ピクシブ百科事典

伊東真也

いとうしんや

「宇宙戦艦ヤマト2199」に登場した、ヤマト側における新規キャラクターの1人。
目次[非表示]

らしくないことは、するもんじゃないな・・・・・・
cv.関俊彦

概要

  • 所属:国連統合軍 情報部⇒宇宙戦艦ヤマト 保安部
  • 階級:二等宙尉
  • 肩書:保安部長
  • 出身:滋賀県
  • 年齢:28歳

 
 『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する新規キャラクターの1人。オリジナルヤマトに無かった保安部を設定した折、その保安部長として登場した。ヤマト艦内の安全や治安といった面を預かっている。容貌は糸目で常に笑みを浮かべている様に見え、常に慇懃に他人と接している。しかし、そこにはどこか相手を見下した雰囲気もある(以上、公式サイトの紹介要約)。漫画版では伊東の両腕は義手になっており、その経緯は下記に記すが、第2次火星会戦の負傷が原因である(オリジナルにおける真田志郎の設定を受け継いでいるとも言える)。
 ヤマト計画のメンバーとして乗り込んでいるものの、本当の目的はヤマト計画の中断並びにイズモ計画の再始動にあった。小説版では芹沢虎鉄の意を受けている場面が描写されていたが、劇場公開版のパンフの記述によればイズモ計画のシンパというワケではなく、異星人の助けを借りて行われるヤマト計画が気に入らなかっただけであり、ヤマト計画をつぶすために芹沢に近づいたものと思われる(つまり彼にとって問題なのは「異星人由来の技術を使って遂行される計画である」という一点だけであり、仮にイズモ計画が続行されていたとしても、その移民船に波動エンジンが搭載された場合イズモ計画にも牙をむいていた可能性がある)。
ビーメラ星にてクーデターを起こすも失敗、独房へと監禁されてしまうものの七色星団の騒ぎに紛れて脱獄。
 だが収容所惑星レプタポーダの暴動の際に、ガミラス兵に撃たれて死亡してしまった。

性格

 平時は穏やかな雰囲気を見せているが、冷徹な面も持ち合わせており、血を流すことも平然として行える。またしゃべり方も特徴的で、ねちっこさ、嫌味を含んだものである。温情と言った心の持ち合わせは一切なく、ガミロイド兵ことオルタの一件において真田志郎からは「君に心があるのか分からない」と言われた事もある(ただし、これは直前のやり取りも考えると、ロボットに心なんか無いと言う伊東に対し、そもそも人間でも心があるのかどうか他人には分からない=心の有無は断言できるものではないという一般論で反論した発言と見た方が妥当)。
 ひたすら嫌味ったらしく、異星人との共存には徹底して否定している。異星人を信じられない由縁は詳しく語られてはいない。また、漫画版では異星人云々以前に他人を信じてはならないとしており、こちらに関しては、彼の過去が大きく関係している。また女嫌いでもあるようだが、かといって同性愛者と言う訳ではない(中の人いわく)。

経歴

 ヤマトへ保安部長として乗り込んだ後、少しづつ劇中に姿を見せ始める。冥王星攻略の祭は、負傷者を救護する原田真琴らの手伝いをせず遠巻きに見ていた。漫画版では、艦内の治安維持を最優先にするという名目がある。
 太陽圏を脱する前に、新見に対して「お暇そうで」や「カウンセリングも始めたそうじゃないですか」等と気さくに話しかけている(逆に言うと馴れ馴れしい態度でもある)。また交信が出来なくなる前に「艦長も最後の交信ぐらいさせてやれば良いのに」と呟くなど、意味深な言葉をつぶやく。
 この辺りから新見と伊東のヤマト計画阻止が動き始めていたと見られる。その後も表立っての登場は多くないが、オルタ脱走の件では率先して破壊しようとするなど、躊躇しなかった。その際、岬百合亜「心があるのなら、捕虜として扱うべきよ」と言われて、「心だって? 馬鹿馬鹿しい」と一笑した。また真田に対して「まさか貴方、あれに心があると思っていませんよね?」と聞いたが、逆に「私には君に心があるのかさえ分からない」と返されムッとした。

