ピクシブ百科事典

ノイ・デウスーラ

のいでうすーら

『宇宙戦艦ヤマト2202~愛の戦士たち~』に登場する、デスラー総統の座乗艦。オリジナル版デスラー艦2代目に代わる新規設定艦で、その姿形はオリジナルとは全く異なる。ガトランティスの技術が盛り込まれた新機軸の 戦闘艦である。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2202₋愛の戦士たち』に登場する、ガミラスの元総統アベルト・デスラーの座乗艦である。オリジナル版デスラー艦(2代目)に代わる新規設定の大型戦闘艦としてデザインされ、その原型はほぼ留めていないものとなる。ただし2199終盤に登場したコアシップが艦前部甲板に取り込まれている形となっている。
 ズォーダー大帝の恩寵を受けたデスラーに与えられた専用艦であるが、この艦の特徴の一つとして、如何なる空間においても影響を受ける事のない波動機関を有しており、これまでの航宙艦艇とは全く違った、そのカテゴライズを超えたデスラーの分身とも言うべき巨大戦艦として誕生した。

デザイン

 おそらく、当艦のデザインの基礎は、オリジナル版『さらば愛の戦士たち』で没デザインとなった大戦艦の名を与えられていたミサイル艦であろうと思われる。これは、当初のデザイン案でミサイル艦の艦体に対して、多数の主砲塔が搭載されていたもので、それが後にミサイル兵装に代わってミサイル艦もといゴーランド艦として決定されている。
 そのため、概ねではあるが、ノイ・デウスーラの艦形はミサイル艦(基大戦艦)の延長上に存在するデザインとも言えなくもない。上下に別れた艦首はミサイル艦で言う艦首ミサイル、横幅に広く上下が対照的な形状から、ミサイル艦やラスコー級突撃型巡洋艦に繋がるものである。
 かのオリジナル版デスラー艦とは似ても似つかないデザインとなってはいるが、逆に言えば、通常武装関連で、ヤマトに対抗しえるだけの大口径砲を固定砲数門しか持たず、後は小口径砲塔やミサイル、機雷に収まっていたのに対し、ノイ・デウスーラはタイマンでも渡り合えるであろう武装と機能を託されている。
 そして、メダルーサ級やカラクルム級戦闘艦をも超える、700m越えの戦闘艦をデスラーの為に用意させた、ズォーダーの計らいを示す意味合いも含まれていると思われる。

武装

 武装は90㎜四連装陽電子ビーム砲塔を7基、330㎜三連装陽電子ビーム砲塔を4基備え、上下二又に別れた艦首の中心部にデスラー砲も装備している。ただし詳細な武装データではない為、他にも武装は存在している。ガトランティス特有の速射輪胴砲塔もある他、魚雷発射管ないしミサイル発射管らしき開口部も確認できる為、実際にはもっと存在する。加えて瞬間物質移送機を2基備えている上に、ミサイル戦艦の艦首ミサイルを多数電磁パイロンでけん引することも可能とする。

スペック

全長:730m
武装――

  • デスラー砲×1門
  • 330㎜三連装陽電子ビーム砲塔×4基
  • 90㎜四連装陽電子ビーム砲塔×7基
  • 速射輪胴砲塔×12基?
  • 瞬間物質移送機×2基
  • 電磁パイロン
  • ゴーランドミサイル×多数
機関:波動機関
乗艦:アベルト・デスラー
詳細――
 艦底部にけん引するゴーランド艦隊の大型ミサイルを多数用い、それを瞬間物質移送機によって直接ヤマトへ送り込む戦術を駆使する。

経歴

第4章放映後。

関連タグ

アベルト・デスラー 宇宙戦艦ヤマト2202 ガミラス 宇宙戦艦 デスラー艦 デスラー砲

pixivに投稿された作品 pixivで「ノイ・デウスーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60

コメント