃を受けて著しい損害を負った際、各部砲塔からの応答がなかったことから様子を見に行った。
そこで絶命した砲術を前に愕然とし散るところでさらなる爆発に巻き込まれてしまった。一見すると大半が戦死したと思わせる描写だが、続編の「宇宙戦艦ヤマト・新たなる旅立ち」のスタッフが戦死シーンをあろうことかきれいさっぱり忘れてしまい、何事もなかったかのように登場させてしまい、作品の登場人物としては何とか一命を取り留めたかと思われる。

「新たなる旅立ち」では、新任の北野哲に対して砲雷撃戦における戦闘部門の教育を担っていた。新米で不慣れな北野に対して、戦闘準備の遅さを叱責するなどの場面がみられる。

「永遠に」では、他部署に配属されていたものの暗黒星団帝国に速攻戦で地球を占領された際には命からがら生き延び、ヤマトクルーと合流してヤマトへ乗艦を果たす。ひとたび戦闘班として身を置いた彼の砲術手腕は光り、追撃してきた暗黒星団帝国艦隊に対して高い命中精度を叩き出した。
ゴルバ型要塞との戦闘では波動カートリッジ弾を初使用する為に、自ら砲弾の搬出等を担っている。

「ヤマトⅢ」でも尽く砲術手腕は光り続けた。特にガルマン・ガミラス帝国ダゴン艦隊を相手に孤軍奮闘し、周囲を取り囲むガルマン艦を尽く串刺しにして轟沈に追いやった。さらにはシリーズで初の錐もみ回転攻撃を実施し、回転しながらの困難な状況下にあるにも拘らず全弾命中という恐ろしさを披露・・・・・・ダゴン将軍が唖然とするのも頷ける。
それに留まらずボラー連邦艦隊の駆逐艦隊を葬るだけでなく、さらに本国の主力艦隊(しかも2個艦隊分)を波動カートリッジ弾、煙突ミサイルで全滅させた(古代の作戦案ではあるが)。

また戦闘班のサブリーダーとして火器管制を担当しているのに波動砲に縁が無く、戦闘班リーダーの古代進はもとより、北野哲土門竜介といった南部よりも登場作品の少ない後輩すら波動砲を発射した事がある中、リメイク版である「宇宙戦艦ヤマト 2199」まで縁が無かった。

さらに「宇宙戦艦ヤマト復活篇」には登場できなかった。しかも相原や太田は古代の回想シーンにかろうじて登場する。

そんな南部だが、第1作目で登場したドメル将軍の考案した瞬間物質移送機による奇襲戦法のことを、劇場版「愛の戦士たち」では「デスラー戦法」と呼称してしまった生みの親だったりする。
こうして南部が「デスラー戦法」と表現して以降、この戦法はデスラー戦法と言われる事になった。大事な事なので繰り返すが、考案者はドメル将軍である。

宇宙戦艦ヤマト2199

概要

リメイクにあたりいくつかの設定が追加されている。

  • 東京都出身。
  • 年齢21歳。
  • 階級:二等宙尉。
  • 所属:中央司令部⇒ヤマト砲雷長
 それまでの作品では明言されなかった「南部重工の御曹司」が公式設定として作中に登場している。登場初期は中央司令部所属で、森雪と行動をしている場面がある。またエリート意識が強い部分があるらしく、若さもあって押しの強い所が散見されるが、これはオリジナル版の古代進の性格を一部譲り受けた形となる(結果、本作の古代は落ち着いた雰囲気になった)。
 ヤマトに配属となった際には、戦術長の古代の下にあって砲雷長として肩書を持っている。その他、同僚の森雪に対して明確な恋愛感情を持っており、森雪がガミラス帝国に拉致された際は、ガミラス星突入前の作戦会議において森雪救出を最重要にあげていた。
 またメ2号作戦の時に発言した「いいじゃないか、星の一つや二つ!」は彼のキャラクター性を引き立てる(あまりよろしくない意味で)ことになった。とりあえず冥王星に謝ろうか?
加えて波動砲主義であり、事あるごとに波動砲の威力頼みを口にしており、劇場版星巡る方舟でも、封印された波動砲に未練を残していた。

性格

 エリート意識の抜けない熱血系キャラである一方で、決めた物に対しては外さない強い信念を持っている。その一例として恋愛感情であり、司令部付として勤務していた時から森雪を意識しており、諦めきれず親の進める大手企業の娘との結婚を固辞していた。が、古代と雪の関係が確定化してからは諦め、親の進めた娘とのお見合いも考慮していた模様。
 人類存亡に危機に際して企業に身を置くより、軍隊に入って地球を救う事を考えている。その為、親の決定に猛反発してまで国連軍に入っている。またエリート意識が強い一方で、その砲術長としての腕はピカイチであり、それに対する自負もある。
大艦巨砲主義で、艦載機攻撃は不要と考えている。とはいえメンタル面では脆い部分もあるようで、対ドメル戦で完全包囲された時には真っ先に根を上げている。
 また初装備となった波動砲の破壊力に魅入られており、浮遊大陸基地で初めて使用した時には、
「凄い威力だよ! 波動砲さえあれば、ガミラスと対当に、いや、それ以上に戦える!」
と発言しただけにとどまらず、冥王星攻略にも波動砲による短期決戦を進言したが古代に却下され、
「いいじゃないか、星の一つや二つ!!」
とかなりの危険思考を前面に押し出していた。
 劇場版『星巡る方舟』では波動砲が封じられてかなり不安視していたが、ゴラン・ダガームとの決戦では彼の手腕で旗艦『メガルーダ』を仕留めるなど、徐々に波動砲への依存を捨てている。

手腕

 砲術を始めとした火器の取り扱いはエキスパートとも言えるもので、ガミラス艦、ガトランティス艦を尽く沈めてきた実績がある。その命中率は機械的な補助があるとはいえども、技術的に進歩していたであろうガミラスの命中度に比較すれば、彼の砲術は群を抜いている。

宇宙戦艦ヤマト2202

 古代進、相原義一と共に再編された地球連邦防衛軍の第2護衛艦隊所属『ゆうなぎ』に乗艦し、砲術長として勤務。エリート意識が払拭され、波動砲に対する意識もがらりと変わった。依存せず、寧ろ波動砲を使わないことを考えている模様。しかし、政府の波動砲艦隊構想が提唱され、それに異論を唱えてる。かつての仲間たちと共にヤマトへ集結した際、実家の系列会社と思しき運送会社のトラックが仲間たちの大部分を運んでいたため、彼が家の権力を使って手配した可能性がある。
波動砲艦隊構想とか、ヤマトがイスカンダルから帰ってきたのは、こんな地球を創る為じゃなかった筈だ!


関連イラスト

7月2日(なんぶの日)ひとり南部祭り開催中【他は腐向け】
南部の叫び



関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2202 古代進 相原義一 太田健二郎 冥王星

pixivに投稿された作品 pixivで「南部康雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87617

コメント