 ビーメラ星でいよいよ反乱を起こした際は、保安部員と新見、そして懐柔した島大介らによって一時的に艦を掌握する事に成功した。この時、森雪に反乱行為を告発すると言われるが、「そんなに自分の星に帰りたいか、異星人の女め!」と罵ると同時に、雪がユリーシャ・イスカンダル本人であると暴露する(実際は勘違いであった)。
 しかし、惑星調査からヤマトに帰投してくる古代進らの処遇を巡って、新見との軋轢が深刻化。犠牲を厭わない伊東に、島でさえ「指揮官は俺だ」と反駁されてしまい、それに逆上して射殺しようとする。新見に体当たりで防がれ、挙句に星名透の裏切り(本人曰く「表替えった」)によってクーデターは完全に失敗した。

 その後、クーデター失敗により営倉送りとなるが、七色星団戦闘時のヤマト被弾のどさくさに紛れて脱走し、コスモシーガルに薮助治と共に潜り込む。今後の行動に頭を悩ませていたが、惑星レプタポーダの調査に古代とユリーシャが2人の存在を知らぬまま発進。銃を突きつけて乗っ取ろうとしたが、古代の機転で失敗、それどころか薮の誤射でシーガルが破損し墜落する。
 そして行き着いた惑星レプタボーダでの囚人反乱劇に巻き込まれてしまう。混乱に乗じてユリーシャと共に逃げ出していた矢先に、自分らを狙ってきたガミラス兵1人を撃って阻止した。皮肉にも異星人として敵視していたユリーシャを助ける形となったが、一瞬の油断で瀕死のガミラス兵の銃撃を受けてしまった。彼女のことを死ぬ瞬間まで森雪と同一人物と思い込んだまま、地球とヤマトの後事を託して息を引き取る。

 『宇宙戦艦ヤマト2202』では上記の通り既に戦死しているが、25話にて滅びの方舟に最後の突撃を敢行する古代の前に散っていったヤマトクルーと共に幻影として現れ、彼を見送った。
 また、小説版では星名の前に現れた幻影が彼だったことが語られる。星名に対し、「君はヤマトに乗れない」と言い放ったらしい。
 なお、実は当初の脚本案だと4話にも登場する予定だった。この案ではヤマト叛乱時に星名が(何らかの事情で)鎮圧部隊側にいて、制圧のため古代に銃を向けるのだが、その瞬間に2度目のコスモウェーブが届き、星名の前に幻影として現れ、銃を軽く抑えながら「やめとけ」と制止するという展開だった。

漫画版

 むらかわみちおの漫画版ではなんと星名と立場が逆転しており、反乱首謀者は星名、そして藤堂直属のスパイは伊東となっている。
 ただし、不穏分子を一網打尽にするためにあえて反乱を煽った様子も見られ、さらに摘発計画について事前に沖田に許可を貰いに行って却下されたにも拘わらず強行するなど、目的のためには手段を選ばない考えの模様。スパイ時期に発した異星人への不信感などの言動も演技なのか本心なのか分からず、いまいち掴みどころのない人物になっている。なので立ち位置も現状「味方」ではあるが「仲間」とはまだ確定できないという微妙な感じになっており、反乱エピソード自体も大団円とは言い辛い雰囲気で幕を閉じることになる。
 彼が単に汚れ役を買って出ているだけなのか、それともヤマト計画ともイズモ計画とも異なる独自の思想で動いているのかの真相は今後の展開次第である。
 もし今後彼が死ぬ時が来るとしたら、その時ユリーシャのように看取ってくれる存在はいるのだろうか…

 その他の細かい漫画版オリジナル描写として、アルフレッド・テニスンの詩を良く引用していることが挙げられる。
 また、アニメではあまり関わりが無かった古代との絡みが増えている。

