ピクシブ百科事典

シファル・サーベラー

しふぁるさーべらー

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』に登場する、帝星ガトランティスの女性キャラクター。オリジナルのサーベラーをリメイクしたもので、皮膚の変更や年齢の確定化等がなされている。『〝白銀”のシファル・サーベラー』の異名を持っている。『宇宙戦艦ヤマト2202』にも登場し、その意外な正体が明らかにされる。
目次[非表示]

「静謐の星を発見しえぬ時は・・・死を持って償いとなせ」


概要

  • 所属:帝星ガトランティス
  • 肩書:丞相
  • 年齢:地球換算で23歳⇒26歳?(2202時点)
  • 異名:『白銀のシファル・サーベラー』(2199)

    『白銀の巫女』(2202)

2199版

 『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』に登場したガトランティスの女性キャラクター。『さらば宇宙戦艦ヤマト』と『宇宙戦艦ヤマト2』に登場したサーベラーのリメイクキャラクターでもある。
 容貌は、ガトランティス人特有の緑色の皮膚、白銀のロングヘアー、白いボディスーツ、白いマント(内側は炎の模様)、扇子を手にしている。オリジナルとは違い皮膚の色こそ変更されたが、その外見は『さらば宇宙戦艦ヤマト』版のサーベラーを模している。もう1つ、オリジナルと違う点は、耳がエルフ耳のように尖っている点である。これについては詳細な情報はない。純粋なガトランティス人とは違う人種の可能性も有り得る。
 大帝の寵愛を受けたことで、23歳と言う若さでありながらも丞相の地位に座ったと噂されている妖しい美貌の女性官吏。大帝からの命令を他の諸侯に伝えるパイプ役も果たしており、丞相としての権力を振るっている。その事からか、白銀のシファル・サーベラーと呼ばれている模様。
 グタバ方面大都督ゴラン・ダガームにも、度々進捗状況を聞き入れたり、大帝の意志を伝えたりする。卑しい出自のダガームを『盗賊の頭目』と言って嫌い見下している。

2202版

 続編の『宇宙戦艦ヤマト2202』にも引き続き登場し、内政、軍政、運航を司る立場にある。またキャラクター名の表記がフルネームではなく、〝サーベラー”だけになっている上に異名が若干変更され、〝白銀の巫女”と呼ばれている。大帝への忠誠は絶対であり、彼の意をくみ取り指示を下す。
 また巨大なホール状になっている『大帝玉座の間』に設置されているパイプオルガン風(鍵盤の代わりに小さなクリスタルが扇状に広がり、それに触れて演奏する形となる)の巨大な楽器を弾く事が出来る。因みに引いているのは、紛れもないガトランティスのテーマ曲である。このオルガンそのものがある種コントロール装置でもあり、白色彗星の超重力を生き物の様に操る事が可能である。
 そして、彼女には2202になってとある秘密が明かされることとなる。

経歴

星巡る方舟

 今回は通信機の映像にて登場している。ダガームの進捗状況を聞いていたが、中々発見できないダガームに対し、目的を達成できない時は死を持って償え、と言い放っている。同時に、ヤマトを手土産にしてはどうかと意見を出されたが、「うつけ!」と却下されている。
 その後、ボドム・メイスから連絡を受けて、惑星シャンブロウの攻撃中止を言い渡した。ダガームが、ガミラスヤマトを一掃する事を理由に反論するが、「大帝に献上する星を傷付けてどうする」と、にべもなく却下される。
 さらには「所詮、出自は盗賊の頭目」と見下したことでダガームが激怒。それ構わずに「ガミラスの科学奴隷に作らせた火焔直撃砲を持たせる器ではなかったか」と馬鹿にした笑みで発言したため、その後の通信を強制的に斬られている(ダガームが通信機を壊した)。

小説版

 小説版と劇場版における、彼女の差異はあまり見られない。しかし、ダガームを激怒させるうえでの発言が一つ増えており、「だがら言ったのじゃ。馬 鹿 に は 無 理 じゃとな」と発言している。どうやら推薦したのは大帝自身の様で、きまぐれであったことが明かされている。

