ピクシブ百科事典

拡散波動砲

かくさんはどうほう

アニメ『宇宙戦艦ヤマト』に登場する波動砲の発展系兵器。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』と『宇宙戦艦ヤマト2』、『復活篇』にて登場。 また、宇宙戦艦ヤマトシリーズと無関係なゲーム作品[[R-TYPE]]シリーズにも同名の武器が登場した。
目次[非表示]

概要

 強大なエネルギーを集中させる波動砲と異なり、一定距離進んだ後シャワーのようにビームが拡散し、飛散範囲内のものをことごとく撃破する兵器。ヤマトの波動砲に比べ広い範囲の敵を撃破できるものの、単位面積当たりの威力が下がるため、標的が強固な場合には歯が立たないことがある。
 ただし、以降のシリーズの主力戦艦にも採用されているため、対艦用兵器として高い成果を出したものと思われる。また、広い範囲に拡散させるため波動エネルギー増幅装置でヤマトの波動砲以上にエネルギーを増大させて砲撃する。

装備している宇宙艦艇

地球防衛艦隊の旗艦アンドロメダに2門、他の主力戦艦や巡洋艦、パトロール艦などの艦艇にも1門ずつ装備されている。
護衛艦にも装備されているようだが、資料によっては大型衝撃砲とかかれているため不明。
『復活篇』でもスーパーアンドロメダ級戦艦に2門、ドレッドノート級戦艦に1門搭載されている。

宇宙戦艦ヤマト2202

 宇宙戦艦ヤマト2202でも、地球防衛軍の一部艦艇に装備されている。アンドロメダ級の5隻は艦首に二門を備えており、第一章では一番艦アンドロメダの初登場直後に使用され、浮遊大陸基地を占拠したガトランティス艦隊を一撃で全滅させた。
 しかしカラクルム級のみ攻撃対象として照準されていなかったことと、カラクルム級の強靭な装甲も相まって仕留め損ねており、波動砲の余波を受けても撃沈することは叶わなかった。このことから旧作同様に収束型に比べ威力が低下しているような描写がある(むしろ、カラクルム級が異常とも取れる)。
第二章から登場するドレッドノート級主力戦艦にも搭載されているが、同章ではマルチ隊形からのショックカノン発砲のみを行っており拡散波動砲は使用されていない。

R-TYPEシリーズ

上記の通り、宇宙戦艦ヤマトシリーズと無関係なゲーム作品『R-TYPE』にも同名の武器が登場。シリーズ第二作『R-TYPEⅡ』の自機R-9C"WARHEAD"に搭載されたのが初出で、その後のシリーズでも度々登場している。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト R-TYPE 波動砲 宇宙戦艦ヤマト2202 前衛武装宇宙艦 ドレッドノート級前衛宇宙艦

pixivに投稿された作品 pixivで「拡散波動砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12239

コメント