ピクシブ百科事典

芹沢虎鉄

せりざわこてつ

『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する、地球側のキャラクター。『ヤマト2』並びに『愛の戦士たち』に登場した参謀長のリメイクキャラ。軍事指導のトップで野心家。イズモ計画の筆頭でヤマト計画に懐疑的であった。後の2202にも登場する。
目次[非表示]

「攻撃したまえ!」
CV:玄田哲章

2199

概要

  • 所属:国連宇宙軍 極東管区
  • 階級:宙将
  • 肩書:軍務局長
  • 出身:茨城県
  • 年齢:55歳


 『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する、地球側のキャラクター。オリジナルではなく、ヤマトシリーズのTV2作目、及び劇場版『さらば愛の戦士たち』に登場した、参謀長のリメイクキャラクターである。容貌は概ねオリジナル(愛の戦士たち版)を踏襲しており、カイゼル髭や堅物そうな表情により厳格な感じのデザインに仕上がっている。
 軍人として極東管区の軍務を束ねる立場にあり、政治面で統括している藤堂兵九郎行政長官を支えている立場にある。また、軍人でありながらも政治的野心を抱いており、英雄視されている沖田十三を快く思っていない節がある。
 後の続編『宇宙戦艦ヤマト2202』にも登場。

イズモ計画派

 芹沢はイズモ計画推進派であり、ヤマト計画が提出されることに不快感を示していた模様。地球の再生を願う事よりも、生き残った人類で纏めて他の星へ移住した方が確実である、との考えを持っていたのではないかと推測される。ただし、ガミラスは天の川銀河に着々と手を伸ばしているゆえ、どの道、ガミラスに遭遇する事は避けられないであろう。
 国連宇宙局の幕僚監部作戦部9課でヤマト計画が本格的に始動した後も、彼はイズモ計画に固執しているフシが見られた。その裏付けとして、ヤマトのクルーに新見薫をスパイとして(小説版では伊東真也もスパイとして送り込まれていた模様)入れている事からも伺える。
 またヤマトが発進する際のエネルギー不足に際して「ヤマト計画は断念するように」と具申したり、発進直後の惑星間弾道弾ミサイルの爆発にヤマトが巻き込まれた際には「熔けて消えてしまったのでは」とかなりネガティブ発言が観られた。

開戦の発端

 オリジナルとは違い、ガミラスが一方的な攻撃を仕掛けてきた訳ではなく、実は地球側からの先制攻撃が発端となっている。オリジナルと違いギャップが強く、視聴者の間でも賛否の湧かれる所でもあるが、その戦争の原因を作ったのが芹沢であると言っても過言ではない。厳密に言えば、彼の上にいた上層部であるが。
 初のガミラスとの邂逅において、中央委員会は攻撃する事で意見を一致させていた模様。その理由として・・・・・・

  • エイリアン(当時はそう称した)達に、地球の位置を知られてしまうのを避ける為
  • 地球側の呼びかけに一切応じない、或いはリアクションを見せない
  • 呼びかけを無視して、太陽系内部へと侵入している

以上の点を踏まえて判断された模様。よくよく考えれば、中央委員会の判断も強ち間違った判断を下したわけではない。地球上でも他国の領域に軍艦や戦闘機等が侵入しようとすれば、防衛の為に緊急離脱を呼びかけたり迎撃されるのは当然の事であるからして、当然の選択とも言えるだろう。
 ただし、問題とするならば、その後の政府発表内容にあったろう。素直に「領域侵犯による迎撃を理由に止む無く攻撃した」というのではなく「ガミラスが先制攻撃を加えた」と嘘の発表を行った事に有ろう。その真意は定かではない。

経歴

 2191年にガミラスと地球が初めて邂逅した際、沖田に対して中央委員会の決定事項として先制攻撃を命じた。沖田は「人類初の異星文明との接触だ。性急に過ぎる」と拒否するが、芹沢は軍務局長権限で沖田を解任。
 そこでガミラスと先に遭遇していた、先遣艦ムラサメに対して、芹沢は横激命令を言い渡した。結果として戦端を開いたのは地球側となってしまい、ガミラスと戦うことになるが、相手の圧倒的な兵力で打ち負かされてしまった。
 この事に関し、芹沢は報道で「エイリアンが一方的に戦端を開いた」等と嘘の報道を行った。しかし、ムラサメが撃沈したのを筆頭にして、地球艦隊は初戦で敗退。その後も敗北を重ね、8割を喪失するという散々な結果を招いた。さらに、生き残りである山崎奨には、先制攻撃の意図を聞かれても答えず、逆に箝口令を敷き、秘密を守らせている。
 イズモ計画を中断され、ヤマト計画が進行する様子に不快感を示しており、イズモ計画復活を狙って新見を潜り込ませた。ヤマト発進の祭には事あるごとに計画中止を進言している。なお、ヤマトが帰還してきたときには姿を見せてはいない。

2202

概要

  • 所属:地球連邦防衛軍
  • 階級:宙将
  • 肩書:統括副司令官
  • 出身:茨城県
  • 年齢:58歳


 『ヤマト2202愛の戦士たち』にて引き続き登場する。国連が解体されると共に、新たに設立された地球連邦防衛軍の統括副司令官へ就任し、引き続き統括司令長官となった藤堂のサポートを行う事となる。またイスカンダルとの条約を無視して波動砲艦隊構想を推進する(が、実際には彼自身が決めた事ではなく、あくまでも上層部の決定であり、彼はそれに従ったまでである)。
 彼の(或いは上層部の)見解によれば、沖田とスターシャンの間で結ばれた条約は公式的な物と這い難いばかりではなく、いち艦長の独断で決定した口約束であり地球政府の意志とは違う事から、条約を反故にしているとのことである。

経歴

 第8浮遊大陸基地奪還の折、中央司令部にて4名のオブサーバーと藤堂と共に戦局を見守っていた。作戦実行直前には芹沢が地球艦隊全将兵に向けて作戦内容を説明した。戦闘の最中、ガミラスと地球の軍需産業オブサーバーが芹沢に対して耳打ちしているのが確認される。
 カラクルム級戦闘艦の登場で戦線が混乱する状況下を狙い、秘密裏に派遣していたアンドロメダによる拡散波動砲使用を藤堂に進言(言葉にして発しなかったが、藤堂はその存在を知っていたため何を言おうとしたか理解していた)。
 許可を受けて秘密裏にインプットされていた『プランA』を発動。戸惑う将兵やオペレーター達を余所にして波動砲攻撃が実施された。見事にガトランティス艦隊を殲滅したが、カラクルム級が道連れ覚悟で地球へ特攻を仕掛けてきたのを知った時には、さしもの芹沢も冷静ではいられなかった。
 まして落下予測地点が中央司令部であることが判明した折、非常識極まる特攻戦法に呆然としてへたり込んでしまった。そこに改装中のヤマトがショックカノンを持って迎撃した事で危機を脱下こそすれ、ヤマトを勝手に動かされた事に戸惑いと怒りを覚えていた。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 宇宙戦艦ヤマト2202

pixivに投稿された作品 pixivで「芹沢虎鉄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1119

コメント