2202

第1章

 帝星ガトランティスの中枢とも言える大帝玉座の間で、数名の幕僚最高位と共に立ち姿が確認される。大帝へ第8浮遊大陸基地を占拠していた前衛艦隊が全滅した事を報告した次いで、その中の1隻(カラクルム級戦闘艦)が地球へ単独ワープを行った旨を報告した。
 同時にテレサのコスモウェーブが届いた先である事も判明した故、大帝が「地球か・・・」と呟いたのを察したサーベラーが「大帝の決は下った」と代わりに命令を発して地球へ帝星ガトランティスを前進させた。

第3章

 ヤマトの過去のデータを眺めやる大帝の元でオルガンを弾いていたが、そこで彼の意を汲み取り、さらなるヤマトの過去を知るべく演奏を中断し、ガイレーンを呼び出して過去を遡るよう指示する。
 因みに小説版では、第11番惑星から地球を直接攻撃する下りでは、波動砲を使う事すらできないヤマトと、その故郷である地球への興味を失った大帝の意を汲み取って第八機動艦隊に攻撃命令を下していた。
 大帝の計らいでアベルト・デスラーに艦隊が与えられる際には、敗北の将である事をことさら強調しているが、それをズォーダーから「一国の王には敬意を払え」と窘められている。

第4章(ネタバレ)































 独断行動を始めた第八機動艦隊を殲滅したデスラーの行動に対して、最初のテストは合格したと呟く。それもデスラー自身が行き場のない事を自覚してか、等とまだまだ下に見下している節が強い。
 ズォーダーが地球を殲滅するために、地球へ向かう事を指示した事からそれに従う。そしてヤマトの真正面に彗星がワープするという大胆な行動を取り、さらにはサーベラーがオルガンを弾く事で白色彗星の周囲を纏わるガス帯や超重力を操り、ヤマトを追い潰そうとする。
 ところが、このヤマトと異常接近したが故に予想外のトラブルが彼女を見舞った。ヤマトに乗り込んでいた己と同一の純正体コピーである桂木透子と共鳴反応を起こしてしまったのである。ガイレーンも思わず「迂闊でした・・・これまで、同一の純正体がここまで接近することなど有りませんでした」と漏らし、同一のコピー体が近距離に存在することへの危険を示している。
 サーベラーは精神官能を通じて透子を知り、己こそが本当のサーベラーだと主張しあう事から、パイプオルガンを弾く手が止まってしまう。それを察したズォーダーが歩み寄り

「お前は唯一無二の存在だ」「人間を裁ける、最後の人間なのだ」

と囁きかけるように促し、改めてパイプオルガンを弾き始める。
 しかし、これを持ってしても共鳴は収まらず、やがて透子の方で生じた艦内事故(がれきの下敷きになる寸前にキーマンが身代わりになった事に精神的衝撃を受けた)から、サーベラーの中に存在しなかった違う記憶が呼び起されてしまう。それは捨てた筈の「愛」という感情が呼び起されたもので、これまで高潔や冷血な印象だったのが、暖か味の含む表情へ一変してしまい、ズォーダーに対して

「もう、やめましょう。貴方が壊そうとしているのは・・・・・・」

と涙を流しながらもこれまでの行動すら否定しまう言動を取っていた。
 それを頑なに否定し拒絶するズォーダーは、やがて止む無くサーベラーの首に手を掛け、遂には絞殺してしまった。記憶を取り戻したサーベラーは無抵抗のまま、彼の手によって殺められてしまったのである。
 その亡骸を前にしてガイレーンは「これで何人目であろうか」と呟くと共に、純正体の記憶の一部(オリジナルの記憶)が取り戻されてしまう事に戸惑いの声を挙げていた。


関連イラスト

ガトランティスの丞相
シファル・サーベラー



関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 宇宙戦艦ヤマト2202
ガトランティス サーベラー 白色彗星帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「シファル・サーベラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23585

コメント