ピクシブ百科事典

伊東真也

いとうしんや

「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場した、ヤマト側における新規キャラクターの1人。
目次[非表示]

慣れないことは、するもんじゃないな・・・・・・
cv.関俊彦

概要

  • 所属:国連宇宙海軍 情報部⇒宇宙戦艦ヤマト 保安部
  • 階級:二等宙尉
  • 肩書:保安部長
  • 出身:滋賀県
  • 年齢:28歳

 
 『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する新規キャラクターの1人。オリジナルヤマトに無かった保安部を設定した折、その保安部長として登場した。ヤマト艦内の安全や治安といった面を預かっている。容貌は糸目で常に笑みを浮かべている様に見え、常に慇懃に他人と接している。しかし、そこにはどこか相手を見下した雰囲気もある(以上、公式サイトの紹介要約)。漫画版では伊東の両腕は義手になっており、その経緯は下記に記すが、第2次火星会戦の負傷が原因である(オリジナルにおける真田志郎の設定を受け継いでいるとも言える)。
 ヤマト計画のメンバーとして乗り込んでいるものの、本当の目的はヤマト計画の中断並びにイズモ計画の再始動にあった。小説版では芹沢虎鉄の意を受けている場面が描写されていた。ビーメラ星にてクーデターを起こすも失敗、独房へと監禁されてしまうものの七色星団の騒ぎに紛れて脱獄。
 だが収容所惑星レプタポーダの暴動の際に、ガミラス兵に撃たれて死亡してしまった。

性格

 平時は穏やかな雰囲気を見せているが、冷徹な面も持ち合わせており、血を流すことも平然として行える。またしゃべり方も特徴的で、ねっちこいさ、嫌味を含んだものである。温情と言った心の持ち合わせは一切なく、ガミロイド兵ことオルタの一件において真田志郎からは「君に心があるのか分からない」と言われた事もある。
 ひたすら嫌味たらしく、異星人との共存には徹底して否定している。異星人を信じられない由縁は詳しく語られてはいないものの、他人を信じてはならない事に関しては、彼の過去が大きく関係している。また女嫌いでもあるようだが、かといって同性愛者と言う訳ではない。
 クーデターを起こすなど、ヤマト計画に否定的でありこそすれ、別惑星へと移住する事による人類の生存という目的があってのことであるのは、彼の本心と言えよう。

過去

 劇中では彼の過去は全く語られてはいないものの、むらかわみちお氏による漫画版第6巻では、ミレーネル・リンケの精神攻撃の祭に、彼の過去が描かれている。幼い頃の伊東家は、母が離婚してしまった為に父親との2人暮らしであった模様。
 父親は分かれた妻を「あの女」と呼び、幼い伊東に対して「他人を簡単に信じるな」と言って育ててきた。しかし、その父親もまた他人を信じようとして殺されてしまう。さらには第2次火星会戦で、村雨型宇宙巡洋艦に乗って参加したが、上官の指示を仰ごうとするばかりの優柔不断な艦長の不手際によって艦が被弾、伊東自身は指の殆どを失う程の重傷を負ってしまう。
 父親の教育と戦時における無能な艦長等といった周囲のだらしない人間の存在によって、彼の性格は決定的に歪んでいき、今や人間そのものに完全に失望してしまった伊東は地球人であろうとも異星人であろうとも信用できなくなってしまったのである。

経歴

 ヤマトへ保安部長として乗り込んだ後、少しづつ劇中に姿を見せ始める。冥王星攻略の祭は、負傷者を救護する原田真琴らの手伝いをせず遠巻きに見ていた。漫画版では、艦内の治安維持を最優先にするという名目がある。
 太陽圏を脱する前に、新見に対して「お暇そうで」や「カウンセリングも始めたそうじゃないですか」等と気さくに話しかけている(逆に言うと馴れ馴れしい態度でもある)。また交信が出来なくなる前に「艦長も最後の交信ぐらいさせてやれば良いのに」と呟くなど、意味深な言葉をつぶやく。
 この辺りから新見と伊東のヤマト計画阻止が動き始めていたと見られる。その後も表立っての登場は多くないが、オルタ脱走の件では率先して破壊しようとするなど、躊躇しなかった。その際、岬百合亜「心があるのなら、捕虜として扱ううべきよ」と言われて、「心だって? 馬鹿馬鹿しい」と一笑した。また真田に対して「まさか貴方、あれに心があると思っていませんよね?」と聞いたが、逆に「私には分からない、君に心があるのかさえ」と返されムッとした。
 ビーメラ星でいよいよ反乱を起こした際は、保安部員と新見、そして懐柔した島大介らによって一時的に艦を掌握する事に成功した。この時、森雪に反乱行為を告発すると言われるが、「そんなに自分の星に帰りたいか、異星人の女め!」と罵ると同時に、雪がユリーシャ・イスカンダル本人であると暴露する(実際は勘違いであった)。
 しかし、惑星調査からヤマトに帰投してくる古代進らの処遇を巡って、新見との軋轢が深刻化。犠牲を厭わない伊東に、島でさえ「指揮官は俺だ」と反駁されてしまい、それに逆上して射殺しようとする。新見に体当たりで防がれ、挙句に星名透の裏切り(本人曰く「表替えった」)によってクーデターは完全に失敗した。
 その後、クーデター失敗により営倉送りとなるが、七色星団戦闘時のヤマト被弾のどさくさに紛れてコスモシーガルに藪助治と共に逃げ込む。今後の行動に頭を悩ませていたが、惑星レプタポーダの調査に古代とユリーシャが2人の存在を知らぬまま発進。銃を突きつけて乗っ取ろうとしたが、古代の起点で失敗、それどころか藪の誤射でシーガルが破損し墜落する。
 そして行き着いた惑星レプタボーダでの囚人反乱劇に巻き込まれてしまう。混乱に乗じてユリーシャと共に逃げ出していた矢先に、自分らを狙ってきたガミラス兵1人を撃って阻止した。皮肉にも異星人として敵視していたユリーシャを助ける形となったが、一瞬の油断で瀕死のガミラス兵の銃撃を受けてしまった。彼女のことを死ぬ瞬間まで森雪と同一人物と思い込んだまま、地球とヤマトの後事を託して息を引き取る。

余談

 なおpixivでは、伊東とユリーシャのカップルイラストがそれなりに数を増やしている模様。

関連イラスト

祝!地球帰還by保安部
--



関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 星名透 ユリーシャ・イスカンダル

pixivに投稿された作品 pixivで「伊東真也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355328

コメント