過去

 アニメでは彼の過去は全く語られていないが、漫画版第6巻では、ミレーネル・リンケの精神攻撃の際に、彼の過去が描かれている。幼い頃の伊東家は、母が離婚してしまった為に父親との2人暮らしであった模様。
 父親は分かれた妻を「あの女」と呼び、幼い伊東に対して「他人を簡単に信じるな」と言って育ててきた。しかし、その父親もまた他人を信じようとして殺されてしまう。さらには第2次火星会戦で、村雨型宇宙巡洋艦に乗って参加したが、上官の指示を仰ごうとするばかりの優柔不断な艦長の不手際によって艦が被弾、伊東自身は指の殆どを失う程の重傷を負ってしまう。
 父親の教育と戦時における無能な艦長等といった周囲のだらしない人間の存在によって、彼の性格は決定的に歪んでいき、今や人間そのものに完全に失望してしまった伊東は地球人であろうとも異星人であろうとも信用できなくなってしまったのである。
 ただし、伊東が失望したのはあくまでも「信頼」という綺麗な言葉を免罪符に思考停止・責任放棄を無意識に正当化する愚物であり、他人を信用しないのも堕落しないための戒めとも言える。もしも他人を信頼しつつ自身の意志をしっかりと持った人間に出会えば考え方が変わる可能性がないとも言い切れない。

 これらの描写は漫画オリジナルのものであり、アニメでも類似の過去を持つのかは不明。
 ただ、後述する「ヤマトマガジン」の短編小説では、この漫画版の過去設定がいくらか反映されているとみられる描写がある。

pixivでは

 序盤の憲兵的立場とサディスティックのような雰囲気、中盤の異星人&女嫌い発言や年下の星名に出し抜かれる間抜けさ、終盤の異星人との和解フラグや地球への想いを吐露しながらの死、等々いろいろな姿を劇中で見せてくれるので、pixiv上での扱われ方に関しても、かっこいいものから情けないもの、笑えるものから哀しいものまでバリエーション豊富。

未来への選択 side:S
2199で花見トレス



カップリング

 女嫌い発言のせいか、やはりあっち系やそれに近いカップリングイラストが多め。意外にも主な相手は星名ではなく真田である(いとさな)。

食事はエロティックな行為



 星名とのイラストもあることはあるが、イラストが増え始めたのが第五章以降だったこともあってか、カップリングではなく腹黒キャラ化した星名とおちょくられる伊東という構図の方が多い。

ねぇ、どんな気持ち?
2199で もて王パロ



 NLカップリングは当初ほとんど無かったが、第21話で伊東の死が描かれて以降は、伊東とユリーシャのカップルイラストがそれなりに数を増やしている模様。ちなみに大抵ユリーシャの方が攻め(女と異星人のコンボのせいで伊東側が攻めようとしない)。使用されるカップリングタグは「いとユリ」より「ユリいと」の方が圧倒的に多い状態である。

ユリいと2題
大雪バカップル【ユリいと】



余談

 2019年初頭に月刊OUTの復刊と銘打って発売した「OUT 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 特集号」における人気投票では特別枠という形で参戦。そしてなんと僅差ではあるが古代すら抑えて地球人グループで1位を取った(ちなみに総合では4位)。
 総合順位で前後にいるのが古代のほか、デスラーサーベラーキーマンノルミルズォーダーなどとタイムリーな面々ばかりな中、順位が上がる要素が一切ない(この時点ではまだ『2202』には七章公開前なので未登場)にも関わらずこの順位というなんとも不可思議な現象だった。特別枠というポジション故だろうか?(あるいはのようなパターンも考えられるが、そういうネタ枠的な意味での人気ならむしろ同じ特別枠の薮の方が高い気もする)。

 この結果を受けてか否か、「OUT」発売から3か月後に発行の公式ファンクラブ会報誌「ヤマトマガジンVol.3」では、伊東の特集が組まれ、古代とのツーショットイラストや声優インタビュー、果ては本職の精神科医(これの作者)による魅力分析や、彼が主人公の短編小説(岡秀樹 作)まで掲載された。

 ちなみに2020年6月に価格コム運営のサイトアキバ総研にてファンが行った非公式投票では17位だった。OUT版に比べるとかなり順位を落としているが、なんだかんだ言って割と上位に来ているあたり彼のファンは結構いるかもしれない。なお、偶然にもユリーシャと同順位だった。

関連イラスト

祝!地球帰還by保安部
--



関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 星名透 ユリーシャ・イスカンダル

関連記事

親記事

宇宙戦艦ヤマト2199 うちゅうせんかんやまとにいいちきゅうきゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「伊東真也」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「伊東真也」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 493107

コメント