ピクシブ百科事典

ボドム・メイス

ぼどむめいす

『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』に登場する、ガトランティスの新規キャラクター。メダルーガの艦長を務めている。ガトランティスの苦労性かつ不幸なキャラクター。小説版では副長となっている。
目次[非表示]

「大都督、丞相閣下より至急電であります」


概要

  • 所属:帝星ガトランティス、グタバ(小マゼラン)方面
  • 肩書:『メガルーダ』艦長(小説版では副長)
  • 乗艦:メダルーサ級殲滅型重戦艦『メガルーダ』
  • 年齢:


 劇場版『星巡る方舟』に登場する、ガトランティスの新規キャラクター。がっしりした体格をしている偉丈夫で、茶色の髪を後ろで束ねており、頬に髭を生やしている。ゴラン・ダガームの下でメガルーダ艦長として仕えていたが、度重なる横暴には嫌気と不満を常々蓄積している苦労性。
 その鬱憤晴らしにか、シファル・サーベラーを通じて、ダガームを大都督の座から落とそうと策謀を図ろうとする。その策謀が裏目に出てしまい、ダガームに殺されてしまうなど、不幸なキャラクターである。
 

経歴

 ダガームのことは良く思っていないようで、あくまでも上官としかみていない模様。ヤマトと初対面した際に捕獲しようと戦闘を仕掛けたものの、惑星カッパドギアで取り逃がしてしまった時も、関係ない、どうでも良い様な表情をしていた。だが、そこに鬱憤晴らしをするが如く、顔面に拳を入れられてしまうなど、理不尽にも程がある扱いである。
 その後も、ようやく見つけた惑星シャンブロウでは、ヤマトとガミラスを炙り出す為と称して火焔直撃砲の発射を命じるダガームに対し、遂にサーベラーへと密告をする。前々からも理不尽な扱いをされて不満が溜まっていたのであろうが、この行動が逆に彼の命を絶つことに繋がってしまう。
 サーベラーは、ダガームを卑しい出自の男として嫌っていたこともあり、激怒させることを平然と言い放った。案の定、気性の荒いダガームは簡単に激怒した挙句に、通信機をバスターソードで叩き壊した。さらには、サーベラーに密告したメイスにも矛先を向け、腹いせと言わんばかりに叩き切って殺してしまったのである

立ち位置

 メイスの立ち位置を考えると、オリジナル版ガトランティスの監視艦隊司令ミルに相当すると思われる。彼もまたデスラーを監視しては逐一にサーベラーに報告している。さらに、デスラーによって直接射殺されていることからも、メイスも似た様な運命を辿っている(ただし、TV版でのミルは射殺こそされなかったが、ヤマトを仕留め損ねたデスラーに八つ当たりされている)。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト2199 ガトランティス ゴラン・ダガーム メガルーダ シファル・サーベラー

pixivに投稿された作品 pixivで「ボドム・メイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153

コメント