ピクシブ百科事典

相原義一

あいはらぎいちまたはよしかず

アニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズの登場人物
目次[非表示]

CV:野村信次(初代・さらば・2・新たなる旅立ち・永遠に・3・完結編)
國分和人(2199)

第1艦橋で通信班長を務める。岩手県出身で北上夜曲を好んでいるが「きたがみやきょく」と間違って読んでいる。

初代

イスカンダルへの航海途上ドメル将軍の仕掛けた罠にまんまと引っかかり、ノイローゼに。ヤケになって船外へ出るとドメルの仕掛けた罠の根幹を成す物を発見。救出に来た古代進がコスモゼロでそれを破壊している。

さらば

イスカンダルから帰還後は古代と輸送船の護衛任務を勤めていた。白色彗星帝国との戦いで多くのヤマトクルーが戦死する中生きて地球へ帰還した数少ない人物である。

2

さらばと同様にヤマトへ乗艦するが、テレザートへの航海途上でメッセージの送り主であるテレサのことが気になってしょうがない島大介に「航路決定のためだから」と騙されて通信任務を横取りされてしまっている。

新たなる旅立ち

序盤で病院から退院。入院生活を「退屈極まりなくてまるで牢屋に入ってる気分だった」と古代に漏らすがアナライザー佐渡先生から「看護婦にモテモテで脂下がっていた」「一生入院していたいと言っていた」と暴露されている。

永遠に

暗黒星団帝国の地球侵略の際、携帯式通信機を持って避難した「英雄の丘」で古代をはじめとするヤマトクルーと再会。小惑星イカルスの基地にいた真田工場長と連絡を取る。

ある出来事をきっかけに地球防衛軍司令長官藤堂平九郎の孫娘である藤堂晶子と恋仲になる。

完結編

序盤でガルマン・ガミラスへ通信を試みる。シナリオ改訂の途中案ではウルクでの白兵戦時に戦死させる展開もあった。

2199

初代のリメイク版である2199では名前の読みが「Ⅲ」でのぎいちからよしかずに修正され、年齢が22歳に設定された。第1艦橋所属のヤマトクルーの若手の中では最年長である。
所属は森雪と同じ船務科で通信管制を担う通信長。
同じ船務科所属の岬百合亜を恋愛対象として気にしていたらしく、百合亜が星名透と手をつないで歩いて行くのを目撃した際は惨めにも泣いていた。
第1作におけるドメルの罠にあたる展開はイスカンダルから帰還する時に、リレー衛星経由ではなく地球との直接交信が回復した際に変更されている。

実写版『SPACEBATTLESHIPヤマト』

女優のマイコ演じる女性クルー・相原になり、航海班所属となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「相原義一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62130

コメント