ピクシブ百科事典

ノイ・デウスーラ

のいでうすーら

『宇宙戦艦ヤマト2202~愛の戦士たち~』に登場する、デスラー総統の座乗艦。オリジナル版デスラー艦2代目に代わる新規設定艦で、その姿形はオリジナルとは全く異なる。ガトランティスの技術が盛り込まれた新機軸の 戦闘艦である。
目次[非表示]

概要

 『宇宙戦艦ヤマト2202₋愛の戦士たち』に登場する、ガミラスの元総統アベルト・デスラーの座乗艦である。オリジナル版デスラー艦(2代目)に代わる新規設定の大型戦闘艦としてデザインされ、その原型はほぼ留めていないものとなる。ただし2199終盤に登場したコアシップが艦前部甲板に取り込まれている形となっている。
 ズォーダー大帝の恩寵を受けたデスラーに与えられた専用艦であるが、この艦の特徴の一つとして、如何なる空間においても影響を受ける事のない波動機関を有しており、これまでの航宙艦艇とは全く違った、そのカテゴライズを超えたデスラーの分身とも言うべき巨大戦艦として誕生した。
 実際に、非常に不安定で尚且つ機関が暴発する危険性さえ孕んでいた特殊空間において、他艦がエネルギー変換の暴走で暴発・轟沈したにもかかわらず、ノイ・デウスーラはデスラー砲を発射して尚平然と航行している事からも、その安定性が見て取れる。
 小説版では、ガミラス人科学奴隷も関与しており、内装なども彼らの手が入ったことを示している。機関部に関しても、ガトランティス製機関部と、ガミラス製機関部の双方を使用したハイブリッド機関となっている。

デザイン

 おそらく、当艦のデザインの基礎は、オリジナル版『さらば愛の戦士たち』で没デザインとなった大戦艦の名を与えられていたミサイル艦であろうと思われる。これは、当初のデザイン案でミサイル艦の艦体に対して、多数の主砲塔が搭載されていたもので、それが後にミサイル兵装に代わってミサイル艦もといゴーランド艦として決定されている。
 そのため、概ねではあるが、ノイ・デウスーラの艦形はミサイル艦(基大戦艦)の延長上に存在するデザインとも言えなくもない。上下に別れた艦首はミサイル艦で言う艦首ミサイル、横幅に広く上下が対照的な形状から、ミサイル艦やラスコー級突撃型巡洋艦に繋がるものである。
 かのオリジナル版での新デスラー艦とは、似ても似つかないデザインとなってはいるが、逆に言えば、通常武装関連でヤマトに対抗しえるだけの大口径砲を固定砲数門しか持たず、後は小口径砲塔やミサイル、機雷に収まっていたのに対し、ノイ・デウスーラは戦艦らしく火砲を多く備えている。
 そして、メダルーサ級やカラクルム級戦闘艦をも超える、700m越えの戦闘艦をデスラーの為に用意させた、ズォーダーの計らいを示す意味合いも含まれていると思われる。

武装

 武装は480㎜四連装陽電子ビーム砲塔を12基、330㎜三連装陽電子ビーム砲塔を4基備え、上下二又に別れた艦首の中心部にデスラー砲も装備している。ただし詳細な武装データではない為、他にも武装は存在している。ガトランティス特有の速射輪胴砲塔もある他、魚雷発射管ないしミサイル発射管らしき開口部も確認できる為、実際にはもっと存在する。加えて瞬間物質移送機を2基備えている上に、ミサイル戦艦の艦首ミサイルを電磁パイロンで多数けん引することも可能とする。

スペック

全長:730m
武装――

  • デスラー砲×1門
  • 480㎜三連装陽電子ビーム砲塔×12基
  • 330㎜四連装陽電子ビーム砲塔×4基
  • 速射輪胴砲塔×12基?
  • 瞬間物質移送機×2基
  • 電磁パイロン
  • ゴーランドミサイル×多数
機関:波動機関
乗艦:アベルト・デスラー
詳細――


経歴

第四章

 冒頭、ズォーダー大帝の命令を無視して独自に追撃を行う第八機動艦隊に対して、粛清を任されたデスラーはデスラー砲による殲滅を実行する。第八機動艦隊の針路上に現れた直後にデスラー砲の発射準備を瞬時に整え、初のデスラー砲を発射。見事に第八機動艦隊を殲滅することに成功する。
 その後、航行中のヤマトに対して、けん引していたミサイルを瞬間物質移送機で転送し、奇襲攻撃を仕掛ける。だが直ぐに加速してしまった為に転送座標が狂い、デスラーの指示で座標修正を行い、全周囲から攻撃するように転送させて再度の攻撃を敢行する。
 ヤマトが一瞬の攻撃の隙を突いてワープを敢行するが、それこそデスラーの目指す罠であった。ヤマトに続いて次元空間にワープアウトし、空間によるエネルギーの異常流入現象で真面に機関を動かせないヤマトに対し、指揮下のラスコー級2隻に攻撃を命じる。ところが、ノイ・デウスーラの安定した機関はともかく、ラスコー級では流れ込むエネルギーを制御できずに瞬く間に暴発し轟沈する。残る2隻には、レーダーの効かない次元空間でのヤマトを補足する為、円筒型天体に逃げ込んだヤマトを追撃させる。
 索敵を任せた直後、デスラー砲を発射。円筒型天体を潜り抜けている最中のヤマトを狙って撃たれ、ラスコー級2隻は蒸発するものの、ヤマトがデスラー砲のエネルギー波を転用したワープを敢行した為に取り逃がし、次元空間の内殻コアを形成していた円筒型天体が消滅した事から通常空間に戻る。
 途端にガミラス艦隊(ゲルバデス級航宙戦闘母艦3隻、他多数)がワープで合流。デスラーを支持するガデル・タラン指揮の艦艇と合流した後、ガトランティスとは別行動を取ることとなる。
 そしてテレザートへと赴くこととなる。

第五章(ネタバレ注意)
































 テレザート星へ赴いた後、デスラー自身がテレサに謁見する為に寺院跡の上空に待機し、先に待機していたヤマトとにらみ合う形となる。
ヤマトが、地上に降りていた古代たちと直接連絡を取る為に、戦闘を仕掛けてきた事でデスラー派艦隊も応戦態勢に入った。それもヤマトが囮になることで、単機で乗り込むクラウス・キーマンを援護する為でもあった。
ヤマトの攻撃でデスラー派艦隊が数隻の損害を受け、待ち構えていたゲルバデス級の砲撃を掻い潜っていった。そこでノイ・デウスーラは、海面スレスレに飛行するヤマトを抑え込もうと上空から圧し掛かろうとする。その後も追跡劇は続き、大型ミサイルでヤマトを狙うも、海面スレスレの高度を飛んでいた為に誤って海面に着弾していった。
 しかし、裏切ったキーマンの仕掛けた反波動格子によってヤマトの機能が停止し、しばし監視体制に移る。
ところが、今度はキーマンがヤマト側に付き直し、捕虜としていた古代達をノイ・デウスーラから逃がすと言う騒動が生じている。その際、格納庫が爆破されている。
 ヤマトが立ち去った後、デスラーは大規模なデスラー派艦隊と合流する。生きていたハイドム・ギムレーの手引きでガミラス星に凱旋しようとしたが、キーマンのスパイ行為によって無に帰し、ギムレーらデスラー体制派が逮捕されてしまった。
これによりガミラス星に変える事も出来ず、宇宙を放浪する事態となっている。


関連タグ

アベルト・デスラー 宇宙戦艦ヤマト2202 ガミラス 宇宙戦艦 デスラー艦 デスラー砲 瞬間物質移送機

pixivに投稿された作品 pixivで「ノイ・デウスーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 778

コメント